• 日本 in Myanmar 2005/05/29

    フィリピンで元日本兵が見つかったというニュースが話題になっている。しかし、なかなか姿を現さないので、ここに来てなんだか変な雰囲気になってきた。日刊スポーツでの共同電ニュース、 仲介の日本人男性「数日中に救い出す」では、

    だが、元日本兵とは「まだ直接会ってはいない」とし、現段階で2人の写真や本人が書いた文字などの物証はないことも明らかにした。
    今回の情報は伝聞で「雇ったフィリピン人スタッフを通じて得た」という。

    とあるし、同じく日刊スポーツで英タイムス紙からのニュースとして、英紙「日本兵生存は偽情報か奇跡か」という記事が出てきている。

     しかし、偽情報の可能性も排除されていないと指摘。その場合は現地のガイドら地元に落ちる金目当ての可能性があると分析した。

    と書かれている。他にも、Livedoor News が伝えるAP電では、元日本兵情報はペテンの可能性=比警察高官

    この地域を担当するフィリピン警察の情報局高官は27日、「この話はペテンの可能性がある。誰かが何かを手に入れたかっただけのことかもしれない」と語っている。

    ペテンではないかとまで書かれてしまっている。本当に元日本兵がいるのかどうかは私には全然分からないが、これまでの報道の流れを見ると、たしかにある種のあやしさを感じる。

    ここでミャンマーの話にとぶが、ビルマにも日本に帰国しなかった元日本兵がいる。2000年にヤンゴンで亡くなった北村作之蒸さんや、やはり2000年に亡くなった吉岡徳喜さんは有名である。他にも何名か知られていたが、高齢のため亡くなられた方がほとんどだ。彼らの事情は個々人で違うが、最後は自分の意志でビルマに残った。時々日本に一時帰国することもあったが、最後はビルマの地で亡くなった。その他にも地方に行くと元日本兵に関する噂は時々聞くが、噂だけに終わるのがほとんどだ。私も一度、90歳を越える日本人のおばあちゃんが中国国境に住んでいるという情報を元に現地へ行ったが、その地にはちょうど紛争が起きて入れなかったし、そのおばあちゃんを知る人に尋ねると、中国人で既に亡くなったという話であった。
    また、今回のフィリピンの情報の中で、2名以外にも60名もの元日本兵がいるという「すごい話」があるが、ビルマ絡みでもすごい話があった。メコン源流「ニッポン村」という本だ。元日本兵や元看護婦たちがラオス国境に近いビルマの山奥に村を作り、そこに200名ほどの日本人の村民がいるというのだ。絶版になっているが、一部で注目を浴びていた(一部とは誰?)本なので、古本で仕入れて読んでみた。でも、途中で読むのをやめた。そんな本だった。

    Posted by 後藤 修身 @ 03:37

  • 3 Responses

    • AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.7.8) Gecko/20050511 Firefox/1.0.4
      メコン源流「ニッポン村」・・・あれの元ネタは1960年代の話だって知ってたら、今頃あんな本読みませんよね(笑) あくまでフィクションとして読みましょう。ロマンを求めて旅をするのは良いんですが、ローカル言語くらい勉強して欲しいですわ。

    • AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
      60年代の話でも事実だったらいいんですが、あんな内容じゃ誰も信用しないですね。

    • AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
      WHERE YOU LIVE?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad