• ミャンマーに来て早くも1ヶ月と10日が経った。今までミャンマー人の友人の会社に居候していたが、やっとアパートも決まり昨日から新居に移った。

    国立劇場の隣にある、U Wizara Housing という場所だ。仏教に基づいた社会主義で鎖国をしていたという不思議な国だったネ・ウィン時代(1962〜1988年)、ここは政府高官の官舎だった。全て4階建ての古いアパートが30棟以上ならんでいるが、アパートとアパートの間隔が広く緑も多い。一番古いアパートは1962年に建ったという。新しくても70年代だ。変化の激しいヤンゴンの中で、ここだけが時間が止まっているかのように感じる。

    古い4階建てのアパートは旧官舎

    たまたまミャンマー人の友人宅に呼ばれて行ったのが、ここだった。ひと目で気に入り、「ここのアパート空いているところない?」と尋ねると、早速プエザー(地域のブローカー)に電話してくれた。運よく一部屋空いていた。空いていた2階部屋は日本で言うところの3DKの部屋だった。リビングルームが10帖ほど、その他に6帖程度の部屋が3室あった。あとは、小さなキッチンに水浴び場とトイレ。ぽつんと残されたカレンダーには2007年だった。それ以降人が住んでいなかった。床はコンクリートむき出しのままだった。

    むき出しのコンクリートだった床には薄いビニールが敷かれていた

    昨日、はじめて泊まった。湿度の高い夜だったが、窓を開けると涼しい風が入ってきた。朝は鳥の声で目が覚めた。1987年に初めてミャンマーに来たときを思い出した。

    昔のビルマと同じような雰囲気がもうひとつ。すぐ近くの雑貨屋のおばさんやプエザーのおばさんは面倒見がよくて親切だ。でも、外国人は注目度が高いようで、おばさんたちを通じて私の行動は筒抜けになっているようだ。

  • 昨日の夕方、友人の会社にいたところ急に腹が痛くなった。横になったが痛さが増すばかり、胃から腸にかけて鋭い痛みが断続的に続く。ウーウーと、うなってしまった。トイレに行くと水便、口からも何度かもどしてしまった。やっと来た!

    以前毎年のようにミャンマーに来ていたとき、一週間ほどで必ず下痢になった。ただ、一度なれば後はOK。ミャンマーでの儀式のようなものだった。ところが今回はなかなか下痢にならない。ミャンマーの衛生状態がよくなった?とも思えない。下痢にならないのは変だと、ちょっと不安に思っていたところだった。

    そうか、昨日のカニか。路端で売っている天ぷら屋の蟹があやしかった。野菜天ぷら以外に一口で食べられるほどの小さな蟹天ぷらも買った。友人と一つづつということで二つ買ったのだが、店のおじさんが親切にも売れ残った蟹を3つほどおまけにくれた。

    口に入れたとき、ちょっと変な味がしたが、これがミャンマーの蟹だと思いそのまま食べた。3つも。夕方から始まった腹痛は収まりそうもない。夜中の10時をすぎても痛さがますばかり。心配した友人が、お兄さんに連絡して車で薬を持ってきてくれた。その頃からちょっと痛みがちょっとやわらいできた。

    翌朝起きると気分の悪さはそのままだったが、腹痛はだいぶ収まっていた。24時間たった今、ブログ記事に書けるくらいには回復した。友人は、私の腹から日本の菌がみんな出ていってミャンマーの菌ばかりになったと祝ってくれた。この下痢はミャンマー生活の始まりの合図だったみたいだ。

  • ヤンゴンでソニーのスマートフォンを買ったのは前のブログ記事に書いたが、大きな問題があった。アプリのダウンロードができないのだ。これはソニーの問題ではなく、Googleの問題だった。

     Android携帯は、iPhoneと同じようにネットからアプリをダウンロードするようになっている。私のiPhoneはまだ携帯としては使えないがWiFiは使えるので、日本にいたときと同じようにアプリをダウンロードできる。新しく買ったソニーのAndroid携帯でアプリをダウンロードしようとしたが、できない。なぜ??

     何度ログインしても、「認証が必要です。Googleアカウントにログインしてください」というメッセージが出てくるだけだ。どうも、Googleがブロックしているみたいだ。携帯からインターネットに接続すればどこから接続したか分かる。ミャンマーから接続しているというのは Google はすぐに分かるので、ミャンマーからの接続ではAndroidマーケット(Playマーケット)が使えないようになっているのだろう。

    何度やっても「認証が必要です。Googleアカウントにログインしてください」

     日本帰りのミャンマー人でIT関係が詳しい人に聞いてみた。やはり、Googleがブロックしているとのこと。Appleも昔はブロックしていたので、iPhoneアプリはダウンロードできなかったらしい。できるようになったのはつい3ヶ月ほど前だという。ミャンマーに対しては、Appleのほうが動きが早い。Google早くしてくれ。

  • 今、ヤンゴンでアパートを探している。数年前だったら100ドルも出せばけっこうきれいで広い部屋が借りることができた。でも、今は無理。3倍くらいになっている。ミャンマー特にヤンゴンは土地バブル真っ最中だ。

    最初に見に行った部屋はスーレーパゴダから歩いて10分ほどという便利な場所で、広さは25フィート x 60フィートなので140平米もある。値段は月に20万チャットなので2万円/月、アパート情報誌を見た瞬間、「これに決めた!」。

    通りに面したビルはかなり古い。空いている部屋は4階ということは日本式では5階だ。入り口を見て、「これ遺跡?」真っ暗の中で5階まで真っ直ぐの階段が伸びている。遠くに見える突き当りが少し明るくなっていた。かなり急な階段だ。シュエサンドーパゴダみたいだ(バガンの夕日ポイントのパゴダだが、階段が急で落ちた観光客もいる)という声、手すりを掴まないとやばい。

    一直線に伸びる階段は「天国への階段?」

    頂上に着いた。ドアは中国風に漢字が書かれた赤い札で飾られていた。中は広い。真ん中でついたて風に切られているが、ほとんどワンフロア。小さめの教室のようだ。床はコンクリの上に年季を経た薄いビニールシートがあるだけだ。薄暗いが、トイレとシャワー室、キッチンも一応ある。つい最近まで家族が住んでいたというが、10年くらい放おっておいた部屋みたいだ。50〜60年くらい前に建てられたビルらしい。それで天井が高い(3mくらい)わけだ。

    真ん中で区切られているが、ちょっとした教室のようだ

    遠目に見るとパステル調で可愛らしいキッチン

    「遺跡」の中に住むのもオツなもんだとも思ったが、階段にはちょっとびびった。あの急な階段、酔っ払って帰ったら絶対に足を踏み外す。年に3回くらいは落ちるだろう。1階分くらいだったら軽い怪我で済むだろうが、ここだと下まで真っ逆さま。重体間違いなしだ。やはり1回では決まらなかった。

  • 携帯ショップに人気の携帯を聞いてみた。といっても、カバエパゴダ通りのたったの2店だけなので、人気調査とはいえないかも。

    最初のショップでは1番人気はサムソン、2番目は中国のファーウェイ(華為技術)、3番目がノキア、4番目にやっとソニーが出てきた。ちょっと前までノキアがダントツの1番だったらしいが、ミャンマーでもスマートフォン人気でサムソンがトップになった。ファーウェイは格安スマートフォン(80,000チャット)で人気らしい。最も安い機種はノキア製(25,000チャット)、ソニーは携帯のブランドイメージではサムソンに負けているらしい。

    次の店でも1番人気はサムソン、2番人気はソニーががんばった。3番目はGioneeという知らないメーカー、これも中国の格安スマートフォンで有名らしい。ヤンゴンでもすっかりスマートフォン時代になっている。

    iPhoneについては、別格のよう。奥のほうに箱だけ3台ばかり並んでいた。16GBのiPhone4Sが50万チャット以上で売っていた。ソニーが10万から20万チャット台、サムソンが10万から30万チャット台の値段と比べてもずいぶんと高い。プレミアが付いているようだ。

    この店では1番人気がサムソン、2番人気がソニーだった

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad