• スーパーマーケットでお釣りをキャンディーでくれることがよくある。

     3月25日の家計簿(為替レート 1円=9.455チャット)

    1. タクシー(ヤンゴン大学往復) 4,000Ks
    2. Taw Win Center のスーパー Orange にて買い物 10,700Ks
      • 牛乳 1L 1,100Ks
      • ヨーグルト 1L 1,600Ks
      • アイスクリーム(Hawaii)500cc x2 4,500Ks
      •  鶏むね肉 344g 2,081Ks
      • アボガド x2 1,400Ks
    3. サイカー(Taw Win Center から帰宅) 700Ks + 300Ks(チップ)

    合計 15,700Ks(1,660円)

     大学の帰りに近くのスーパーマーケット、Orange に寄った。レジでお釣りを待っていると、お金と一緒にキャンディーがひとつ。このキャンディーもお釣りだ。ミャンマーの小額紙幣は1Ks札、5Ks札、10Ks札、50Ks、100Ksなどがあるが、たくさん出回っているのは100Ks以上で、50Ksは時々見かける。でも、10Ks札以下はほとんど見ない。だから、スーパーなどの値付けを見るとほとんどが100Ks単位になっている。でも、肉など重さで値付けられているものだと、どうしても端数が出てしまう。

    今日の買い物

    これが今日の買い物。鶏肉の上にあるのが問題のお釣りキャンディー。
    左下には、試供品でもらったOMOという洗剤。

    そんなときに活躍するのがキャンディーだ。レシートを見ると、”1 PCS Money (20) 20″ というのがある。これがどうもキャンディーのようだ。キャンディーが1個20Ksの Money という名の商品になった。また、お釣りは 4,298Ks となっているが、実際にくれたお釣りは4,300Ksだ。20Ksのキャンディーを買わされ、2Ksはサービスしてくれた。「買わされ」と書いたが、実際には「20Ksのお釣りの代わりにキャンディーでもいい?」と、レジのお姉さんは聞いてきた。

    スーパーorengeのレシート

    これがレシート。”1 PCS Money (20) 20″ が、お釣りとしたもらったキャンディー。

     日本では考えられないこのいい加減さ、最初は驚いたが、慣れるとこっちのほうがいい。財布の中が使わない1チャット札でいっぱいになることが防げることができる。そういや、日本じゃお釣りでもらった1円玉や5円玉が机の中にたくさん溜まっていた。

     帰りはひさしぶりにサイカーに乗った。ヤンゴンでサイカーに乗るチャンスはあまりない。主要道路は2輪車通行禁止になっているので、サイカーも走れない。法的に走れたとしても、車がビュンビュン走っている道路をサイカーに乗る勇気もないが。

    ひさしぶりに乗ったサイカー

    ひさしぶりに乗ったサイカー。

     Taw Win Center から U Wisara 団地まで歩いて15分くらい。普通は歩いているのだが3月末となるとかなり暑い。36度くらいか。ひさしぶりに乗ってみようという気になった。ドライバーは52歳で地元生まれの地元育ち。このあたりの風景もガラッと変わったと言っていた。近くのロシア大使館だけは昔からあるとのこと。アパートまで7~8分くらいで着いた。サイカー代は700Ksだったのだが、写真を撮ったことだし1,000Ks渡した。1,000Ksだとタクシーと変わらない。変わらないが、近距離だとサイカーのほうが乗っていて気持ちがいい。

     今回買った中でひさしぶりなのがアイスクリームだ。先月までけっこう買っていたが、家計簿を付けるようになって自重していた。贅沢品に思えたのと、アイスクリームばかり買っていることがばれると、ちょっと恥ずかしかったからだ。でも、暑さに我慢できずに買ってきた。

     今日買ったHawaiiブランドのアイスクリーム、実はコーサンカフェのオーナー岡本さんに教えてもらったブランドだ。以前コーサンカフェで最後に食べたアイスクリームがおいしかったので、彼に聞いたのだ。このHawaiiは日本では買えない。Made in Myanmarだ。

    Hawaiiブランドのアイスクリーム

    Made in Myanmar、Hawaiiブランドのアイスクリーム。これはバニラで500cc。

     ミャンマーでは大きなカップで売っているアイスクリームだと、タイやマレーシア製が多い。値段もHawaiiより安い。でも、味や舌触りはだいぶ落ちる。後味が悪くなるような甘さだし、香料や増量剤、増粘剤がたくさん入っているのが分かる。ハーゲンダッツなどの有名アイスクリームも売っている。ヤンゴンでは買ったことはないが、たぶん味は日本で買うのと同じ。値段も同じなので、ヤンゴン生活者の私としては手が出せない。

     そこでこのHawaiiだ。味はハーゲンダッツよりうまいのではと思うくらいだ。舌触りはハーゲンダッツや日本の高いアイスクリームの滑らかさには若干劣る。しかし、牛乳の味が濃厚でアイスクリームとしてのシンプルな素材が詰まっている感じだ。

    トゥッティ・アイスクリーム

    トゥッティ・アイスクリーム。ナッツ類とのバランスが絶妙。

     種類は、バニラ、トゥッティ、チョコレート、ストロベリー、ドリアンがある。お勧めなのはバニラとトゥッティだ。アイスクリームの王道のバニラは外せないしHawaiiのバニラは濃厚でうまい! トゥッティという単語自体知らなかったのだが、Hawaiiのトゥッティはナッツとアイスクリームの味のバランスが抜群で食感の変化も味わえる。チョコレートとストロベリーはいまいち。私はドリアンはあまり好きじゃないのでドリアンは評価外だが、ドリアン好きの人にはいいのかも。

    Posted by 後藤 修身 @ 03:21

  • 2 Responses

    • アボカドをよく食べてますね。私もだいすきですが、食べ頃に柔らかいものをなかなか買えません。

    • アボガドはジュースにして飲むと、栄養が体中を巡っているような感じがするのでよく買ってます。ジュースなので、買う時には柔らかいものを選んでます。でも、時々当たり外れがありますね。外れると、中が半分くらい変色しているものもあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad