• ミャンマーの動物、自然を撮り続けている大西信吾さんの写真集『Mother of life, the river AYEYARWADY』が出た。ミャンマーの動物・自然に関する本で、これほど写真が豊富で解説も詳しい本は世界でも始めてだ。文章はミャンマー人と世界の多くの人たちにミャンマーの自然を知ってほしいということで、英語とビルマ語(ミャンマー語)で書かれている。

    Mother of life, the river AYEYARWADY

    大西信吾さんの写真集『Mother of life, the river AYEYARWADY 』

    大西さんは20年以上ミャンマーの動物・自然を撮り続けている。大西さんの話すミャンマーの動物や自然の話は抜群に面白い。特にゾウとワニについてはいつ聞いてもワクワクする。本当に動物が大好きな人だ。その大西さんの今までの活動の集大成ともいえるのがこの本だ。多くの写真と共に、英語とビルマ語で詳しい解説を載せている。学術的資料書としても貴重だ。

     目次

    Prefa 4
     Chapter 1. Origin of Great Flow 6
     Chapter 2. Fascinating Sister, CHINDWIN 16
     Chapter 3. Stage of Diverse Culture, AYEYARWADY mainstream 36
     Chapter 4. Unique Branches 84
     Chapter 5. In Obscure Deep Valley 114
     Chapter 6. Horizontal Green Delta 152
     Chapter 7. AYEYARWADY Symbolic Three Animals 168
     Chapter 8. Side of Modern Daysce 246
     Chapter 9. One Step toward Hopeful Future 258
     Chapter 10. Returning Place of Eternal Circulation 298
    Afterword 308
    Place of photographing on the book 314
    巨大ワニ

    イラワジデルタには、6mを超える巨大ワニがいる。

    この本、ヤンゴンではインワ・ブックストア、モニュメント・ブックス、ミャンマーブックセンターなどで扱っている。3/23日現在、インワ・ブックストアでは売り切れだったが、ミャンマー・ブックセンターでは在庫があった。値段は30,000Ks。

    日本ではまだ販売してないが、興味のある方は著者の大西さんに直接問い合わせるように。大西さんのブログはこちら。

    http://onishingo.blogspot.com/

    なお、3月26日に上野動物園で開かれる「第7回シンポジウム ゾウオロジー」で大西さんの発表がある。また、3月29日に高円寺の「Cafe & 雑貨ぽれやぁれ」で、大西さんの講演会がある。大西さんの話は非常に面白いので、東京近辺の方はぜひ行ってみてほしい。詳しいことは大西さんのブログをごらんください。

    Posted by 後藤 修身 @ 17:16

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad