• 再来週の日曜日土曜日に「もうひとつのミャンマー」ということで、ミャンマーの話をすることになった。案内はこちらです。

    http://mjsociety.web.fc2.com/inf_last.html

     第9回日本・ミャンマーソサエティ会合のお知らせ
    日時:2012年4月21日(土)14:30~17:00
    場所:明治学院大学白金キャンパス2号館1階2201教室

     ミャンマーといえば、敬虔な仏教国で熱帯の地にパゴダが広がっているというイメージがあります。それは事実ですが、ミャンマーの全てではありません。

     インド国境に近いチン州の山には、巨石文化や女性の刺青の風習を残している人たちが住んでいます。その北部には、東南アジアの文化とはかけ離れているように見えるナガ族の人たちが住む地域が広がっています。これらの地域ではインパール作戦で多くの日本兵が犠牲になったところ<でもあり、現地の人々の記憶に残っています。また、ミャンマー最北部にはヒマラヤ山脈につながる雪山が広がり、狩猟を生業にする人たちも住んでいます。これらの「もうひとつのミャンマー」を写真を中心にして紹介していきます。そして、ビルマ族とその他の民族との関係、少数民族同士の関係など、現地で肌で感じたことも紹介したいと思います。

    ということで、写真を交えながらあまり知られていない少数民族の話をするので、興味のある方は上記ページより申し込みお願いします。

    ところで、最近のミャンマー関係のニュース、あれよあれよという間に増えて私など卒倒しそうになる。以前だと週に一度出ればいいほうで、それもアウンサンスーチーが…、軍事政権が…、難民が…と暗い話題だけだった。ところが最近は、アウンサンスーチーの話題が多いのは相変わらずだが、選挙が、投資が、スズキが、ローソンが、と連日の報道。どこの国の話だと、クラクラしてしまう。

    「もうひとつのミャンマー」は最近のこうしたニュースとは直接は関係のない話になるが、普段見ないミャンマーの民族や自然を紹介するので、みなさんにちょっとでもクラクラなってほしい。

    私は自慢じゃないがこういうところで話をするのが苦手だ。得意な人はあまりいないだろうが、そういう一般人から見ると、スティーブ・ジョブズはプレゼンの名人だった。その名人が、本番前に何日も練習を繰り返していたという。私も今回はちょっと練習してみよう。

  • 今年の10月から始めたIT教室、i寺子屋の今年最後の授業が昨日終わった。最後まで来てくれた生徒たちはみんな真面目で楽しく授業を終えることができた。

    授業が終わった後、教室として使わせてもらっているマリカで忘年会をすることにした。飛び入りもあった。ヤンゴンから初めて日本にやってきたカチン族の双子の大学生2人。彼らはマリカのオーナーの息子たちだ。また、大学院でミャンマーのことを学んでいる日本人学生とそのお父さん。そして最後は、カチンの聖歌隊がやってきた。ミャンマーでは、クリスマスになるとキリスト教徒の人たちによる聖歌隊が家々を歌いながらまわっていくという。高田馬場でカチン聖歌隊に出会えるとは幸運だった。

    このときの雰囲気をみんささんにもお送りしたい。iPhone4にスペシャルマイクを付けて録音した聖歌隊の歌。けっこうきれいな音で録音できたので、2曲聞いてください。

    Audio MP3
    カチン聖歌隊の歌 その1

    Audio MP3
    カチン聖歌隊の歌 その2

  • ミャンマー北部のカチン州プタオから雪山へ行ったときの写真「ヒマラヤの東、ミャンマーの雪山」をCampur Photoにアップしました。

    ヒマラヤの東、ミャンマーの雪山
    ヒマラヤの東、ミャンマーの雪山

    アップするときに調べたのですが、何と日本語のインターネット情報では、東南アジア最高峰はマレーシアのキナバル山としているところがほとんどなんです。ちなみに、「東南アジア 最高峰 キナバル」が 10,700件、「東南アジア 最高峰 カカポラジ」がたったの8件でした。マレーシアのキナバル山は4,095mで、カカポラジは5,881mなので、圧倒的にカカポラジのほうが高いのです。あのWikipedia日本語版でも間違ってます。ただし、Wikipedia英語版にはさすがに正しく書かれています。それにしても、ちょっと調べれば分かるこんな単純な事実がなぜ日本で間違っているのか不思議です。

  • Campur Photoの今日の紹介は、笑顔みの写真です。男の微笑みがあっても気持ち悪いだけなので、すべて女性です。いや、一人?だけ男もいたか。

    ビルマの笑顔
    (ビルマ族)
    ビルマの笑顔2
    (少数民族)

    ミャンマーは人の写真の撮りやすい国です。声をかけるとどの民族でもだいたい笑顔が返ってきます。その笑顔の中でも選りすぐりの笑顔を集めました。

    ミャンマー人の男からは、私がミャンマーで写真を撮るためにあまりにも声をかけすぎていると言われます。それだけ人の写真を撮っていますが、これは外国人だからできるんでしょう。ミャンマー人同士だと人によって、撮られる方もちょっと警戒するようです。このあたりはミャンマーでも日本でもどこの国でも似てますね。

  • Campur Photo にチンの写真3部作をアップしている。

    チン1(入れ墨の女) チン2(敵討ち) チン3(男を上げろ)

    最初のチン1(入れ墨の女)は、チン南部に今でも残る入れ墨の風習についての写真だ。次のチン2(敵討ち)は、敵討ちに狙われている男と出会った話を書いている。残念ながらその男の写真は載せていない。最後のチン3(男を上げろ)は、「男を上げる」ために巨石を運ぶ祭りを主催する話である。どの話も面白いのだが、なぜかチン1が一週間ほど前から5日ほど前から急にアクセスが増えだした。原因はタイトルだった。「入れ墨 女」の検索結果で、Google は9位、Yahoo で11位になっていた。このキーワードでエロ系を期待してやってくる人が多いようだ。他のタイトルもつけなおそうか、と思わせるようなタイトル効果だった。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad