• 1日に4〜5杯コーヒーを飲む。ヤンゴンに移住当初は100gで45円程度のコーヒー豆だったが、ここ1年近くは100gで130円ほどのArnandaのコーヒー豆を買っていた。
    ヤンゴン家計簿3月27日 | 国軍記念日 & ミャンマーコーヒー

    これに勝るコーヒーを見つけた。 友人との待ち合わせで訪れたサボイホテル隣の Coffee Circles、ここ最近増えた洒落た雰囲気のカフェだ。エスプレッソ(たしか2,000チャット前後)がなかなかの味だったので、豆がほしくなった。ウェイターに聞くと、店内ではなく隣りのオフィスで売っているという。友人が来るまで時間があったので、早速オフィスを訪れた。

    Coffe Circles の店内。夜は雰囲気のある薄暗い照明。

    Coffe Circles の店内。夜は雰囲気のある薄暗い照明。

    オフィスの隣りには展示室がり、エスプレッソマシンやコーヒー器具を売っていた。出てきたのはまだ若いオーナー。試飲させてくれるというので、深煎りのミャンマーコーヒーを所望した。出てきたコーヒーを一口、うまい! 今までヤンゴンで飲んだコーヒーで一番のコーヒーだった。チョコレート風味のかすかな甘さを感じさせる深いコクだが後味はすっきり。おお、これだ! すっかり気に入った。

    Coffee Circle 展示室。オーナー氏に試飲コーヒーを淹れてもらった。

    Coffee Circle 展示室。オーナー氏に試飲コーヒーをいただいた。

    コーヒーを飲みながら店内の写真を撮っていると、ラテアートのカプチーノを出してくれた。その写真を撮っていると、ラテアートにいまいち満足できなかったようで、2杯目アートが出てきた。そして3杯目、4杯目も。かなりの凝り性のオーナー、コーヒーはタイで修行し、2年前ここに Coffee Circleを出した。

    ラテアートに集中するオーナー。

    ラテアートに集中するオーナー。

    4杯目のラテアート

    4杯目のラテアート

    そうそう、ここにはコーヒー豆を買いに来たんだった。世界各地のコーヒー豆があるそうだが、やはりミャンマーコーヒーを買うことにした。使用している豆はピンウールィンやタウンジー産が多いが、決まってはないという。ミャンマーではコーヒー豆の生産が安定していないので、その都度一番いい豆を仕入れるそうだ。値段は200gで7,000チャット(740円)と、日本でちょっといい豆を買うのと同じ程度。ヤンゴンでは安い店で1ポンド2,000チャットだったので、値段差は8倍近い。小心者の私は7,000チャットという金額にちょっと躊躇したが、200g を2袋買った。

    200gで7,000チャットのミャンマーコーヒー

    200gで7,000チャットのミャンマーコーヒー

    かなり選別しているようで、一つ一つの豆が大きくて形が整っている。

    かなり選別しているようで、一つ一つの豆が大きくて形が整っている。

     

  • 1ヶ月続けたヤンゴン家計簿が終わった。

     合計が486,675チャット、3月15日のレート(為替レート 1円=9.521Ks)で計算すると、51,116円になった。目標の300,000Ksは達成できなかった。3月はバゴー山地への旅行で100,800Ks使ったので、これを除くと 385,875Ksだ。ヤンゴンでの生活費がこの金額だとすると、300,000Ksの目標達成も見えてくる。 では、どこが削れるだろうか。

    食料 78,845
    外食 35,100
    生活雑貨 13,360
    おみやげ 20,800
    タクシー&サイカー 87,700
    バス 3,400
    通信費 70,000
    公共料金 16,670
    旅行 100,800
    その他 58,300
    合計Ks 486,675
    • 食料品の78,845Ksはこんなもんだろう。
    • 外食の35,100Ksはよく健闘した。おごってもらったのが多かったからだな。
    • 生活雑貨の13,360Ksもこんなものだろう。
    • おみやげの20,800Ksもこんなもの。
    • タクシー&サイカーの87,700Ksは削れる。大学への行き帰りに使ったのが11回で22,000Ksだ。
    • バス代の3,400Ks。さすが路線バスは安い。
    • 通信費の70,000Ksは全て電話カード。インターネットのテザリングでたぶん50,000Ksくらい使っている。こま目にテザリングを切るなどのことをすれば若干は安くなりそう。でも、日本のようにネット料金が安くなるのを期待。7月には外資の携帯電話サービスが始まるので、テザリングも安くなるかな?
    • 公共料金の16,670Ksはこんなものだろう。
    • 旅行の100,800Ks。旅行に行かなければかからないが、たまには行きたい。
    • その他の58,300Ksは財布の謝礼金やら鍵代やら写真プリント代など。この謝礼金を払う事態をなくさなければいけない。

     結局、見なおしてもそれほど減りそうもない。今回のヤンゴン生活費400,000Ks程度が私にはストレスがなくてよさそうだ。という結論になった。

     この家計簿ブログを始める前、毎日家計簿以外にそんなに書くことがあるだろうかと思っていた。でも、始めるとけっこういろんなことがあり、文章量も当初考えていたよりずっと長くなった。これは、3月だけ特別にいろんなことがあったのではないだろう。今までもいろんなことが起きていたけどすぐに忘れてしまい、何もなかった一日だと記憶していただけだ。今回、毎日記録することで自分の頭にも毎日が違う日だと記憶されていった。これは当初思ってもなかったことだ。

     とりあえず、家計簿ブログは3月だけにするが、もしかして、5月か6月かまた1ヶ月限定で家計簿ブログをやるかもしれない。また、家計簿ブログじゃなくても、これからはブログの更新は多くなると思う。

     今回、家計簿ブログを始めようと思ったきっかけがひとつある。古くからの旅と写真仲間で先輩の小峯昇さんだ。小峯さんとは1987年に初めて香港で出会い、それからずっと友人としての付き合いが続いた。私が写真を始めるきっかけとなった人でもある。その小峯さんが去年ガンを発病した。小峯さんから、「ブログを読んでいるけど、ヤンゴンで毎日どんな生活をしているかよく分からない。メールでそちらの様子を教えて」というメールが来た。私は返事を書いたが、今読み返してもヤンゴンの生活が見えてくるような文章ではなかった。その2ヶ月後、小峯さんが亡くなったという連絡が突然来た。

    それほど病状が進んでいたとは知らなかった私はショックだった。そして、心残りになったのがこの小峯さんのメールだった。小峯さんには遅すぎたブログになったが、やっとヤンゴンの生活を書けた。

     最後に、
    今日からナガに行きます。戻ってくるのが14~17日くらいになると思います。その間、ブログの更新はできないと思います。

     それでは、みなさん良いお年を。
    *ミャンマーでは今年は4月17日が新年です。

  • なくした財布を探しにバスターミナルへ向かった。

     3月31日の家計簿(為替レート 1円=9.334チャット)

    1. タクシー (バスターミナルへ) 6,500Ks
    2. タクシー (バスターミナルからジャンクションスクエア) 5,000Ks
    3. タクシー (ジャンクションスクエアから帰宅) 2,000Ks
    4. 謝礼金 (財布を見つけた人にお金と電話カード) 30,000Ks
    5. ジャンクションスクエアの喫茶店 3人分 4,100Ks
    6. ジャンクションスクエアのシティーマートで買物
      • Hawaii アイスクリーム 250cc 1,250Ks
      • ライム 5個 550Ks
      • ピーナッツ油 1L 2,350Ks
      • CP鶏卵 10個 1,300Ks
      • 牛乳 800g 850Ks
      • 紙皿 7inch 20枚 850Ks
      • スパゲッティ 500g 1,050Ks
      • 洗剤 700g 1000Ks
      • 殺虫剤 300ml 1,500Ks

      合計 58,300Ks(6,246円)

     朝9時過ぎ、福島夫妻と一緒に長距離バスターミナルのあるアウンミンガラに到着した。昨夜は、バス会社は Asia Express(行きに乗った) だと思い込んでこの会社へ深夜電話したのだが、実際は他の会社だった。しかし、バスの会社もバスナンバーも分からなかった。途中乗車なのでチケットなどがなかったからだ。結局、ピィーとヤンゴンの間を運行しているバス会社を一社ずつ探すしかなかった。

    アウンミンガラ・バスターミナル

    アウンミンガラ・バスターミナルはかなり広い。この写真は以前写したもの。

     このアウンミンガラ、かなり広い。ミャンマー人である福島さんの奥さんの通訳により、会社が何社か絞られた。3社目に行った時だ。

    「このバス、昨日のバスじゃない?」

    との福島夫妻の言葉。恥ずかしながら私にはあまり覚えがなかったが、正面を見ると何となく記憶が蘇った。早速バス会社の人に説明し、自分が座った最後部座席の右側を重点的に探した。しかし、見つからなかった。

     しょうがない、あきらめるか。バスから降りようとしたとき後から入ってきた若い男性一人が

    「掃除のときに財布を拾った」

    と言いだした。えっ本当? 彼は自分のバックに手を突っ込んだ。そして出てきた。

    「あ、あ、あ、、、これだっ!!」

    すごい、本当に出てきた。昨夜の確信が今日は現実になった。

     現金はちゃんと折りたたんでいた。USドルが115ドルにチャットが5万数千チャット。正確に数字を言われても、私がいくら入っていたか正確な数字を覚えていない。たぶん、それに間違いない。カンボーザ銀行のカードもVISAカードも名刺もちゃんと入っていた。見つけたTさんに何度もお礼を言った。そして、20,000チャットお礼を渡した。ここまで付き合ってくれた福島さん夫妻にも感謝だ。

    財布を忘れたバス

    財布を探すのに夢中でまともな写真がないが、このバスの中でなくした。

     バス会社を後にし、タクシーを拾おうとしたときだ。電話がかかってきた。

    「ハロー、◯▼✕*?」

    訳の分からないビルマ語(私のビルマ語能力が低いだけだが)を聞き、間違い電話と思った。でも、財布がどうやらバスがどうやらと言っている。そうか、さっきのバス会社か。福島さんの奥さんに電話を代わってもらいやっと事情が分かった。財布を見つけたTさんは、財布の中に10,000Ksの電話カードが入っていたのを忘れていたらしい。それで、これから電話カードを渡したいと言っていたのだ。正直なTさん、電話カードはお礼としてそのまま彼にあげることにした。

     ところで、2012年12月のブログ「ミンガラドン空港で携帯をなくした!ところが・・・」で私の落し物遍歴を書いている。あったあった、長距離バスターミナルの話が。これは1995年の頃の話だ。その当時長距離バスターミナルはソバジゴンというところにあった。そこで現金1,000ドルとパスポートを落としたのだ。それが見事に出てきた。これがたしか私のミャンマー落し物履歴の第1号だ。それから19年後、またバスターミナルでの紛失劇だ。バスターミナルは場所も名前も変わったが、私の落し物癖は全然変わってない。これから先も落し物リストが増えていきそうだ。

     ところで、今日は1ヶ月限定の家計簿の最終日だった。財布が見つかって、安心して買い物をすることができた。

    今日の買い物

    ヤンゴン家計簿1ヶ月限定の最後の買い物

    •  牛乳は若干量が少ないがポリ袋入りのほうが割安。
    • スパゲッティは太麺が2,000Ks以上、安いものは細麺のしか置いてなかったので、しかたなく1パックだけ細麺を購入。
    • ライムは5個で550Ks。団地内の市場より安い。市場の八百屋のおばさんに悪いが、5個入りを購入。
    • 最近、油は輸入品のオリーブオイルを使って贅沢だったので、ミャンマーでは最も一般的なピーナッツオイルを買った。スパゲッティ以外はこれで十分だ。
    • 戸別訪問で買ったP&Gのエリエールの残りが少なくなってきた。今度は Made in Myanmar の E-LANを購入。
    • 以前買った安い中国製の殺虫剤は霧吹きではなく雨吹き状態だった。このミャンマー製の Jumbo は中国製より高いが、ちゃんと噴霧する。
    • Hawaiiのアイスクリーム、最近ちょっと贅沢だったんで今日はおとなしく少量。

     全部で10,700Ksが3月最後の買い物だった。1ヶ月間続いた家計簿のおかげか、最初のころより値段に敏感になってきたようだ。それに、スパゲッティ以外は全部 Made in Myanmar だ。ミャンマー経済にもちょっと貢献。

    さあ、もう4月だ。家計簿ブログをどうしよう。

  • ジョービンガウッ(Gyobingauk)からバイクでバゴーヨーマ(バゴー山地)へ入っていった。

     3月30日の家計簿(為替レート 1円=9.387チャット)

    1. バゴー山地ツアー代 90,000Ks *ジョービンガウッ, バゴー山地での全ての費用
    2. 長距離バス(ジョービンガウッ → ヤンゴン) 4,000Ks
    3. お土産 4つ(マラインゲという牛乳から作ったピィー名物のお菓子) 4,000Ks
    4. タクシー (バスターミナルから帰宅) 2,000Ks

     合計 100,000Ks(10,653円)

    今回バゴー山地へ向かったのは、福島さんが以前訪れたときに日本兵の遺骨が残っているという話を聞いたからだ。そこで、今回はその現場へ行ってみようということになった。

    朝8時過ぎにジョービンガウッを出発してバゴー山地へ向かった。福島さん夫妻、ガイドのPさん、私の4名がそれぞれバイクの後ろにまたがった。バイクは全て中国製、50万~60万チャットするという。タイから輸入したホンダのバイクは150万チャットだから、約1/3だ。みんなホンダのバイクを買いたいというが、3倍の価格差は大きい。結局、ここで走っているバイクはほとんど中国製だ。ただし、山道を走るバイクの場合はタイヤやホイールはタイ製のパーツと交換する場合が多いという。

    中国製バイク

    地方では中国製バイクが大流行。

     1時間ほど平地を走って行く。周りは刈り取られた後の乾いた水田が続く。茶色だらけの風景に時々オアシスのように緑の木々が見えてくる。そこは村だ。村をいくつか過ぎると道はだんだんと上りになってきた。それとともに、赤土だった道がパウダーのように細かな土に変わってきた。

    バゴー山地へ向かう

    平地では赤土の道がずっと続く。

     運転するのも大変だ。パウダー状の道は轍が深く、バイクが走れるのは道の細い中央部だけ。轍に落ちると、パウダーにハンドルが取られてちゃんと走れない。私が乗ったバイクのドライバーは上手だったので1回しか転ばなかったが、何度も転倒しているバイクもあった。転び方が下手だとかなりの怪我をしてしまう。1台のバイクは我々が休憩中に一人で運転していてパンクしてしまった。その時に転んでしまい膝を怪我してしまった。バイクもホイールがだめになってしまい現地で修理することになった。バイクが1台足りなくなったが、それも現地調達した。

    バゴー山地を走る

    途中、ちょっとトラックの荷台に乗った。バイクだと頭の先から足の先まで土埃。

     途中休み休み走ってバイクが行ける最後の場所に到着した。時間は1時半、ここからは徒歩20分ほどで目的地だ。一番暑い時間だが、しょうがない。カレン族のドライバーを先頭に歩き始めた。彼は近くの村に住む40才のイケメンで、このあたりの地理には詳しい。

    バゴー山地のゾウ

    途中、ゾウとも出会った。

     途中、ゾウにも出会いながら現地に着いた。そこは何の変哲もない斜面。このあたりで日本兵二人が死亡したという。ただ、この「あたり」ということで、はっきりとした場所は分からない。遺骨や遺品についても詳しく探せば出てくるのではということだが、詳しく探すには何日もかかってしまう。遺骨や遺品についてはあきらめた。

    日本兵はバゴー山地のこのあたりで亡くなった

    日本兵2名がこのあたりで亡くなったという。

     カラカラに干からびた斜面に持ってきたミャンマー製の線香をさした。そこにジュースを供え、ミネラルウォーターの水を乾いた斜面にかけた。そして、線香に火をつけて祈った。気温44度だった。

    バゴー山地で命を落とした日本兵と地元ミャンマー人のために祈った

    ここで亡くなった日本兵と地元ミャンマー人のために祈った。

     案内してくれたカレン族のドライバーに話を聞いた。日本兵二人は、将校と付き添いの兵士だった。対日蜂起したビルマ軍との戦いで二人は負傷してここまで逃げてきた。輜重が任務だったのか、運搬の手伝いとして地元のミャンマー人6人を引き連れての敗走だった。そして運搬任務も終わることとなった。6人は一箇所に集められた。そして彼らが受けたのは謝礼ではなく銃弾だった。その後、日本兵二人はこの斜面に死亡した。

     銃弾を受けた6名のミャンマー人のうち一人だけ助かった。だからこんなに詳しく当時の状況が分かっているのだ。敗走時に道案内や運搬を手助けしてくれたミャンマー人を最後に殺したという話は他にもある。以前読んだ じっこくおさむ氏の「ミャンマー物語」という本の中でも、道案内をしてくれたミャンマー人を殺すように上官から命令された作者の話が載っていた。この本では、作者は殺すことができずにこっそりと逃したと書いている。上官もそのことを知っていたが、見てみぬふりをしていたらしい。

     手助けしてくれた地元のミャンマー人をなぜ殺したか。それは情報が漏れるのを恐れたからだ。すぐ背後まで迫っていた英国軍、敵に自分たちの行方が漏れないように殺したのだ。ミャンマー人がかくまってくれたために命が助かった日本兵という話はたくさん聞く。でも、こうして殺されたミャンマー人がいたのも事実だ。

     夜8時頃、すっかり暗くなってジョービンガウッに無事戻った。ヤンゴン行きのバスは一晩中あるという。夜9時半のバスでヤンゴンに向かった。

     バスの一番後ろの座席が空いていた。道路の悪いミャンマーでは後ろの席は振動が多くていやがる人も多いが、ちょうど2座席空いていたのでそこで横になってヤンゴンまでぐっすり寝た。1時半頃、ヤンゴンに到着した。そして、タクシーで U Wisara の団地に着き料金を払おうとした。

    財布がないーーーー!!!

    何とズボンのポケットにも荷物の中にもどこにも財布が見つからない。とりあえず、家の中からお金をもってきてタクシー代を払った。部屋の中で荷物を全開。でも、どこにもない。バスは途中のドライブインで休憩した。そのときにお土産を4,000Ks買った。これが財布を確認した最後だ。ヤンゴンに到着してバスから降りるとき、財布がポケットになかったのが分かったので、リュックに入っているんだろうと思った。となると、なくしたのはドライブインからヤンゴン到着の間だ。となると、バスの中で寝ているうちに財布を落としてしまったか、隣りにいた人にスられたかどちらかしか可能性はなかった。

    深夜2時過ぎだったが、 ネットでバス会社の電話番号を調べて電話してみた。バスのナンバーは? バスの色は? と聞かれたがナンバーはわからないし、色もはっきりとは覚えていない。もう深夜だし、これ以上できることはない。寝ることにした。ちなみに、財布の中にはミャンマー・チャットが5万ちょっと、ドルが110ドルばかり、ミャンマーのカンボーザ銀行のカードとVISAカードが1枚ずつ入っていた。

    ミャンマーでは落し物をしても必ず出てくる。これは私の個人的神話だ。今回もきっと出てくるに違いないと、妙な確信を持って横になった。疲れていたせいか、確信のせいか、あっという間に寝てしまった。

  • 地方に行っていたためアップが3日ばかり遅くなりましたが、家計簿はちゃんと続きます。

     3月29日の家計簿(為替レート 1円=9.394チャット)

    1. タクシー(福島さんの家へ) 4,000Ks *途中忘れ物をしたので引き返す
    2. 長距離バス(ヤンゴン → Gyobingauk) 4,500Ks
    3. 夕食 (バスターミナルでシャンカウスエ) 1,400Ks
    4. バスの中で
      • シューゼー 300Ks
      • ティッシュ 100Ks
    5. 夕食2 (ドライブインでヤギカレー) 2,000Ks

     合計 12,300Ks(1,309円)

    ひさしぶりにヤンゴンを出た。バゴー山地に近いピィー手前の町 Gyobingauk へ向かった。同行者は、福島さん夫妻。ジョービンガウ(Gyobingauk)には、福島さん夫妻の友人であるPさんが住んでいる町だ。

     いつものことであるが、出発からして忘れ物をしてしまった。タクシーに乗ってしばらくしてカメラを部屋に忘れてきたのを思い出したのだ。2,000Ksで交渉成立したタクシーが、途中引き返しで4,000Ksになってしまった。

    ピィー行きのバス

    我々が乗ったピィー行きのバス。乗用車は日本製が圧倒的だが、バスは韓国製もよく見る。

     バスはヤンゴンを18:00に出発し、ジョービンガウがもうすぐだというところで、食事のためバスは停車した。バスターミナルで食べたのはシャンカウスエだけという軽食だったので、このドライブインでも食事をとることにした。福島さんが以前ジョービンガウにバスで行ったときは、ドライブインでバスに置いて行かれそうになったそうだ。その話を聞き、タミンジョー(フライドライス)をやめて、すぐに出てくるミャンマーカレー(ヤギ肉)にした。

    ドライブインの食堂

    ジョービインガウッの直前で夕食タイムとなり、ドライブインでミャンマーカレーを食べた。

     ジョービンガウには22:30ごろ無事到着した。

     バスの中で買ったものをひとつ紹介する。シューゼイだ。キャップを外して鼻の穴に突っ込ん息を吸うと、スッキリ!! 怪しそうだが、本当は怪しくない。ミャンマーでは(タイでも)一般的なもので、メンソレータムの香りで頭と鼻がすっきりする。旅のお供に最適、ガムを食べるのと同じようなものだ。私は東京にいたときも、ミャンマー雑貨屋で時々買っていた。

    旅のお供にシューゼイ

    旅のお供にシューゼイ。頭すっきり鼻スッキリ。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad