• ヤンゴン, 写真 2012/09/25

    ヤンゴンのダウンタウンは東西に細長く、マハーバンドゥーラ通りやアノヤター通りなどの大きな通りはそれに沿って東西に走っている。それに直角に交わる南北に走る道が、1番から64番までの通りだ。52番街やら59番街のように有名な通りのあるニューヨークみたいなもんだ(行ったことがないので本当は知らない)。ヤンゴンの通りもニューヨークと同じく英語表記だとStreetになっているので、日本語も同じ**番街にしよう。

    その最初のヤンゴン1番街に朝早く行ってみた。37番通りからタクシーで1,000チャット、ヤンゴンでは早朝から深夜まで一日中タクシーを捕まえることができる。1番は地図を見ても分かるように、非常に短い通りだ。端から箸まで100mもあるかどうか。

    ダウンタウンの一番端ということで、屋台のモヒンガ屋が一軒だけの静かな通りだった。帰りは歩いてみた。1番街からスーレーまでゆっくり歩いて30分ぐらい。けっこう近い。途中、シナゴーグを見つけたりして楽しい散歩だった。

    マハーバンドゥーラ通り側(南側)から見た1番街


    世紀末都市ヤンゴンという映画タイトルになりそう

    Posted by 後藤 修身 @ 02:43

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad