• 一昨日、ヤンゴンに住むミャンマー人の友人とSkypeチャットをしていたら、急に徴兵制の話題になった。

    ミャンマー 徴兵制の導入決定(NHK)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110107/k10013275631000.html

    これによると、対象者は男性は18〜45歳、女性は18〜35歳という。友人の彼は30代後半でこの年齢に引っかかっている。非常にショックのようだった。ミャンマー国内では徴兵制に関する報道がなく、この時点では噂ばかり広がっていた。

    今日のチャットでまた徴兵制の話題になった。昨日あたりからミャンマーでも報道されるようになったという。男性18〜45歳といっていたのが、35歳までになったらしい。それに、当初は失業者を優先的に徴兵するという話が出ているらしい。海外でのニュースはと探すと、ここが詳しかった。

    Military draft seen as threat to ethnic armed groups(MIZZIMA NEWS)
    http://bnionline.net/news/mizzima/10000-military-draft-seen-as-threat-to-ethnic-armed-groups.html

    ・一般の軍務の場合、男性18〜34歳、女性18〜26歳で最高2年間
    ・技術系の軍務の場合(医者、エンジニア、メカニックを含む)、男性18〜44歳、女性18〜33歳で最高3年間
    ・免除される者は、宗教関係者、主婦、その他適切でない者、recruitment central committeeから免除された者
    ・延期できる者は、公務員、学生、両親の世話をする者、薬物リハビリ中の者、囚人

    というようにここでは書かれている。ただ、「法律は全国を含むとは書かれていない。その地方の状況に依存するかもしれない」と専門家が発言している。

    徴兵制をWikipediaで調べたら、世界で67カ国というからけっこう多い。アジアでは韓国、北朝鮮、台湾、中国、タイ、マレーシア、シンガポール、ベトナムなどがそうだ。それに、ミャンマーの従来の法律には「法律上は形式的に兵役義務が規定されているものの、実質的には徴兵制度が存在しない」 と書かれていた。

    ミャンマーの場合は実際に国内で少数民族との間で戦いが行われている。友人がショックだったのも十分理解できる。

    Posted by 後藤 修身 @ 20:36

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad