• 8年ほど前、土橋先生とナガに一緒に行ったとき、

    「ンガーの発音をもう一度」

    と、私のビルマ語の発音にダメ出しされた。数字の5も魚も ンガー なのでビルマ語ではよく出てくる発音だ。ンガー、ンガー、ンガーと反復練習をしながらナガの山道を私は歩いた。ちょっと息が苦しいときのほうが、このンガーの発音はうまくいく。いつもは優しい土橋先生だが、ビルマ語の発音には厳しかった。

    戦後日本人として初めてミャンマーに留学したのが土橋先生だ。それも「ビルマ政府の国費留学生」だ。そんな土橋先生が最近出したのが、「ミャンマー こんなとき何て言う?」というこの語学本だ。この本は他の語学学習書にない特徴がふたつある。

    「ミャンマー こんなとき何て言う?」

    「ミャンマー こんなとき何て言う?」

    ひとつは発音用の文字。一般的には、発音記号, ローマ字, カタカナ などで書いている本が多いが、この本ではできるだけ本物の発音ができるようにカタカナに工夫している。カタカナ版発音記号だ。たとえば、「どこへ行くの?」は、「ベート゜ゥワー:マレ゜ー」だ。この変なカタカナが正確な発音のキモになる。普通のカタカナやローマ字だと正確な発音は表記できないし、一般的な発音記号だと、日本人には親しみにくい。それで生まれたのが、この変なカタカナだ。ちなみに私が苦労したンガーは「ガー:」だ。これで私もちゃんと発音できそうだ。

    もうひとつは、説明が非常に丁寧で本当の授業を受けているかのように感じる。一般的な語学書だと、例文があって解説、例文があって解説・・・・眠くなってしまう。でも、この本だと、例文があって、それにまつわる説明、いや、話が始まる。「おかず」からミャンマー料理の作り方にまで話が広がったり、「遊びに来てください」からミャンマーと日本の比較文化論的な話に広がったりする。本当の授業を受けているようで退屈しない。

    【目次】

    まえがき

    I はじめに
    1 ミャンマ一語って?
    2 基本文字と発音
    3 母音、声調、鼻音について
    4 身近なミャンマ一語

    II あいさつ
    5 最初のことばは?
    6 返事の仕方は?
    7 さようなら
    8 よびかけは?

    III 基本文型
    9 ご飯を召し上がれ
    10 ご飯たべますか?
    11 ご飯を食べないで
    12 おかずのいろいろ
    13 おいしい!
    14 食卓のマナー
    15 もったいない
    16 好きです
    17 飲み物、おやつ

    IV 市場で買い物
    18 楽しい市場歩き
    19 買い物をする

    V 空港で、ホテルで
    20 空港に着きました
    21 ホテルに着いたら
    22 身体の具合が
    23 おみやげを買う

    VI より深く知るために
    24 お祭り好き
    25 相手への気づかい
    26 慶弔のことば
    27 便利なことわざ
    28 祈念のことば
    29 ミャンマーの古い詩

    【附録1】おもな助詞一覧表
    【附録2】おもな助動調一覧表
    【附録3】方角・序数調・曜日など
    【附録4】こんな言葉も(単語集補足)
    【附録5】ミャンマ一語単語集

    「III 基本文型」の例文は全て食べ物に関するもの。やはり、何でも基本は食べるだ。これなら興味を失わずに基本文型を身につけることができる。その上、読み終わったらミャンマー料理を作れるようになる。

    私が気に入ったのが、【附録1,2】の助詞と助動詞の説明だ。ビルマ語と日本語は文法が似ていて、日本語の助詞や助動詞にあたるものがある。これを理解すると自分でいろんなビルマ語の言い回しがわかるようになる。初心者向けの語学書では助詞、助動詞を解説している本はあまりないので、これは貴重だ。

    ということで、お勧めのビルマ語学習書が増えた。他に私が持っている本の中で他にお勧めの語学本は、「エクスプレス ビルマ語」「現代ビルマ語入門」「旅の指さし会話帳 ミャンマー」だ。ただし、現代ビルマ語入門は絶版。ビルマ語関係の語学本も辞書もいろいろと持っているが、私のビルマ語はなかなか上達しない。

    ところで、この本の中にミャンマーの写真がたくさん載っている。実はこれらの写真は私の写真だ。モノクロで小さな写真だが、ミャンマーの雰囲気が多少でも感じてもらえればと思う。

    もちろん、私の写真があってもなくてもこの本はお勧めです。

  • ミャンマーの動物、自然を撮り続けている大西信吾さんの写真集『Mother of life, the river AYEYARWADY』が出た。ミャンマーの動物・自然に関する本で、これほど写真が豊富で解説も詳しい本は世界でも始めてだ。文章はミャンマー人と世界の多くの人たちにミャンマーの自然を知ってほしいということで、英語とビルマ語(ミャンマー語)で書かれている。

    Mother of life, the river AYEYARWADY

    大西信吾さんの写真集『Mother of life, the river AYEYARWADY 』

    大西さんは20年以上ミャンマーの動物・自然を撮り続けている。大西さんの話すミャンマーの動物や自然の話は抜群に面白い。特にゾウとワニについてはいつ聞いてもワクワクする。本当に動物が大好きな人だ。その大西さんの今までの活動の集大成ともいえるのがこの本だ。多くの写真と共に、英語とビルマ語で詳しい解説を載せている。学術的資料書としても貴重だ。

     目次

    Prefa 4
     Chapter 1. Origin of Great Flow 6
     Chapter 2. Fascinating Sister, CHINDWIN 16
     Chapter 3. Stage of Diverse Culture, AYEYARWADY mainstream 36
     Chapter 4. Unique Branches 84
     Chapter 5. In Obscure Deep Valley 114
     Chapter 6. Horizontal Green Delta 152
     Chapter 7. AYEYARWADY Symbolic Three Animals 168
     Chapter 8. Side of Modern Daysce 246
     Chapter 9. One Step toward Hopeful Future 258
     Chapter 10. Returning Place of Eternal Circulation 298
    Afterword 308
    Place of photographing on the book 314
    巨大ワニ

    イラワジデルタには、6mを超える巨大ワニがいる。

    この本、ヤンゴンではインワ・ブックストア、モニュメント・ブックス、ミャンマーブックセンターなどで扱っている。3/23日現在、インワ・ブックストアでは売り切れだったが、ミャンマー・ブックセンターでは在庫があった。値段は30,000Ks。

    日本ではまだ販売してないが、興味のある方は著者の大西さんに直接問い合わせるように。大西さんのブログはこちら。

    http://onishingo.blogspot.com/

    なお、3月26日に上野動物園で開かれる「第7回シンポジウム ゾウオロジー」で大西さんの発表がある。また、3月29日に高円寺の「Cafe & 雑貨ぽれやぁれ」で、大西さんの講演会がある。大西さんの話は非常に面白いので、東京近辺の方はぜひ行ってみてほしい。詳しいことは大西さんのブログをごらんください。

  • 月曜日は授業もないし、食事はあり合わせで作り、買い物にも行かなかったの今日は支出ゼロ。

     3月17日の家計簿(為替レート 1円=9.474チャット)

     何もなし

     合計 0Ks(0円)

     これで終わろうと思ったが、これだけで終わる勇気がないので、家計簿とは関係ない話題をひとつ。最近話題の電子書籍だ。

     一昨年ヤンゴンに移住してくる時に本はほとんど持ってこなかった。というのも、業者に頼んで全てスキャンしてPDFファイルにしたからだ。本は全部で3百冊以上あったが、ほとんど全部スキャンした。ということで、三百数十冊の本が41GBのデータになり、ハードディスクの中におさまった。その中のうちよく見る本はiPadの中に入れて電子書籍となった。

    iPadに入れた電子書籍

    iPadに入れたミャンマー関係の電子書籍。左上がビルマ語辞典。

     読むだけだったらやはり紙のほうが読みやすい。でも、電子書籍化するとすごいことができるようになる。特に辞書だ。ビルマ語日本語辞書として、大野先生・原田先生の1万円の辞書を持っている(実は、昔ヤンゴンで売っていた古本を1,000円程度で買った)。全部で650ページもあるので、いつも持ち運ぶわけにはいかない。でも、iPadさえ持っていればいつでもどこでも見ることができる。もちろん、iPadじゃなくてAndroidタブレットでもいい。

     もうひとつが検索だ。PDF化して電子書籍にすると、日本語ビルマ語辞書としても使えるのだ。iPadのブックリーダーの機能に検索がある。好きな語句を検索できる。単に本をスキャンしてPDF化するだけだと検索できない。このPDFデータをOCR化するとテキストになるのだ。テキスト化すると後は自由に検索できるようになる。OCRのテキスト化は100%完全ではない(95%くらい?)が、普通に使える。ただ、私のiPadがちょっと古い(2012年発売)ので、検索するのに1分ほどかかる。最新のiPadなら15秒程度で検索完了だ。

    辞書を検索

    検索機能を使って「辞書」を検索。

     

    「辞書」が見つかった

    「辞書」が見つかった。左ページ最下部、黄色でマーキング。

    この検索機能は非常に便利だ。例文に使っている文字なども検索できる。これで紙の辞書には戻ろうとは絶対に思わない。まあ、元の紙の辞書はスキャン業者が処分したので戻りたくても戻れないのだが。

  • ニンジアンエメフェナーボウンのつどう道」に続き、「ニンジアンエ」も一気に読んだ。古処さんの小説、なぜかビルマものだけタイトルにビルマ語が使われている。メフェナーボウン(仮面)にニンジアンエ(宣撫)。
     
    イギリスをビルマから追い出した日本軍、しばらくしてイギリス軍の反攻が始まる。後方撹乱のため、航空機を利用し小部隊をビルマ奥地まで送り込むウィンゲート旅団。日本軍は討伐作戦を開始した。この討伐作戦に従軍記者として美濃部が参加した。
     
    主人公である新聞記者の美濃部、ビルマ人宣撫用として桃太郎の紙芝居を作る奥山兵長、ビルマ語の達者な椚伍長、密偵として日本軍に協力するビルマ人のモンセン、ビルマ人を「腰布の人々」としか呼ばないイギリス人将校コーンウェル中尉、彼に従うインド人兵士たち。コーンウェル中尉とインド兵たちは捕虜となり、後方部隊へ後送することになった。その護送中、不可解なことが起こった。
     
    そう、この作品は「メフェナーボウンのつどう道」と対になっている。2冊とも読めばより理解が深まる。
     
    古処さんの本はテレビ的なメディアとは真逆の手法だ。話を単純化すれば分かりやすいし、そこに感動的なストーリーでも入れると面白い話ができあがる。しかし、古処さんの本には感動的なドラマも大きな声の主張も単純な善悪もない。真実に見える皮を一枚めくると、また違う真実が現れてくる。そしてまた一枚。
     
    古処さんのビルマ関係本を2冊読み終わり、ますますファンになってしまった。ノンフィクションの高野さん、小説の古処さん、ビルマ・ミャンマー本ではこのお二人は文句なしに面白い。
  • ビルマ戦線関連の本でこんな素晴らしい小説があるとは知らなかった。感動的ドラマや壮絶な戦闘シーンがあるわけではないが、読み終わった後にいろんな思いがさまよってしまう本だ。

    「はやく元気になりましょうね」
    ・・中略・・
    生と死の狭間にいたその兵隊を殺したのは、自分がかけた言葉だったと今は認めている。内地の新聞でもちあげられる看護婦は、期待に応えようと努めるほど弱っている患者を殺す。

    主人公である看護婦の静子の追想だ。生死をさまよっている兵士にやさしい言葉をかけると、兵士は安堵し死んでしまうのが現実の戦場だ。その中をラングーンからモールメインへ撤退する静子たち。ビルカンさんと呼ばれていたビルマ人看護婦のマイチャン、一行のリーダーとなる衛生下士官、見捨てるべき負傷兵を助けた静子の同僚看護婦、「助けられてしまった」負傷兵、全財産が入った重いリュックを担いだ慰安婦、幼い娘を連れた母親。

    メフェナーボウンとはビルマ語で仮面の意味だ。みんなそれぞれの立場があり、それに合った仮面をかぶっている。そんな仮面の人たちが、協力したり反発したり時々仮面が取れたりしながらモールメインへの道を進んでいく。

    作者の古処誠二さんは1970年生まれ、この本を書いたのが38才だ。30代でこの小説を書いたとは驚きだ。当時の資料を相当読み漁り、体験者の話を数多く聞いたに違いない。ただ、それだけではこの小説は書けない。本の中は1945年のビルマ、静子もマイチャンも兵士も慰安婦も1945年の人として考え行動している。古処さんは現代の価値観で彼らを語ろうとはしていない。それに、、、、

    いや止めとこう。私が下手な文章でうだうだと紹介するより手にとって読んでもらうのが一番だ。ミャンマーに興味のある人には絶対にお勧めだ。そういえば、古処さんの本でビルマ戦線関連がもう1冊あった。「ニンジアンエ」という小説だ。まだ読んでないが、これも読み終わったら紹介します。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad