• 4月5日の朝4時、ヤンゴン中央駅に向かった。4月8日のバガン行きの長距離列車のチケットを買いに行くためだ。ミャンマーでは長距離列車のチケットを売り出すのは3日前、ヤンゴン中央駅の長距離列車チケット売り場に直接買いに行かなければいけないからだ。

    4月8日はダジャン(ティンジャン, 水かけ祭り)の連休前で、列車は非常に混む。日本の年末のJRのチケットを買うようなものだ。買えるかどうか心配だったので、前もって3月27日にチケット売り場まで来て確認した。窓口の係員の話では、3日前の早朝に来ればだいじょうぶだということだった。念を押したが、だいじょうぶだいじょうぶという返事だった。

    4時20分ごろチケット売り場前に着いた。チケット売り場はヤンゴン中央駅の中ではなく、さくらタワーの斜め前にある。既に30人ほど門の前に人が集まっていた。この門は5時に開くということで、おとなしく待った。5時には100人近くになった。門が開くとわれ先にとみんな駆け出した。

    早朝4時20分にチケット売り場前に集まった人たち

    早朝4時20分にチケット売り場前に集まった人たち

    チケット売り場はさくらタワーの斜め前

    チケット売り場はさくらタワーの斜め前

    窓口は行き先別に分かれている。バガン方面行きは一番奥、私と連れは列の2番目になった。おお、これだったら絶対に買えると安心した。目の前に予約状況を書いたホワイトボードがあった。

    行き先別に分かれた窓口

    行き先別に分かれた窓口

    えーと、寝台寝台。6日は残り8枚,結構残ってるな。7日は残り2枚残っているのか。8日は? 数字じゃないぞ、「マシー」と書いている。もしかして「無し」の意味?。回りの何人かのミャンマー人に確認しても、この表示は「無し」だった。

    8日の寝台は「無し」との表示

    8日の寝台は「無し」との表示

    何で? 今日売り出しでまだ誰も買ってない状態で無し? 他のチケットも全くなかったり、残りが2枚だったり。これはおかしいと、みんなざわついてきた。窓口が開くのは7時、まだ2時間近く時間がある。目の前の窓口に小さくチケット売り場の連絡先が書かれていた。電話してみた。時間が時間なので誰も出ないと思ったが、男性の返事があった。「自分じゃわからない。窓口が開いたら聞いてみてくれ」との返事。しょうがない、待つしかない。

    7時になり、窓口が開いた。私の前に並んでいた人はバガン行きの普通チケット。2枚残っていたので買えた。そして私の番になった。

    「8日の寝台を2枚ください」
    「ありません」
    「何で? 今日売りだしたばかりでしょ。何でないの?」
    「私はわからない。責任者に聞いてくれ」
    何度聞いてもだめだった。しかたがないので残っていた7日のチケットを2枚買い、窓口の中にいるという責任者に会うことにした。

    窓口の中に入った

    窓口の中に入った

    出てきたのは50才くらいの小太りの真面目そうな人だった。チケット売り場の責任者だという。
    「なぜ8日の寝台車のチケットが1枚もないんですか?」
    「もう売り切れてたんです」
    「えっ! 売り始める前に売り切れ? どういうこと?」
    「公務員や外国人には事前に売っているんです」
    「そんなの初めて聞いた。駅のどこにそんなことを掲示しているんですか? WEBサイトに書いているんですか?」
    「どこにも書いていません。でも、昔からそうなっているです」
    「昔は外国人の料金は高かったけど今は同じ、公務員も同じ料金でしょう。なぜ優遇するんですか?」
    「政府が変わってまだ間もないんです。だからこのシステムも変わってないんです。理解してください」

    はしょって書いたが、ここまで20分ほど。責任者がちょっと弱気になってきた。でも、理解力のない私はしつこく食い下がった。と、突然、
    「実は8日のチケットが2枚あります。あなたを助けたいので、7日のチケットと交換しましょう」

    これには驚いた。一瞬、ありがとう! と返事をしそうになったのをぐっと抑え、
    「今までないと言っていたチケットが何であるんですか。そんなのはもらえません!」

    このチケット、本当は喉から手が出るほど欲しかった。でも、ここまで正論ばかり言った手前、私だけチケットをもらうわけにはいかない。もらったら私は単なるクレーマーになってしまう。そして、彼から出てきた言葉は
    「レーザーデ」

    尊敬するという意味だ。私はそんな人間ではない。ただ、引っ込みがつかなくなってやせ我慢しているだけだ。それに、私もちょっと言い過ぎたかもしれない。最後は責任者と握手をして事務所を後にした。真っ暗だったチケット売り場も朝日が当たりすっかり明るくなっていた。

    それにしても、あの8日のチケット欲しかった・・・

    チケット売り場はすっかり明るくなっていた

    チケット売り場はすっかり明るくなっていた

  • 友人のWさんからメールが来た。

    「ヤンゴン 雑貨」で検索するとエヤワディブログの「猫が死んだ」が検索上位に来るよ。

    本当だった。Googleで検索すると、2番目に”ヤンゴン生活 | エヤワディ Blog – エーヤーワディ” というのが出ている(ネット接続の場所など条件によって順位は違う)。クリックすると、なんと「猫が死んだ」の記事が一番上だ。かわいいミャンマー雑貨を期待して検索した人が、これを見るとショックを受けるかもしれない。

    実は、このWさんはヤンゴンで雑貨の店を開いているのだ。ということで、罪滅ぼしも兼ねてWさんの店、 dacco. (ダッコ、最後にドットが付いている)を紹介したい。場所は寝釈迦で有名なチャウタッジーパゴダの近く、シュエゴンダイン通りのビルの2階にある。

    gt_20151122_1046_0411

    dacco. 案内

    ミャンマーの1階は日本の2階

    gt_20151122_1047_0418

    少数民族の布、ロンジーの生地で作ったシックなハンカチ、プラスチックバンドで作った鮮やかなカゴ、タティングレースのイヤリング、その他いろいろ、こうした雑貨類が好きな人にとってはたまらないだろう。ミャンマーのお土産屋などで売られている工芸品や手作り品は細部が雑だったり、いまひとつ垢抜けないものが多いが、dacco. はWさんがこだわっているだけあって、作りも丁寧だし何といってもセンスがいい。ミャンマー土産に迷った時にはぜひどうぞ。

    gt_20151122_1129_0450

    gt_20151122_1110_0430

    gt_20151122_1125_0439

    gt_20151122_1102_0428

    gt_20150501_1803_4329

    私が dacco. で買ったものを紹介する。まずはチン族の布。チンの布は世界的に有名で、古布などは欧米の博物館が買い付けに来たりしている。このチンの布も細かな織りで美しい。

    gt_20160124_1602_3337

    次はミャンマーの布で作ったワインバック。シックな色とデザインで友人宅にワインを持って行く時に自慢できそうだ。

    gt_20160124_1555_3332

    プラスチックバンド(PPバンド)で作ったプラかごはミャンマーでもよく見かける。鮮やかな色を組み合わせたプラかご、丈夫だしデザインもポップだ。

    gt_20160124_1558_3335

    ナガの生地で作ったノートパソコンケース。ナガの布も世界的に有名でコレクターも多い。ナガ独特の色使いやデザインが個性的だ。このパソコンケースはもらったものだが、私のお気に入り。

    gt_20160124_1659_3340-3

    ※2017年、店がパラミー通りのほうに移転しました。また、ボージョーマーケット店が新たにできました。

    店名 dacco. myanmar – Main Shop (Parami Road)
    住所 Room 5, No.12 Parami Road, 10 Quarter, Mayangone Township, Yangon, Myanmar (near Hotel Parami)
    Phone 092 6018 5424, 092 6222 6481
    Open Daily, 10:00-19:00
    WEB http://www.dacco-myanmar.com
    Facebook https://web.facebook.com/dacco.myanmar
    Email info@dacco-myanmar.com

     

    ボージョーマーケット店はこちら。
    店名 dacco. myanmar – Bogyoke Market Shop
    住所 13/F, Upper Front, Bogyoke Aung San Market, Pabedan Township, Yangon, Myanmar
    Phone 094 2237 1337
    Open Tuesday-Sunday (Closed on Mondays and Gazette Holidays), 9:30-17:00

  • gt_20150702_1835_5760-2

    深夜の3時半頃だった。ドンドン、ギャーギャー、ウォンウォンと突然ドアの外が騒々しくなった。4階の住人である私は、下のほうでよく猫や犬が大きな鳴き声で騒いでいるのはよく聞いている。でも、今日はドアのすぐ前だ。まさか犬たちが4階まで上ってきた? ドアの覗き穴(ドアスコープ)から外を見ると、金網をよじ登ったネコを4~5匹の犬が威嚇している。ネコは力尽きたのか落ちてしまった。

    落ちたネコを犬が襲った。私はドアを開け、逆さに持ったほうきで犬たちを追っ払った。猫は3階と4階の間にある踊り場に横たわっていた。部屋からダンボール箱を持ってきた私はその中に猫を入れた。猫は力なくニャーとないた。ダンボールの底に血がちょっと付いていたがそれほど出血はしてないようだ。でも、息は絶えだえ。ほとんど動かない。よく見ると、腹のあたりを噛まれてしまったようだ。15分ほど経っただろうか、猫は突然立ち上がり、苦しそうにないた。それが最後だった。もう少し早く私が犬を追っ払えば助かったのに・・・

    翌朝、猫の死体が入っている段ボール箱を持って、いつも世話になっている1階の雑貨屋に相談に行った。息子(といっても40才過ぎ)がいた。

    「かわいそうに。どこかの飼い猫だろう。あそこのゴミ捨て場に段ボール箱ごと置いてきたほうがいい」
    「えっ、ゴミ捨て場? それはかわいそうだ」
    「だってもう死んでるじゃないか」

    ミャンマー人と日本人の感覚の違いだった。ミャンマー人にとっては死体は単なるモノだ。ヤンゴンにある火葬場でも、一部の人を除いて多くの遺族は遺灰を持って帰るなんてしない。そのまま火葬場に処理を任せるのだ。その後、遺灰がどうなるかを何人かのミャンマー人に聞いたが、正確なことは誰も知らなかった。誰も気にしないのだ。

    ヤンゴンに住んで3年になる私だが、猫をゴミ捨て場に捨てることはできなかった。結局、アパートの裏の空き地に鍬を借りて穴を掘った。相談した彼のお兄さんが手伝ってくれた。猫の上に土と落ち葉をかぶせたら、回りと見分けがほとんどつかなくなった。

  • 1日に4〜5杯コーヒーを飲む。ヤンゴンに移住当初は100gで45円程度のコーヒー豆だったが、ここ1年近くは100gで130円ほどのArnandaのコーヒー豆を買っていた。
    ヤンゴン家計簿3月27日 | 国軍記念日 & ミャンマーコーヒー

    これに勝るコーヒーを見つけた。 友人との待ち合わせで訪れたサボイホテル隣の Coffee Circles、ここ最近増えた洒落た雰囲気のカフェだ。エスプレッソ(たしか2,000チャット前後)がなかなかの味だったので、豆がほしくなった。ウェイターに聞くと、店内ではなく隣りのオフィスで売っているという。友人が来るまで時間があったので、早速オフィスを訪れた。

    Coffe Circles の店内。夜は雰囲気のある薄暗い照明。

    Coffe Circles の店内。夜は雰囲気のある薄暗い照明。

    オフィスの隣りには展示室がり、エスプレッソマシンやコーヒー器具を売っていた。出てきたのはまだ若いオーナー。試飲させてくれるというので、深煎りのミャンマーコーヒーを所望した。出てきたコーヒーを一口、うまい! 今までヤンゴンで飲んだコーヒーで一番のコーヒーだった。チョコレート風味のかすかな甘さを感じさせる深いコクだが後味はすっきり。おお、これだ! すっかり気に入った。

    Coffee Circle 展示室。オーナー氏に試飲コーヒーを淹れてもらった。

    Coffee Circle 展示室。オーナー氏に試飲コーヒーをいただいた。

    コーヒーを飲みながら店内の写真を撮っていると、ラテアートのカプチーノを出してくれた。その写真を撮っていると、ラテアートにいまいち満足できなかったようで、2杯目アートが出てきた。そして3杯目、4杯目も。かなりの凝り性のオーナー、コーヒーはタイで修行し、2年前ここに Coffee Circleを出した。

    ラテアートに集中するオーナー。

    ラテアートに集中するオーナー。

    4杯目のラテアート

    4杯目のラテアート

    そうそう、ここにはコーヒー豆を買いに来たんだった。世界各地のコーヒー豆があるそうだが、やはりミャンマーコーヒーを買うことにした。使用している豆はピンウールィンやタウンジー産が多いが、決まってはないという。ミャンマーではコーヒー豆の生産が安定していないので、その都度一番いい豆を仕入れるそうだ。値段は200gで7,000チャット(740円)と、日本でちょっといい豆を買うのと同じ程度。ヤンゴンでは安い店で1ポンド2,000チャットだったので、値段差は8倍近い。小心者の私は7,000チャットという金額にちょっと躊躇したが、200g を2袋買った。

    200gで7,000チャットのミャンマーコーヒー

    200gで7,000チャットのミャンマーコーヒー

    かなり選別しているようで、一つ一つの豆が大きくて形が整っている。

    かなり選別しているようで、一つ一つの豆が大きくて形が整っている。

     

  • 1ヶ月続けたヤンゴン家計簿が終わった。

     合計が486,675チャット、3月15日のレート(為替レート 1円=9.521Ks)で計算すると、51,116円になった。目標の300,000Ksは達成できなかった。3月はバゴー山地への旅行で100,800Ks使ったので、これを除くと 385,875Ksだ。ヤンゴンでの生活費がこの金額だとすると、300,000Ksの目標達成も見えてくる。 では、どこが削れるだろうか。

    食料 78,845
    外食 35,100
    生活雑貨 13,360
    おみやげ 20,800
    タクシー&サイカー 87,700
    バス 3,400
    通信費 70,000
    公共料金 16,670
    旅行 100,800
    その他 58,300
    合計Ks 486,675
    • 食料品の78,845Ksはこんなもんだろう。
    • 外食の35,100Ksはよく健闘した。おごってもらったのが多かったからだな。
    • 生活雑貨の13,360Ksもこんなものだろう。
    • おみやげの20,800Ksもこんなもの。
    • タクシー&サイカーの87,700Ksは削れる。大学への行き帰りに使ったのが11回で22,000Ksだ。
    • バス代の3,400Ks。さすが路線バスは安い。
    • 通信費の70,000Ksは全て電話カード。インターネットのテザリングでたぶん50,000Ksくらい使っている。こま目にテザリングを切るなどのことをすれば若干は安くなりそう。でも、日本のようにネット料金が安くなるのを期待。7月には外資の携帯電話サービスが始まるので、テザリングも安くなるかな?
    • 公共料金の16,670Ksはこんなものだろう。
    • 旅行の100,800Ks。旅行に行かなければかからないが、たまには行きたい。
    • その他の58,300Ksは財布の謝礼金やら鍵代やら写真プリント代など。この謝礼金を払う事態をなくさなければいけない。

     結局、見なおしてもそれほど減りそうもない。今回のヤンゴン生活費400,000Ks程度が私にはストレスがなくてよさそうだ。という結論になった。

     この家計簿ブログを始める前、毎日家計簿以外にそんなに書くことがあるだろうかと思っていた。でも、始めるとけっこういろんなことがあり、文章量も当初考えていたよりずっと長くなった。これは、3月だけ特別にいろんなことがあったのではないだろう。今までもいろんなことが起きていたけどすぐに忘れてしまい、何もなかった一日だと記憶していただけだ。今回、毎日記録することで自分の頭にも毎日が違う日だと記憶されていった。これは当初思ってもなかったことだ。

     とりあえず、家計簿ブログは3月だけにするが、もしかして、5月か6月かまた1ヶ月限定で家計簿ブログをやるかもしれない。また、家計簿ブログじゃなくても、これからはブログの更新は多くなると思う。

     今回、家計簿ブログを始めようと思ったきっかけがひとつある。古くからの旅と写真仲間で先輩の小峯昇さんだ。小峯さんとは1987年に初めて香港で出会い、それからずっと友人としての付き合いが続いた。私が写真を始めるきっかけとなった人でもある。その小峯さんが去年ガンを発病した。小峯さんから、「ブログを読んでいるけど、ヤンゴンで毎日どんな生活をしているかよく分からない。メールでそちらの様子を教えて」というメールが来た。私は返事を書いたが、今読み返してもヤンゴンの生活が見えてくるような文章ではなかった。その2ヶ月後、小峯さんが亡くなったという連絡が突然来た。

    それほど病状が進んでいたとは知らなかった私はショックだった。そして、心残りになったのがこの小峯さんのメールだった。小峯さんには遅すぎたブログになったが、やっとヤンゴンの生活を書けた。

     最後に、
    今日からナガに行きます。戻ってくるのが14~17日くらいになると思います。その間、ブログの更新はできないと思います。

     それでは、みなさん良いお年を。
    *ミャンマーでは今年は4月17日が新年です。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad