• 経済特区として日本でも話題のティラワ、その手前の町タンリィンに行ったときだ。近くにタンイェを飲ませる店があるという。このタンイェ、別名スカイビアとも言われる酒だ。日本語ではヤシ酒だが、椰子の実ではなく樹液を自然発酵させたものだ。ミャンマーの田舎では一般的な酒だが、ヤンゴンでヤシ酒が飲めるとは思ってなかった。

     バスを降りるとバイクタクシーが数台客待ちをしていた。スカイビア店はバイクタクシーに乗ると数分でで着くというが、見物がてら歩いていくことにした。静かな町(というよりも村)をてくてく歩いて20分ほど。目当ての店に着いた。店というよりも大きな普通の家。門の前になぜかネッスルの派手なポスターが数枚貼ってあり、それが目印のようだ。 

    スカイビアの店の入り口

    スカイビアにようこそ

    ミャンマー人が1人、日本人が2人の我々男3人は家の縁側に座った。建物は2階建てで、庭がかなり広い。目の前には東屋が3棟、横には地べたにむしろを敷いて宴会中の数組の人たち。日本の花見のようで雰囲気は抜群だ。

    風流な東屋

    風流な東屋

     

    気分は花見

    気分は花見

    飲み物はヤシ酒のみだが、ヤシ酒にも甘め、強め、若いやつなど3~4種類あった。ペットボトルに入ったヤシ酒が出てきた。アルコールはビールよりちょっと強い感じだ。酸味がちょっと強くほんのりと甘いが独特の臭みもある。うま~! というわけではないが、そこそこ飲める。

    つまみが出てきた。フライド・ネズミの油煮だ。ミャンマーの田舎ではネズミを食べる習慣があると何度か聞いたことがあるが私は初体験。田舎ではネズミは米を食べているので、街のネズミと違って清潔らしい。で、どんな味かと聞かれても、濃い味付けだったのでよく分からなかった。

    ヤシ酒とネズミの肉

    ヤシ酒とネズミの肉

    真昼間から飲んだせいかボトル2本でけっこういい気分になった。帰りも徒歩、日差しが強くて酔いが回ってきたようだ。ダウンタウンまで1時間ほどのバスの中でぐっすりと寝てしまった。幸い、ネズミの夢は出て来なかった。

    Posted by 後藤 修身 @ 19:27

  • 4 Responses

    • 後藤さん
      ピーとかシャーとかは完全に治ったようですね。でもネズミを食べたから再発するかもよ。ヤシ酒の話は「ビルマの竪琴」にも出てきますね。ところで、日本が手掛けるティラワの経済特区、住民への強制退去命令で、もめてるとのニュースが流れていますが、何かそちらでも話題になっていませんか?

    • ミャンマー人2人に聞いてみましたが、ティラワでの強制移住の話は知りませんでした。ティラワの土地の買い占め(関わっている日本人もいる)はよく話題になりますが、強制移住の話はニュースになってないようです。元記事はここみたいです。
      http://www.mekongwatch.org/resource/documents/pr_20130208.html

      強制移住先の代替地もないと書いていますね。ミャンマーでは一般的には強制移住の場合でも代替地を提供されるそうです。勝手に住み着いている不法占拠の土地でも代替地がもらえるとのことなので、この記事はだいぶ違いますね。

      この記事が本当だとすると、土地の買い占めに動いている人たちが地方の役人に手を回して?

    • 元気なようですね。
      私は猪狩のアドバイスもあり今日で1週間禁酒です。明日、奥歯を抜く事にしました。それが終わればゆっくり飲もうと思っています。

    • 禁酒はあと4日?
      禁酒明けの一杯を味わってください

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad