• 写真 2012/03/04

    友人が写真集を出した。

    TOKYO RIVER - 柴田徹之 著

    柴田さんとは、20年ほど前に旅先のネパールで出会った。彼はそれからも旅を続けながらずっとインドの写真を撮っていた。しかし、最近はずっと東京の川の写真を撮っていた。

    「毎日、川の写真を撮っている」
    3年ほど前に彼は電話口で言っていた。川の写真??? 私の頭の中では彼と東京との川のイメージがなかなか繋がらなかった。しかし、こうして写真集をっ手にしてみるとインドの川も東京の川も繋がっていた。

    それにしても、3年間毎日のように写真を撮りに川へ通ったというのは尊敬する。続けることで見えてくるものがあるということを教えてくれる。

    反省しなきゃいけないな。

    Posted by 後藤 修身 @ 03:14

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad