• やってしまった。自分で自分を部屋から閉めだしてしまった。鍵は部屋の中、どうする?

     3月20日の家計簿(為替レート 1円=9.393チャット)

    1. タクシー(ヤンゴン大学へ) 2,000Ks
    2. バス(ヤンゴン大学から帰宅) 200Ks
    3. タクシー(鍵屋2往復) 5,000Ks
    4. タクシー(エーチャンダーホテル往復) 5,000Ks
    5. 鍵HELP代 5,000Ks
    6. 鍵コピー x2 1,000Ks

     合計 18,200Ks(1,938円)

     いつものように朝7時すぎに部屋を出て南京錠の鍵をかけようとする。あれ?鍵がない。そうだ、部屋の中だ。あれ?今、ドアをロックしたまま閉めたんだ。 中に入れない!

     部屋の鍵はドアノブの鍵と南京錠と二つかけている。ドアノブは内側からロックするタイプで、外からは鍵を回してもロックできない。ということで、いつもは鍵を持ってでて、ドアノブのロックをしてドアを閉める。その後に南京錠をかけるというようにしている。でも、今日はボケていた(いつもボケているという声もあるが)。鍵を持って出ずにドアのロックをしてしまったのだ。でも、大学へ行く時間だ。しょうがない。ということで、とりあえずタクシーで大学へ向かった。

     さて、帰ってきた。どうしたものか。1階の雑貨屋のゾーさんに相談する。

    「ラタ・ランの鍵屋にいくしかないな」

    ということで、二人してタクシーで向かった。その鍵屋はラタ通りとマハーバンドゥーラの交差点の角に小さな露天を出していた。ゾーさんが半分も説明しないうちに、鍵屋のオヤジが動き出した。

    「行くぞっ!」

    店番の息子に何やら指示をし、必要な道具を持って歩きだした。行くぞっ!と言ってからものの15秒も経ってない。

     我が家に着くと、何も言わずに速攻で動き出した。と、思ったら、あれっ? もう開いた? ものの15秒も経ってない。オヤジは名人だった。それに、すごい早業だ。写真を撮ろうと、カメラを用意している間に開けてしまった。しょうがないので、再現ビデオよろしく、開ける格好してもらって写真を撮った。

    鍵名人

    鍵名人はものの15秒で鍵を開けてしまった。

    撮り終わるとすぐに、

    「帰るぞっ!」

    私は鍵のコピーを作るので、また彼と一緒に店に行かなけれいけない。駆け足で彼の後を追っかけた。

     ミャンマー人は他の東南アジアと同じで総じて動作がスローでのんびりしている。よく言うと、優雅だ。けど、彼は速い。私が今まで会ったミャンマー人で一番速い。香港人より確実に速い。彼だったらソマリランド(高野秀行さんの『謎の独立国家ソマリランド』に、超速ソマリ人の話が出ている)でも生きていけるかもしれない。

     ウー・サンジェインはこの場所で鍵屋を始めて25年経つ。私のように「助けてくれ」と彼を頼ってくる人がたくさんいる。1週間で20人は来ているなと、本人の談だ。私のケースは簡単な鍵だったが、ずっと難しいものも多い。車のドアの鍵もよく頼まれるという。でも、「開かない鍵はない」と豪語する。

     鍵のコピーもよく客が来るそうだ。1日に20個以上のコピーをしているという。年代物の機械を回しながら、こちらもあっという間に作っていく。簡単な鍵は1個500Ksから、車の鍵で難しいものは5,000Ksくらになるものもある。と、話を聞いているうちに客がやってきた。また超速で作業を始めた。

    鍵名人の店

    鍵名人の店での働きぶりも速い。他の鍵屋の3倍のスピードはある。

    夕食は日本から到着したばかりのK氏と一緒にとることになった。シュエゴンダインの立体交差の先にあるホテルをとったK氏、近くのイタメシ屋に行こうと言う。男二人でイタメシ屋は恥ずかしい。それに、ヤンゴンのイタリアンはちょっと高そう。家計簿をつけている私としては反対したが、この付近には他に食べるところがないという。しょうがない、おごってもらうことにして、オヤジ二人でイタリアレストラン「ナポリ」に入った。

    イタリアンの「ナポリ」

    イタリアンレストラン「ナポリ」。
    シュエゴンダイン通り沿いの Nga Htat Gyi パゴダ の斜め向かいにある。

     新しくて小ぎれいな店だ。メニューを見ると、ヤンゴンのこの手の店としてはあまり高くはない。日本のサイゼリアと同じくらいだと、二人で納得した。私はよく自炊でスパゲッティを作っているので、普段自分じゃ作れないものということで、ドリアを頼んだ。K氏は奮発してパエリアだ。ドリアが3,500Ks、パエリアが5,000Ksはまさにサイゼリア。

    「ナポリ」のドリア

    生クリームをふんだんに使ったドリア。

     ドリアがやって来た。スプーンですくって一口。おおお、生クリームの濃厚な味が口に広がる。おごりだったので、うまさも倍増だ。

  •  大学からの帰り、ひさしぶりに団地内の八百屋で買い物をした。

     3月19日の家計簿(為替レート 1円=9.401チャット)

    1. バス(ヤンゴン大学往復) 400Ks
    2. U Wisara団地内の市場で買い物(メモを無くしたため、間違いがあるかも)
      • バナナ(フガピョーチンディー18本) 1,000Ks
      • カズンユエ(空芯菜) 200Ks 
      • トマト 800g 300Ks
      • きゅうり 小4本 200Ks
      • アスパラガス 長さ25cmが10本 1500Ks
      • ライム 3個 500Ks
      • ジューミィ 100Ks
      • モウニンチン 200Ks
      • 豆腐 100Ks

      合計 4,500Ks(479円)

     野菜をたくさん買った。市場のおばちゃんから、独り者がそんなに買ってどうするんだとからかわれてしまった。

    市場で買った野菜

    市場で買った野菜。全部で4,100Ks。

    まず、野菜ではないがバナナから。このバナナ、普通のバナナとちょっと違う。短いのだ。ミャンマーではフガピョーチンディーと呼ばれているバナナで、日本と同じような普通のバナナはフガピョーディー・ティームエという。フガピョーディーはバナナの一般名詞で、チンはすっぱい。すっぱいバナナという名前だ。このバナナの皮は薄いので、短くても量はけっこうある。食べるとちょっと硬くてねっとりしている。それに名前の通り、酸味がちょっとある。普通のバナナより、野性的でずっしりとくる。このバナナを食べ慣れると、普通のバナナは上品すぎて物足りないかもしれない。

     次はカズンユエ、中国語だと空芯菜だ。中国南部から東南アジアにかけて、一番ポピュラーな野菜だ。昔は20~30円も出せば一抱えほど買えた覚えがあるのだが、最近はちょっと高くなった。それでも安いが。

     次はトマト。1年位前ここで売っていたトマトは今よりかなり小さかった。トマトを買うたびに前より大きくなっているような気がするくらいだ。おばさんに聞くと、昔はインレー湖のトマトだったが最近はヤンゴン郊外で作っているからだと言う。それを聞いた後ろの店のおばちゃん、

    「化学肥料をたくさんあげているからだよ」

    と、笑いながら言った。あまり笑い事でもないが、こっちのほうが説得力がある。私は品種が違ってきたのではと思うが、どうなんだろう。

     次はきゅうり。いつも買っているのは小さなきゅうりだが、同じような品種で大きなきゅうりもある。小さいほうが独り者としては使い安いし、うまい。ミャンマーのきゅうりは水っぽすぎてスカスカした感じだ。中心部がトマトの中のようによりトロッとしていてよけいに水っぽい。大きなほうのきゅうりだとトロッの部分にある種の存在感がすごい。はっきりいって、きゅうりはあまりうまくない。日本語を教えている生徒が去年仕事で初めて日本に行った。

    「日本で何がおいしかった?」
    「きゅうり!!」

    と、彼女は答えた。たしかに日本のきゅうりのほうがうまい。最近、シティーマートでたまに日本と同じと思える品種のきゅうりが売られるようになった。といっても、1年半で2回しか見てないが。

     次はアスパラガス。アスパラガスはミャンマーではそれほどメジャーではない。そのせいなのか、ちょっと高め。見た目、取り入れがちょっと早すぎるのではという感じだ。

     次はライム。ミャンマーではなぜかレモンよりもライムがずっと多い。ライムはそこら中にあるのに、レモンはあまり見かけない。ライムはジュースにするとさっぱりしてうまい。いつも買っているから値段にも敏感になってきた。今日の3個500Ksは高い! 1週間ほど前は4個500Ksだった。その前は5個で500Ksだ。そう、1個100Ksがヤンゴンでの適正価格だと思っている。おばちゃん曰く、暑くなってきたから、買う人が増えて仕入れが高くなったそうだ。でも、シティーマートなどのスーパーでは5個500Ksとか400Ksで売っている。そう、スーパーのほうが安いのだ。

     スーパーのほうが安いというのは、ライムだけではない。他の野菜や果物や肉などでもそうだ。ミャンマーでのスーパーというとまだ高級というイメージがある。デパ地下みたいなものだ。でも、実際にはスーパーのほうが安いという価格の逆転現象が起きている。ただ、市場といってもいろんな市場がある。規模の大きな市場のほうが安く。この団地内の市場のような小規模な市場のほうが一般的には高い。特にここ U Wisara はそこそこお金がある人たちが多い地域なので、より高いのかもしれない。でも、買い物自体は市場のほうがずっと楽しいので、市場にあるものはできるだけ市場で買うようにしている。

     次はジューミィ。写真では白いひょろひょろした根っこ。これを生で食べたり、スープの中に入っていたりする。味はカブに似ている。そう、あのカブにひょろっと生えている根っこに食感も味も近い。注意しないといけないのは発音。ジューミィだ。決してジューミと言ってはいけない。私はミャンマー人から大笑いされてしまった。

     次はモウニンチン。いつもシャンの店に行くとよく出てくる、古漬けの高菜にそっくりなモウニンチンと思って買ったのだが、どうも違ったようだ。同じモウニンチンだが、チェッマサインと言われる種類のようだ。これは、スープの中に入れるという。酸っぱいスープはあまり好きじゃないので、別の料理法を考えてみよう。

     最後に豆腐。スーパーに行けば Japan Tofu も売っているが、今日は市場に売っている豆腐を買ってみた。しっかり水切りした木綿豆腐だ。切っても全く型崩れしない。生のままちょっと食べてみた。ちょっと酸味が・・・。もしかして腐り始め?

  • 全部で24,110チャット。ちょっと使いすぎ。というのも、コーヒー豆のまとめ買いとシティーマートで買い物をしたせいだ。

     3月18日の家計簿(為替レート 1円=9.468チャット)

    1.  バス(ヤンゴン大学へ) 200Ks
    2. タクシー(ヤンゴン大学からマーケットプレイス) 1,500Ks
    3. タクシー(マーケットプレイスから帰宅) 2,000Ks
    4. マーケットプレイス内のアーナンダにてコーヒー豆 200g x3 7,500Ks
    5. マーケットプレイスのシティーマートで買い物 12,110Ks
      • シャン米 2Kg 2,800Ks
      • 牛乳 1L 1,220Ks
      • キッコーマン醤油 600cc 3,100Ks
      • そば(たてごと) 200g x3 1,890Ks
      • アボガド x2 700Ks
      • 茶碗 x2 2,400Ks

      合計 24,110Ks(2,546円)

     今日はコーヒー豆がなくなりそうになったので、大学の授業が終わった後、マーケットプレイスへ寄った。マーケットプレイスの1階にあるコーヒーショップ「アーナンダ」でいつもコーヒー豆を買っている。

     マーケットプレイスの2階にはシティーマートがある。ここのシティーマートがヤンゴンでは一番大きくてセレブご用達になっているので、外国人客も多い。日本食材もここが一番種類がそろっている。セレブではない私は、いつも値段を見ながら用心して買っている。

    マーケットプレス

    シンガポール大使館の近くにある、マーケットプレイス

    そう、マーケットプレイスのシティーマートといえば、こんな経験をした。ヤンゴンに移住してきて間もない1年半ほど前、初めてマーケットプレイスのシティーマートにやってきた。おおお、すごい! いつも行っていた東京の小岩にあるイトーヨーカドーよりもずっと洗練されていた。それまで知っていたミャンマーとは全く別世界だった。お上りさん状態の私は、記念に写真を2枚とり、3枚目を撮ろうとした時だ。警備員がやってきて、撮影禁止だという。ええええっ、普通のスーパーで撮影禁止?? 軍事政権時代でもこんなことはなかった。それに、既に撮影した2枚も消せという。有無を言わせぬ態度に私も諦めて警備員の見てる前で2枚消した。警備員曰く、シティーマートはどこでも撮影禁止だ。

    後で友人のミャンマー人に聞いたところ、日本人で事務所まで連れて行かれて事情を聞かれた人もいるそうだ。撮影禁止はシティーマートだけでなく、他のショッピングセンターや店などでもある。民主化されてビジネス競争も厳しくなり、真似をするところが増えたんだろう。民主化の影響が意外なところに現れていた。ということで、シティーマート内部の写真は全然持ってない。

    アーナンダのコーヒー豆

    マーケットプレイスにあるコーヒショップ、アーナンダで購入したコーヒー豆。
    アーナンダカードでスタンプ10個集まり、1袋サービスでもらった

     

    今日の購入品

    シティーマートで買った品々。

     この間買ったシャン米は1Kgだけで、もうなくなりそうなので、今日はいつも買っているブランドの2Kgを買った。キッコーマン醤油はヤンゴンでもメジャーでちょっとしたスーパーには大体置いている。キッコーマン醤油は海外生産なのであまり高くないが、日本から輸入している日本食材は当然日本よりもだいぶ高い。そういうのは、極力買わないようにしている。

     そこでソバだ。この「たてごと」は200g入りで610Ks。けっこういける。ソバ自体ミャンマー産で、シャン州のコーカン地区の麻薬代替作物としてJICAがサポートしている。このプロジェクト、いろいろと問題があるようだが、「たてごと」については素晴らしい。ヤンゴンで安くおいしい蕎麦が食べられるのだから。少なくても、同じシティーマートに置いている日本から来た3,000Ksや4,000Ksする蕎麦よりもおいしい。

     蕎麦といえば思い出した。ミャンマー人の友人の勧めである蕎麦を買った。たしか、200g入りで2,000Ksぐらいだと思う。パッケージには日本語と英語で書かれていたので、てっきり日本のメーカーが海外生産したものだと思った。見た目麺が細いが色は蕎麦そのものだ。早速帰って食べてみて驚いた。蕎麦じゃなくそうめんだったのだ。

     パッケージをよく見ると、韓国メーカーだった。別に日本食材を韓国メーカーが作っても構わない。でも、日本製と勘違いさせるようなパッケージはどうかと思う。それに、作るなら本当のソバを作ってほしい。あれじゃ、蕎麦をそうめんと勘違いしてします。海苔巻き用の海苔などは、同じく日本語が書かれているが味は日本の海苔と大差ない。値段は韓国製のほうがずっと安いので、私はよく買っている。

     ちょっと話が横にそれた。「たてごと」だ。昼飯はざる蕎麦にすることにした。この「たてごと」は、表示時間よりも若干短めで茹でるのがコツだ。6~7分と書いているが、私はいつも5分半にしている。茹で上がって冷ましたソバをミャンマーの手製のざるに盛った。こした手製のざる、最近はヤンゴンではあまり見かけない。安いプラスチック製に変わってしまった。これは、パヤープエ(パゴダ祭り)のときの出店で買ったものだ。

    ヤンゴン蕎麦

    手製ざるに入れたコーカン蕎麦、たてごと。

     最後に、韓国製の海苔を載せて出来上がり。蕎麦つゆはいつも作りおきしている。日本の友人が送ってくれたダシとキッコーマン醤油と味醂だ。

    ざる蕎麦のできあがり

    海苔を載せてヤンゴンざる蕎麦のできあがり。

    気温35度で食べるざる蕎麦は格別だ。最後にそば湯をかけようと思ったが。そば湯を全部捨ててしまっていた。これも35度の暑さのせいか。来月、気温40度になったら何もかも忘れてしまいそうだ。

  • 月曜日は授業もないし、食事はあり合わせで作り、買い物にも行かなかったの今日は支出ゼロ。

     3月17日の家計簿(為替レート 1円=9.474チャット)

     何もなし

     合計 0Ks(0円)

     これで終わろうと思ったが、これだけで終わる勇気がないので、家計簿とは関係ない話題をひとつ。最近話題の電子書籍だ。

     一昨年ヤンゴンに移住してくる時に本はほとんど持ってこなかった。というのも、業者に頼んで全てスキャンしてPDFファイルにしたからだ。本は全部で3百冊以上あったが、ほとんど全部スキャンした。ということで、三百数十冊の本が41GBのデータになり、ハードディスクの中におさまった。その中のうちよく見る本はiPadの中に入れて電子書籍となった。

    iPadに入れた電子書籍

    iPadに入れたミャンマー関係の電子書籍。左上がビルマ語辞典。

     読むだけだったらやはり紙のほうが読みやすい。でも、電子書籍化するとすごいことができるようになる。特に辞書だ。ビルマ語日本語辞書として、大野先生・原田先生の1万円の辞書を持っている(実は、昔ヤンゴンで売っていた古本を1,000円程度で買った)。全部で650ページもあるので、いつも持ち運ぶわけにはいかない。でも、iPadさえ持っていればいつでもどこでも見ることができる。もちろん、iPadじゃなくてAndroidタブレットでもいい。

     もうひとつが検索だ。PDF化して電子書籍にすると、日本語ビルマ語辞書としても使えるのだ。iPadのブックリーダーの機能に検索がある。好きな語句を検索できる。単に本をスキャンしてPDF化するだけだと検索できない。このPDFデータをOCR化するとテキストになるのだ。テキスト化すると後は自由に検索できるようになる。OCRのテキスト化は100%完全ではない(95%くらい?)が、普通に使える。ただ、私のiPadがちょっと古い(2012年発売)ので、検索するのに1分ほどかかる。最新のiPadなら15秒程度で検索完了だ。

    辞書を検索

    検索機能を使って「辞書」を検索。

     

    「辞書」が見つかった

    「辞書」が見つかった。左ページ最下部、黄色でマーキング。

    この検索機能は非常に便利だ。例文に使っている文字なども検索できる。これで紙の辞書には戻ろうとは絶対に思わない。まあ、元の紙の辞書はスキャン業者が処分したので戻りたくても戻れないのだが。

  • 今日、ゴミ出しをした。そこで気になるのがヤンゴンのゴミ袋。ちょっと調べてみた。

     3月15日の家計簿(為替レート 1円=9.521チャット)

    1.  コカ・コーラ 425ml x2 600Ks

      合計 600Ks(63円)

     ミャンマーでコーラというと、ほんのちょっと前までスター・コーラのことだった。それがいつの間にかコカ・コーラになった。この425mlのコカ・コーラ、キャンペーン中で300Ks。コカ・コーラにのボトルにビルマ語が書かれる日が来ようとは、3年前まで誰も信じてなかった。変わるときは変わるんだと、コカ・コーラのラベルを見ながらしみじみと思った。

    コカ・コーラ

    「おいしい、爽やかになる」とキャッチフレーズのコカコーラ。425mlで300チャット

     さて、2日前に買ったゴミ袋だ。実はヤンゴンで売られているゴミ袋は2種類ある。ひとつは青色、もうひとつがこの緑色だ。日本の「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」のように、ヤンゴンでもゴミを分別するためにこの2種類があると以前聞いた。でも、どういうように分けているのかよく分からない。そこで、スーパーの店員に聞くとやはり分からない。彼女はそこにいた同僚3人にも聞いていたが誰も知らない。

    「ちょっと待って、上司に聞いてくる」
    と言ったまま、どこかへ行ってしまった。5分ほどして戻ってきた彼女は、
    「青がプラスチックや金属で、緑がその他のものなの」
    と自信たっぷりに言った。紙はと聞くと、緑と答えた。どうも、緑が燃えるゴミで青が燃えないゴミのようだ。店員の彼女を信じて私は緑色の袋を買った。

    ヤンゴンの緑のゴミ袋

    燃えるゴミはこっちということで買ったのが緑色の袋。50枚で1,300チャット。

     団地に帰って、周りの人たちにも聞いてみた。

    「青が濡れたゴミで、緑が乾いたゴミ」
    「違うよ反対だよ」
    「そんなの誰も知らないし、ゴミを分けちゃいないよ」
    「私はいつも黒の袋を使ってるよ」

    みんな言うことがてんでバラバラ、よく分からない。友人数人に電話で聞いてもよく分からない。全部で10名ほどの人たちに聞いて明らかになったことというと、

    • 1~2年前にヤンゴン市がゴミの分別を決めて、一時テレビで放送していた。
    • アソー(濡れたもの)とアチャウ(乾いたもの)に分ける計画だった。
    • 誰も従わなかったので、今では分別をやってないし誰も気にしてない。
    • 市が決めたゴミ袋を買う人は今ではほとんどいない。
    • だから青と緑でどう違うか知っている人は非常に少ない。

     ということらしい。だからスーパーに行ってもゴミ袋売り場は目立たないし、見つけても埃がかぶっていて売る気ゼロのような状態だ。こうして、ヤンゴン市のゴミ分別作戦は大失敗に終わった。

     そうそう、買ったゴミ袋をよく見ると(よく見なくてもだが)中に説明書きがあったではないか。それを翻訳してみた。

    ゴミ袋の注意書き

    ゴミ袋に注意書きがちゃんとあった。

     乾いたゴミ

    1. プラスチック袋、コルク箱、紙箱、紙袋
    2. 竹で編んだ壁、ニッパヤシ、木切れ、蛍光灯、電球、
    3. 割れたコップ、割れたビン、布切れ、陶磁器、割れた陶器
    4. ケーブルワイヤの切れ端、壊れた人形、壊れた機器

     緑の袋は生ごみ以外の乾燥したゴミのようだ。紙も入っているし、木片もある。やはり、燃える燃えないは関係ないらしい。ということは、スーパーの店員が言ったのは正確ではなかった。今度は青色のゴミ袋の説明書きを見てこよう。それにしても、なんで燃える燃えないで分けなくて、生ごみを別にしたのか。バイオのガス発電でも考えていたんだろうか?

    とことろで、私の住んでいる団地では何箇所か大きなゴミ箱を置いていて、そこに住人が自分たちのゴミを捨てにくる。ゴミの収集には毎朝やってくるので、朝行くとだいたい空になっている。そして、日本にない素晴らしいシステムがひとつあった。

     ビンやペットボトル、ダンボールなどの資源ごみ、テレビなどの電気製品をいつでも捨ててだいじょうぶだ。そう、民間のごみ収集業者(人)がやってきて勝手に分別し、勝手に持って行っている。リヤカーを引いてゴミ箱巡りをしている人たちだ。「勝手に民営化」で実はゴミ分別が一部実現していた。

    ゴミ出し1

    さあ、ゴミ出しに行くぞ!

     

    ゴミ出し2

    暑くて生ゴミが臭う。ポリ容器集めの人が不思議そうにこちらを見ている。

     

    ゴミ出し3

    ゴミ箱に着いた。午前中なので、まだゴミが少ない。

     

    ヤンゴン市のゴミ箱

    堂々としたヤンゴン市のゴミ箱。何を捨ててもいい。YCDCはYangon City Development Committee の略で、一般的にヤンゴン市のことを指す。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad