• 今日はヤンゴン大学ミャンマー語コースの修了式、いつもより早く家を出たが・・・

     3月28日の家計簿(為替レート 1円=9.394チャット)

    1.  タクシー(ヤンゴン大学へ) 2,000Ks
    2. タクシー(ヤンゴン大学からMyanmar Japonへ) 2,500Ks
    3. タクシー(ハウスオブメモリーから帰宅) 2,000Ks
    4. 写真プリント (4×6インチ 14枚、8×12インチ1枚) 4,000Ks
    5. 電話カード 10,000Ks

     合計 20,500Ks(2,182円)

     今日はヤンゴン大学のミャンマー語コースの修了式の日だ。いつもより余裕をもって早く家を出た。1階のおばあちゃんが珍しく朝早くから店先に座っていると思ったら、呼び止められた。

    「隣りの雑貨屋のおばあちゃん、亡くなったの」

     !!! 私の日本語の生徒Yさんのおばあちゃんではないか。それも、つい2週間ほど前にYさんの卒業式でおばあちゃんの写真も撮ったばっかりだった。周りに人も集まってきてあれこれと話しが続いた。私は大学があるので途中で話から抜けた。

    ヤンゴン大学タウングー館

    3ヶ月間授業が行われたヤンゴン大学タウングー館

     大学へ着くとセレモニーの用意ができていた。座って待っていると、

    「ゴトーさん、今日生徒代表で挨拶して」

    先生から指名されてしまった。えっ!?、もうすぐ式が始まるのに。前日に言ってほしかったが、しょうがない、これもミャンマーだ。Mya Nandar の歌詞を書いた紙にあーでもないこーでもないと、カタカナでビルマ語を書き始めた。

     今日の修了式、我々外国人生徒だけでなかった。いつも同じ時間に隣りの教室で勉強していたミャンマー人社会人コースの生徒たちもいた。彼らはビルマ語の文語と習うために来ていた。先に彼らの式が進んでいった。よかった、このちょっとの間、私は挨拶の文面を考える。

    修了証書授与式

    修了証書を一人ひとり手渡してくれた。

     ついに我々の式が始まった。一人ひとり修了証書をもらった後に挨拶に指名された。何とかまとめあげた紙を手に、壇上で簡単なビルマ語での挨拶を始めた。ちょっと間違ったほうが外国人らしくていいだろうと思うと、逆に気楽に話ができた。

    みなさん、ミンガラバー。

    私は外国人生徒の後藤といいます。ヤンゴン大学で初めてのミャンマー語外国人コースを終了することができて嬉しく思います。

    このコースは去年の12月に始まりました。朝早くから始まるので、最初の2、3日はとても眠くて来るのが大変でした。でも、3日4日5日と進むに連れて、授業が楽しくなりました。先生方が一生懸命に教えてくれたからです。先生、ありがとうございました。

    ヤンゴン大学でのこの授業は一生忘れることがないと思います。

    みなさん、ありがとうございます。

    挨拶なので社交辞令も入っているが、大学へ行くのが楽しかったのは本当だ。学校の良さは年をとったほうが分かるようだ。

    モヒンガが振る舞われた

    式の後、モヒンガが振る舞われた。

    大学の後は写真の仕事があったので帰ったのは夕方だった。早速、Yさんの卒業式の写真を探した。あった。孫娘の卒業式で楽しそうなおばあちゃんの姿があった。その12日後に亡くなるなんて。人間、何が起こるかわからない。おばあちゃんが写っている写真データをメモリに入れ、近くの写真屋に向かった。本当に楽しそうに笑っているポートレート写真1枚はA4サイズに引き伸ばした。私が撮った写真がおばあちゃんの最後の写真だった。

     おばあちゃんの家(私の部屋の階下)に写真を持って行き、Yさんから最後を聞いた。おばあちゃんは、夜中1時ごろ急に心臓が苦しくなり、急いで車で病院に向かった。最初のクリニックでは、心臓の病気は診ることができないということで、ヤンゴン総合病院へ向かった。病院に着く前に車の中で息を引き取ったという。72才だった。

  • 12月から通っていたヤンゴン大学のビルマ語(ミャンマー語)コースも終わりが近づき、修了式のときにミャンマーの歌を歌うことになった。

     3月26日の家計簿(為替レート 1円=9.478チャット)

    1.  タクシー(ヤンゴン大学へ) 2,000Ks
    2. バス(ヤンゴン大学から帰宅) 200Ks
    3. ヤンゴン大学喫茶店で食事 2,000Ks

     合計 4,200Ks(443円)

     大学の授業は今日が最後だった。去年12月17日から始まり約3ヶ月、3月28日金曜日が終了式だ。修了式のときに生徒全員でミャンマーの歌 Mya Nandar を歌うことになった。この歌はテンジャン(水かけ祭り)の有名な歌で、ミャンマー人なら誰でも知っているという。女性陣は踊りも習っていた。28日はどうなることやら。

    Mya Nandar の踊り

    Mya Nandar の踊りを練習する女性陣

     授業が終わった後、先生たちと生徒たちとですぐ近くの喫茶店でブランチを食べることになった。わいわいがやがや、楽しい食事が終わった。この場は生徒たちのおごりということになったが、多勢に無勢で韓国人生徒たちに押し切られ、私はたったの2,000Ksという、家計簿にやさしい支払いになってしまった。

    大学内の喫茶店

    ミャンマー語クラスのすぐ近くにある、大学内の喫茶店。先生と生徒たち。

     さて、今日は今まで紹介できなかったものを書きたい。今日は、オリジナル料理から。

     ヤンゴン冷麺

    •  冷やし蕎麦の汁
    • マーラーヒンの麺
    • 玉子焼き
    • きゅうり
    • アスパラガス
    • トマト
    • ジューミィッ
    ヤンゴン冷麺

    オリジナル?、「ヤンゴン冷麺」。マーラーヒンの麺の原料は?

     オリジナルといっても、普通の冷やし蕎麦の麺をマーラーヒンの麺に変え、ジューミィッを加えただけなので、オリジナルと言っていいものか微妙だ。でもこれはうまかった。暑いときには冷やし蕎麦のさっぱりした汁にマーラーヒンのつるつるでコシのある麺、ジューミィッの大人の辛さがピリッとして素晴らしい味のハーモニーだ。日本で作る場合はマーラーヒンの麺の代替品として韓国冷麺(または盛岡冷麺)の麺がぴったりだ。

    この韓国冷麺の麺にそっくりなマーラーヒンの麺、つるつるで非常にコシがある。何から作っているんだろう? 今、ミャンマー人の友人に確認中なので分かったら報告したい。

  • スーパーマーケットでお釣りをキャンディーでくれることがよくある。

     3月25日の家計簿(為替レート 1円=9.455チャット)

    1. タクシー(ヤンゴン大学往復) 4,000Ks
    2. Taw Win Center のスーパー Orange にて買い物 10,700Ks
      • 牛乳 1L 1,100Ks
      • ヨーグルト 1L 1,600Ks
      • アイスクリーム(Hawaii)500cc x2 4,500Ks
      •  鶏むね肉 344g 2,081Ks
      • アボガド x2 1,400Ks
    3. サイカー(Taw Win Center から帰宅) 700Ks + 300Ks(チップ)

    合計 15,700Ks(1,660円)

     大学の帰りに近くのスーパーマーケット、Orange に寄った。レジでお釣りを待っていると、お金と一緒にキャンディーがひとつ。このキャンディーもお釣りだ。ミャンマーの小額紙幣は1Ks札、5Ks札、10Ks札、50Ks、100Ksなどがあるが、たくさん出回っているのは100Ks以上で、50Ksは時々見かける。でも、10Ks札以下はほとんど見ない。だから、スーパーなどの値付けを見るとほとんどが100Ks単位になっている。でも、肉など重さで値付けられているものだと、どうしても端数が出てしまう。

    今日の買い物

    これが今日の買い物。鶏肉の上にあるのが問題のお釣りキャンディー。
    左下には、試供品でもらったOMOという洗剤。

    そんなときに活躍するのがキャンディーだ。レシートを見ると、”1 PCS Money (20) 20″ というのがある。これがどうもキャンディーのようだ。キャンディーが1個20Ksの Money という名の商品になった。また、お釣りは 4,298Ks となっているが、実際にくれたお釣りは4,300Ksだ。20Ksのキャンディーを買わされ、2Ksはサービスしてくれた。「買わされ」と書いたが、実際には「20Ksのお釣りの代わりにキャンディーでもいい?」と、レジのお姉さんは聞いてきた。

    スーパーorengeのレシート

    これがレシート。”1 PCS Money (20) 20″ が、お釣りとしたもらったキャンディー。

     日本では考えられないこのいい加減さ、最初は驚いたが、慣れるとこっちのほうがいい。財布の中が使わない1チャット札でいっぱいになることが防げることができる。そういや、日本じゃお釣りでもらった1円玉や5円玉が机の中にたくさん溜まっていた。

     帰りはひさしぶりにサイカーに乗った。ヤンゴンでサイカーに乗るチャンスはあまりない。主要道路は2輪車通行禁止になっているので、サイカーも走れない。法的に走れたとしても、車がビュンビュン走っている道路をサイカーに乗る勇気もないが。

    ひさしぶりに乗ったサイカー

    ひさしぶりに乗ったサイカー。

     Taw Win Center から U Wisara 団地まで歩いて15分くらい。普通は歩いているのだが3月末となるとかなり暑い。36度くらいか。ひさしぶりに乗ってみようという気になった。ドライバーは52歳で地元生まれの地元育ち。このあたりの風景もガラッと変わったと言っていた。近くのロシア大使館だけは昔からあるとのこと。アパートまで7~8分くらいで着いた。サイカー代は700Ksだったのだが、写真を撮ったことだし1,000Ks渡した。1,000Ksだとタクシーと変わらない。変わらないが、近距離だとサイカーのほうが乗っていて気持ちがいい。

     今回買った中でひさしぶりなのがアイスクリームだ。先月までけっこう買っていたが、家計簿を付けるようになって自重していた。贅沢品に思えたのと、アイスクリームばかり買っていることがばれると、ちょっと恥ずかしかったからだ。でも、暑さに我慢できずに買ってきた。

     今日買ったHawaiiブランドのアイスクリーム、実はコーサンカフェのオーナー岡本さんに教えてもらったブランドだ。以前コーサンカフェで最後に食べたアイスクリームがおいしかったので、彼に聞いたのだ。このHawaiiは日本では買えない。Made in Myanmarだ。

    Hawaiiブランドのアイスクリーム

    Made in Myanmar、Hawaiiブランドのアイスクリーム。これはバニラで500cc。

     ミャンマーでは大きなカップで売っているアイスクリームだと、タイやマレーシア製が多い。値段もHawaiiより安い。でも、味や舌触りはだいぶ落ちる。後味が悪くなるような甘さだし、香料や増量剤、増粘剤がたくさん入っているのが分かる。ハーゲンダッツなどの有名アイスクリームも売っている。ヤンゴンでは買ったことはないが、たぶん味は日本で買うのと同じ。値段も同じなので、ヤンゴン生活者の私としては手が出せない。

     そこでこのHawaiiだ。味はハーゲンダッツよりうまいのではと思うくらいだ。舌触りはハーゲンダッツや日本の高いアイスクリームの滑らかさには若干劣る。しかし、牛乳の味が濃厚でアイスクリームとしてのシンプルな素材が詰まっている感じだ。

    トゥッティ・アイスクリーム

    トゥッティ・アイスクリーム。ナッツ類とのバランスが絶妙。

     種類は、バニラ、トゥッティ、チョコレート、ストロベリー、ドリアンがある。お勧めなのはバニラとトゥッティだ。アイスクリームの王道のバニラは外せないしHawaiiのバニラは濃厚でうまい! トゥッティという単語自体知らなかったのだが、Hawaiiのトゥッティはナッツとアイスクリームの味のバランスが抜群で食感の変化も味わえる。チョコレートとストロベリーはいまいち。私はドリアンはあまり好きじゃないのでドリアンは評価外だが、ドリアン好きの人にはいいのかも。

  • いつもおごられてばかりの私だったが、今日は珍しくおごる方だった。

    3月24日の家計簿(為替レート 1円=9.456チャット)

    1. 写真プリント (4×6インチ) 14枚 1,000Ks
    2. 隣りの雑貨屋で買い物
      • ポテトチップス 500Ks
      • 食パン(5枚入り) 250Ks
    3. U Wisara 団地の市場で買い物
      • ニンニク 大4個 300Ks
    4. コーサンカフェ(Kosan Cafe)にてビール&食事 13,000Ks くらい
    5. タクシー (レーダン往復) 5,000Ks

    合計 20,050Ks(2,120円)

     土曜日に階下の家の子ども(1歳)の誕生日会に呼ばれた私は、お礼として写真を撮った。その写真のプリントを近くの写真屋さんで行った。写真屋さんは、徒歩5分くらいのところにあるイミグレのオフィスが入っているビルの1階だ。

    写真屋

    近くの写真屋

     4×6インチの写真、日本だとキングサイズ?の大きさが1枚80Ksだから日本よりは安い。写真プリントの機械を見せてもらったら、富士フィルムのフロンティアを使っていた。日本のラボでも使っているちゃんとした機械だ。出来上がったプリントを見ると、十分きれいだった。

     夜はレーダンのコーサンカフェに行き、Iさんとビール&食事だった。レーダンはすぐ近くにヤンゴン大学があるので、若者がたくさん来る場所だ。ヤンゴン大学のレーダンキャンパスが去年から復活したので、レーダンもよりいっそう賑やかになった。特にU Tun Lin Chan 通りは原宿かカオサンかという雰囲気だ。

    U Tun Lin Chan 通り

    U Tun Lin Chan 通りは、ヤンゴンの原宿、カオサン通り。

     その通りにあるのが日本人オーナーのコーサンカフェ(Kosan Cafe)。この店はまるでカオサンのカフェ。音楽もレゲエが流れている。中でビールを飲んでいるとどこにいるか分からなくなってしまう。この店のすごいところは、値段が安い。モヒート(mojito)なんか、800Ksで飲める。つまみも1,000Ks以下がたくさん。そのおかげか、客はミャンマー人の若者が多い。彼らはほとんどジーンズを履いているので、ロンジーをはいた私などはちょっと浮いてしまう。

    コーサンカフェ(KOSAN Cafe)

    バンコクのカオサンに来たかのようなコーサンカフェ(KOSAN Cafe)。

     今日は二人でビール4本につまみ5品で13,000Ksばかり。ミャンマーローカルの中で安目の店よりも安いくらいだ。不動産が高騰しているヤンゴンでこの値段で経営しているとは、オーナーのOさんには敬服する。

    コーサンカフェ(KOSAN Cafe)

    シメに食べたコーサン・フライドライス。今日は珍しく私のおごりだった。

     

  • 一人で食事のときはほとんど自炊だったが、今日はひさしぶりに一人で外食にした。 

    3月21日の家計簿(為替レート 1円=9.448チャット)

    1. バス(ヤンゴン大学往復) 400Ks
    2. タクシー(サンチャウンの小籠包の店へ) 2,000Ks
    3. タクシー(小籠包の店からK氏の家へ) 3,000Ks
    4. タクシー(K氏の家から帰宅。2人で割り勘) 1,000Ks
    5. 昼食(ナンジートウッ) 700Ks
    6. 電話カード x2 20,000Ks
    7. 小籠包の店でテイクアウト(20%引き) 7,200Ks
      • 小籠包豚 8個 3,000Ks
      • 小籠包蟹 8個 4,000Ks
      • 素菜蒸し餃子 8個 2,000Ks

     合計 34,300Ks(3,630円)

     最近は、一人での食事のときはほぼ自炊だ。ブログでは友人との外食の写真をよく載せるので、グルメの生活をしていると間違って思う人がいるかもしれないが、いつもは質素な食事だ。蕎麦やスパゲッティまたは、白ご飯にシャンらっきょうだけといった食事が多い。

     しかし、毎日同じパターンだと面白くない。今日の昼食はすぐ近くのカウスエの店(麺類の店)に行った。その店は徒歩1分ほどの所にある。同じ団地の別棟だ。ここ U Wisara(ウー ウィザラ)団地では、1階の家は勝手に庭の部分に利用している。これは1階の役得のようなもので、部屋を拡張してそこを店にしたりしている。このカウスエ屋も1階拡張版だった。

    カウスエ屋

    1階の爺館の庭を潰してカウスエ屋にしている

     午後3時、一番暑い頃に店に入ったが、誰もいない。まず、この時間は人通りが少ない。36度くらいあるのでしょうがない。夕方にならないと人が外に出てこないのだ。奥のキッチに声をかけるとおばちゃんが出てきた。

    「バモーミシェは売り切れだよ」

    この店の一番人気が終わってしまったので、ナンジートウッを食べることにした。ミャンマーの麺はモヒンガのようにコシがない麺が多いが、ナンジートウッの麺はモッチリプリプリの麺でコシもある。茹でた麺を鶏肉やきな粉や唐辛子や魚醤やココナッツミルクなどで和えた一品だ。マイルドだがピリッとして奥行きのある味。おばちゃんと「暑いねえ」などと話をしながらおいしくいただいた。外で一人で食べるとビルマ語の練習にもなっていい。ビルマ語会話実践講座付きで昼食700Ksは安い。

    ナンジートウッ

    コシのある麺ときな粉が特濃付のナンジートウッ。

     夜はKさん宅で食事会となった。持ち込みの一品として、例の小籠包の店から小籠包と餃子を買っていった。小籠包はうまかったが、やはり出来たてのアツアツには敗ける。食事会の参加者は全部で8名。ヤンゴンに留学中の若手研究者のホープ石川さんもいたので、アカデミックな話で盛り上がりあっという間に時間が過ぎていった。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad