• 今日、携帯の契約をしてきた。

    ミャンマーの電話キャリアは今のところ国営のMPTしかない。それを再販している代理店がいくつもある。今回はELiteという代理店でSIMを購入した。私の勘違いや間違いがあるかもしれないが、ご勘弁を。

    電波の種類としてはGSM, CDMA, W-CDMAの3種類があり、それぞれ契約料としてELinteでは
    GSM 200,000チャット
    CDMA 500,000チャット
    W-CDMA 300,000チャット

    今は1ドル840チャットくらいなので、10チャットが1円くらい。

    インターネット接続については3種類とも可能で、GSMの場合は契約料は11,000チャット。それに、なんと携帯電話がWiFiステーションとなるテザリングが可能で、特に契約料はかからない。もちろん、テザリングが可能な携帯電話を使う必要がある。

    通話料は1分50チャット、インターネットの通信料は1分2チャットだ。テザリングやっても通信料は変わらない。テザリングについては日本よりも進んでいる。

    電話料金は電話カードを買うプリペイド方式になっている。5,000, 10,000, 30,000チャットなどのカードがあり、携帯ショップ以外にも普通の店でも売っているところが多い。5,000チャットのカードは今日(9/20)から発売が始まったものだ。

    結局、私はGSMでインターネットとテザリングを契約したので、225,000チャットとなった。ただし、外国人は契約できないということで、ミャンマー人の友人の名義で契約することとなった。

    通話については即時開通するが、インターネットにはちょっと時間がかかる。5日くらいかかると言われた。

    *青文字の部分は9/21に変更・追加した部分です。
    *緑文字の部分は9/23に変更・追加した部分です。 

  • ヤンゴンに着いての初仕事は、友人の会社のPCのSSD化。ハードディスクをSSDという一種のメモリに変えると、立ち上がりに3分くらいかかっていたPCも数十秒で立ち上がるようになる。このSSD、最近日本ではメジャーになってきているが、ミャンマーではほとんど売ってないということで、日本から買ってきてほしいと頼まれていたのだ。

    ミャンマーではPCの故障の原因で一番多いのはハードディスク。熱でやられることもあるし、突然の停電もやばい。SSDだとこれらの問題もクリアできる。

    2台のPCはスムーズにSSDに移行できた。現在3台目をトライ中。窓の外には鳩の巣がありクックルと鳴いている。その声を聞いているとうとうとしてきた。

  • 9月18日、無事ヤンゴンに着いた。

    Air Asiaはクアラルンプール乗り換えだったが、ヤンゴン行きはスルーではなく、一度マレーシアに出国しなければいけなかった。で、ヤンゴン行きの便にチェックインするときにちょっとしたトラブルになった。

    今回のミャンマー入国はアライバルのビジネスビザを使ったのだが、アライバルがあまり普及していないためだ。今年の6月から始まったこのビザは、ビジネス、エントリー、トランジットに関しては空港で取得できるが観光ビザはできない。
    http://www.mip.gov.mm/visaonarrival/

    チェックインカウンターで、アライバルビザについて説明したがよく分かっていなかった。やおら、カウンターの中でいろいろ調べ始めていた。15分ほど調べてもよく分からなかったので、マネージャーを呼んできた。マネージャーはアライバルビザについて経験があるため、私の申請書類を調べてOKを出してくれた。マネージャー曰く、書類不備に時々入国できない人がいるそうだ。

    チェックインカウンターを過ぎると後はスムーズだった。ミンガラドン空港での手続きもスムーズに進んだ。で、6年ぶりのヤンゴン。空港は以前よりずっときれいだった。車も新しい車が多い。

    夜は近くの串焼き屋で食事。3人で10皿ほど生ビールを4杯で20,000チャット、2000円ほどだ。

    エビが丸々太ってウマそうだった。でも、口の中に入れると変。カマボコだった。隣のぷりんぷりんしたイカもカマボコだった。

  • 昨日、14名もの人たちに見送られて羽田を発った。来てくれた方、ありがとうございます。

     Air Asia は出発が50分遅れたが、クアラルンプールには10分遅れの6:45に着いた。Air Asia、機内食もドリンクも毛布も荷物も全てオプションで別料金。それに、同じAir Asiaのヤンゴン行きがスルーじゃない。一度マレーシアに入国しないといけないからちょっと面倒。でも、貧乏人の味方なのでヤンゴンの住人になってもこれからお世話になること間違いない。

     クアラルンプールはLCC専用ターミナルで、庶民的な雰囲気だ。並んでいる店も高級レストランや高級品を扱っている店はない。レストランに入るとハエが飛び交っている。ネクタイをつけているような客はほとんどいない。私には初めての空港だがすぐになじめた。

     ネット環境は、Free_WiFi@KLIAというフリーWiFiがありスピードも十分なのだが、3時間の制限でもうオーバーしてしまった。スタバのフリーWiFiがあったので、さっきから1杯のコーヒーで粘っている。でも、スタバWiFiはかなり遅い。

     ネットにつないで気がついたのが、Youtubeなどの動画サイトにアクセスできないことだ。今だけ?それとも前からブロックされているんだろうか。

     今回のミャンマービザはビジネスビザ、でもパスポートには何も記されていない。ビジネスビザといっても、アライバルのビジネスビザだ。ミャンマーの会社の招待状などの必要書類を揃えていたら、ヤンゴンの空港内で取得できるというやつ。今年の6月から始まった制度で、始まった当初はトラブルがあったらしい。航空会社がアライバルビザのことを知らなかったので、搭乗拒否にあった人もいるらしい。最近はアライバルビザを利用する人も増えてきて問題は少なくなったとのことだが、どうなるか。ちょっと心配、ちょっと楽しみ。

     ヤンゴン行きの飛行機は17:10、まだしばらくハエと遊んでいます。

  • ミャンマーへの宅送業者と不要品回収の業者が来るのが土曜日の午後、結局、金曜日の夜は徹夜になってしまった。なんとか荷物を全て出し、部屋はがらんとなった。

    ミャンマーへの宅送、ミャンマー人の友人から聞いた業者に頼んだ。400円/Kgでドアツードアーでヤンゴンまで運んでくれる。極力荷物を少なくしたつもりだったが、170Kgほどになってしまった。荷物は船に載ると2週間ほどでヤンゴンに着くが、船に載せるまでが時間がかかる。コンテナにいっぱいになってから船に載せるからだ。今回は2ヶ月半くらいかかるだろうと言われた。気長に待つしかない。

    部屋の片付けはなんとか間に合ったが、画鋲を踏んでしまった。痛い!
    まあ、画鋲ぐらいで済んでよかったと考えよう。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad