• ついにこの日が来た。

    Google翻訳にビルマ語(ミャンマー語)が追加されたのだ。Googleからの公式メッセージはこちら。

    Google Translate – 10 More Languages with your Help

    これで何を書いているか分からなかったビルマ語の文章が読める! といっても、かなり変な翻訳だ。何について書いているのかはわかる程度だ。まあ、ビルマ語サポートは始まったばかり、そのうち精度は向上するだろう。本当は私のビルマ語能力が向上すればいいのだが・・・。

    こちらがGoogle翻訳のページ。
    https://translate.google.com/

    そのままだとビルマ語が出ていないので、ビルマ語をまず選択する。

    ビルマ語を選択する

    最初は日本語をビルマ語に翻訳してみた。まずは、定番のフレーズから。

    定番の翻訳

    おおお、出てきた。相手の呼び方がケミャーじゃなくてミンになっているのがなかなかしぶい。

    もちろん、文章だけではなく辞書代わりにも使える。動詞の場合は文章との関係がありちょっと微妙だが、名詞はかなり使える。

    辞書としても使える

    ただ、注意が必要だ。まず、ビルマ語フォントがインストールされていないパソコンだとビルマ語が表示できない。macの場合はOS X10.7以降からWindowsはWindows8から標準でビルマ語が入っている。スマホでも、Android4.5以降はビルマ語は入っている。

    もうひとつは、ちょっと深刻な問題。ビルマ語フォントの種類についてだ。macやWindowsに最初からインストールされているフォントはUnicodeに準拠したフォントで、Google翻訳でも問題なく表示できる。でも、多くのミャンマー人(95%以上?)が使っているのは世界標準のUnicodeではなく、Zawgyi-Oneという標準外のフォントを使っている。ということは、Google翻訳で翻訳したビルマ語をコピペしてミャンマー人に送っても、相手のパソコンでは文字化けして何が書いているか分からない。

    ミャンマーでは、Windows8やAndroid4.5が入ったパソコンやスマホを買ったら、勝手に店の人がUnicodeのビルマ語フォントを無効にしてZawgyi-Oneを入れてくれる場合が多い。これがお客へのサービスだと思っているからだ。こういうパソコンやスマホだと、Google翻訳のビルマ語が文字化けしてしまう。

    最後に、ミャンマー語の新聞を翻訳してみた。7Day Dayly のこの記事だ。

    http://7daydaily.com/story/26972#.VI0BHlesW44

    新聞記事を訳してみた

    左側のビルマ語、文字化けしている。7Day Daily のWEBサイトがZawgyi-Oneを使っているせいだ。ビルマ語のサイトはWikipediaなどを除き、多くはZawgyi-Oneを使っている。

    Google翻訳はこの文字化けしたZawgyi-Oneのビルマ語を自動的にUnicodeのビルマ語に変換して翻訳しているようだ。同じ文章を事前にUnicodeに変換したものと比較してみたが、だいたい同じような翻訳結果だった。

    20今年の警察のアクション」

     情報筋によるとミャンマーミャンマー警察Officeの下位20スタッフパージ制裁から2014年レベルの警察の船長、。

    ”ミッションは失敗し、弱い管理、道徳アクションセクションは”ネピドー警察大佐は語っている。

    20警察官の行動レベル、三ဒုရဲမှူးインスペクター6、道路、およびその他のステップで構成。

    せずに警察の強制追放の仲間入りを減らすために警察のスタッフ移行のローカルレベルはကိုကိုအောင်など警察官として、行動を取ることができた。

    ‘これは、モデルが良いスタッフを有することを意味する’。本当に有罪ものでなければなりません。我々はそれについてオープンで率直である必要があり、識別し、公にオープンした、”62歳の引退した政府を特徴とする。

    緊張火災、エスケープအချုပ်သား ဖုန်းကတ်作用によってなど、お金のための文書値を要求する。

    カエルの硫黄系薬物販売者の間にも、最後の11月は、ケース、逮捕を阻止するため、破損した力は、太陽に対して行動を起こす、コミットされた犯罪に関連した彼はそれがニュースにない警察のコミュニティを充電していない上、道路レベルの薬物警察の一つである。

    うーん、分かるような分からないような翻訳だ。私のビルマ語能力ではどれくらい正しいかは理解できない。日本語・英語のGoogle翻訳でも最初の頃はひどい翻訳だった。将来に期待しよう。

    たぶん、私のビルマ語の上達よりGoogleの上達のほうが早いだろう。

  • 日本で活躍するミャンマー人タレント、黒宮ニイナさんの本が出た。黒宮ニイナのミャンマー・ステイ 旅のフレーズ&フォトだ。

    「黒宮ニイナの ミャンマー・ステイ 旅のフレーズ&フォト」の表紙

    「黒宮ニイナの ミャンマー・ステイ」の表紙

    実はこの本の中にあるミャンマーでの写真、9割くらいは私が撮った写真だ。去年と今年2回に分けてヤンゴンで撮影した。日本風の名前が付いているが、彼女はミャンマー人の両親の元でミャンマーで生まれた。小学校5年生のころ親とともに日本に移住した。彼女は全くの日本人ネイティブの発音で、言われないとミャンマー人とはわからない。

    私は、彼女の写真をなぜか日本で撮ったことがある。2012年の東京だ。そのときの写真はこちらミャンマーと東京タワーと映画(本田晋&黒宮ニイナ)

    今回撮影して気がついたのが、細い! 以前よりも痩せたのかミャンマーだからそう見えるのか、背が高くて細い。おまけに美人だから、撮影中じゃなくても彼女は目立っていた。

    この本には彼女の写真がいっぱい載っているので、ニイナファンにおすすめ。また、ビルマ語(ミャンマー語)の会話本にもなってる。というか、メインはこっちだな。ビルマ語に関する部分は、JMCCのヘーマーさんが全面的に関わっている。

    最後にこのブログの特典として、彼女の未公開写真を大公開します。気に入った人は本を買うように

    シュエダゴンパゴダにやってきた

    シュエダゴンパゴダにやってきた

    ろうそくに照らされて

    ろうそくに照らされて

    ボウタタウンパゴダで黄金の女?

    ボウタタウンパゴダで黄金の女?

    公園でボール遊び

    公園でボール遊び

    ラペッイエサイン(ティーショップ)の少年と記念撮影

    ラペッイエサイン(ティーショップ)の少年と記念撮影

    ボージョーマーケットで宝石に見入る

    ボージョーマーケットで宝石に見入る

    野菜市場でお買い物

    野菜市場でお買い物

    シュエダゴンパゴダの参道

    シュエダゴンパゴダの参道

    さようなら

    さようなら

  • 8年ほど前、土橋先生とナガに一緒に行ったとき、

    「ンガーの発音をもう一度」

    と、私のビルマ語の発音にダメ出しされた。数字の5も魚も ンガー なのでビルマ語ではよく出てくる発音だ。ンガー、ンガー、ンガーと反復練習をしながらナガの山道を私は歩いた。ちょっと息が苦しいときのほうが、このンガーの発音はうまくいく。いつもは優しい土橋先生だが、ビルマ語の発音には厳しかった。

    戦後日本人として初めてミャンマーに留学したのが土橋先生だ。それも「ビルマ政府の国費留学生」だ。そんな土橋先生が最近出したのが、「ミャンマー こんなとき何て言う?」というこの語学本だ。この本は他の語学学習書にない特徴がふたつある。

    「ミャンマー こんなとき何て言う?」

    「ミャンマー こんなとき何て言う?」

    ひとつは発音用の文字。一般的には、発音記号, ローマ字, カタカナ などで書いている本が多いが、この本ではできるだけ本物の発音ができるようにカタカナに工夫している。カタカナ版発音記号だ。たとえば、「どこへ行くの?」は、「ベート゜ゥワー:マレ゜ー」だ。この変なカタカナが正確な発音のキモになる。普通のカタカナやローマ字だと正確な発音は表記できないし、一般的な発音記号だと、日本人には親しみにくい。それで生まれたのが、この変なカタカナだ。ちなみに私が苦労したンガーは「ガー:」だ。これで私もちゃんと発音できそうだ。

    もうひとつは、説明が非常に丁寧で本当の授業を受けているかのように感じる。一般的な語学書だと、例文があって解説、例文があって解説・・・・眠くなってしまう。でも、この本だと、例文があって、それにまつわる説明、いや、話が始まる。「おかず」からミャンマー料理の作り方にまで話が広がったり、「遊びに来てください」からミャンマーと日本の比較文化論的な話に広がったりする。本当の授業を受けているようで退屈しない。

    【目次】

    まえがき

    I はじめに
    1 ミャンマ一語って?
    2 基本文字と発音
    3 母音、声調、鼻音について
    4 身近なミャンマ一語

    II あいさつ
    5 最初のことばは?
    6 返事の仕方は?
    7 さようなら
    8 よびかけは?

    III 基本文型
    9 ご飯を召し上がれ
    10 ご飯たべますか?
    11 ご飯を食べないで
    12 おかずのいろいろ
    13 おいしい!
    14 食卓のマナー
    15 もったいない
    16 好きです
    17 飲み物、おやつ

    IV 市場で買い物
    18 楽しい市場歩き
    19 買い物をする

    V 空港で、ホテルで
    20 空港に着きました
    21 ホテルに着いたら
    22 身体の具合が
    23 おみやげを買う

    VI より深く知るために
    24 お祭り好き
    25 相手への気づかい
    26 慶弔のことば
    27 便利なことわざ
    28 祈念のことば
    29 ミャンマーの古い詩

    【附録1】おもな助詞一覧表
    【附録2】おもな助動調一覧表
    【附録3】方角・序数調・曜日など
    【附録4】こんな言葉も(単語集補足)
    【附録5】ミャンマ一語単語集

    「III 基本文型」の例文は全て食べ物に関するもの。やはり、何でも基本は食べるだ。これなら興味を失わずに基本文型を身につけることができる。その上、読み終わったらミャンマー料理を作れるようになる。

    私が気に入ったのが、【附録1,2】の助詞と助動詞の説明だ。ビルマ語と日本語は文法が似ていて、日本語の助詞や助動詞にあたるものがある。これを理解すると自分でいろんなビルマ語の言い回しがわかるようになる。初心者向けの語学書では助詞、助動詞を解説している本はあまりないので、これは貴重だ。

    ということで、お勧めのビルマ語学習書が増えた。他に私が持っている本の中で他にお勧めの語学本は、「エクスプレス ビルマ語」「現代ビルマ語入門」「旅の指さし会話帳 ミャンマー」だ。ただし、現代ビルマ語入門は絶版。ビルマ語関係の語学本も辞書もいろいろと持っているが、私のビルマ語はなかなか上達しない。

    ところで、この本の中にミャンマーの写真がたくさん載っている。実はこれらの写真は私の写真だ。モノクロで小さな写真だが、ミャンマーの雰囲気が多少でも感じてもらえればと思う。

    もちろん、私の写真があってもなくてもこの本はお勧めです。

  • 今日はヤンゴン大学ミャンマー語コースの修了式、いつもより早く家を出たが・・・

     3月28日の家計簿(為替レート 1円=9.394チャット)

    1.  タクシー(ヤンゴン大学へ) 2,000Ks
    2. タクシー(ヤンゴン大学からMyanmar Japonへ) 2,500Ks
    3. タクシー(ハウスオブメモリーから帰宅) 2,000Ks
    4. 写真プリント (4×6インチ 14枚、8×12インチ1枚) 4,000Ks
    5. 電話カード 10,000Ks

     合計 20,500Ks(2,182円)

     今日はヤンゴン大学のミャンマー語コースの修了式の日だ。いつもより余裕をもって早く家を出た。1階のおばあちゃんが珍しく朝早くから店先に座っていると思ったら、呼び止められた。

    「隣りの雑貨屋のおばあちゃん、亡くなったの」

     !!! 私の日本語の生徒Yさんのおばあちゃんではないか。それも、つい2週間ほど前にYさんの卒業式でおばあちゃんの写真も撮ったばっかりだった。周りに人も集まってきてあれこれと話しが続いた。私は大学があるので途中で話から抜けた。

    ヤンゴン大学タウングー館

    3ヶ月間授業が行われたヤンゴン大学タウングー館

     大学へ着くとセレモニーの用意ができていた。座って待っていると、

    「ゴトーさん、今日生徒代表で挨拶して」

    先生から指名されてしまった。えっ!?、もうすぐ式が始まるのに。前日に言ってほしかったが、しょうがない、これもミャンマーだ。Mya Nandar の歌詞を書いた紙にあーでもないこーでもないと、カタカナでビルマ語を書き始めた。

     今日の修了式、我々外国人生徒だけでなかった。いつも同じ時間に隣りの教室で勉強していたミャンマー人社会人コースの生徒たちもいた。彼らはビルマ語の文語と習うために来ていた。先に彼らの式が進んでいった。よかった、このちょっとの間、私は挨拶の文面を考える。

    修了証書授与式

    修了証書を一人ひとり手渡してくれた。

     ついに我々の式が始まった。一人ひとり修了証書をもらった後に挨拶に指名された。何とかまとめあげた紙を手に、壇上で簡単なビルマ語での挨拶を始めた。ちょっと間違ったほうが外国人らしくていいだろうと思うと、逆に気楽に話ができた。

    みなさん、ミンガラバー。

    私は外国人生徒の後藤といいます。ヤンゴン大学で初めてのミャンマー語外国人コースを終了することができて嬉しく思います。

    このコースは去年の12月に始まりました。朝早くから始まるので、最初の2、3日はとても眠くて来るのが大変でした。でも、3日4日5日と進むに連れて、授業が楽しくなりました。先生方が一生懸命に教えてくれたからです。先生、ありがとうございました。

    ヤンゴン大学でのこの授業は一生忘れることがないと思います。

    みなさん、ありがとうございます。

    挨拶なので社交辞令も入っているが、大学へ行くのが楽しかったのは本当だ。学校の良さは年をとったほうが分かるようだ。

    モヒンガが振る舞われた

    式の後、モヒンガが振る舞われた。

    大学の後は写真の仕事があったので帰ったのは夕方だった。早速、Yさんの卒業式の写真を探した。あった。孫娘の卒業式で楽しそうなおばあちゃんの姿があった。その12日後に亡くなるなんて。人間、何が起こるかわからない。おばあちゃんが写っている写真データをメモリに入れ、近くの写真屋に向かった。本当に楽しそうに笑っているポートレート写真1枚はA4サイズに引き伸ばした。私が撮った写真がおばあちゃんの最後の写真だった。

     おばあちゃんの家(私の部屋の階下)に写真を持って行き、Yさんから最後を聞いた。おばあちゃんは、夜中1時ごろ急に心臓が苦しくなり、急いで車で病院に向かった。最初のクリニックでは、心臓の病気は診ることができないということで、ヤンゴン総合病院へ向かった。病院に着く前に車の中で息を引き取ったという。72才だった。

  • 先々週の土曜日、友人のミャンマー人から電話がかかってきた。
    「ヤンゴン大学で外国人向けミャンマー語のコースが始まるよ」

    新聞に発表された、外国人用ミャンマー語コース

    新聞に発表された、外国人用ミャンマー語コース

     9月頃から始まる始まるという話だけ出ていて、いつから始まるか不明だった。それが12月14日の土曜日の朝、ミャンマー語の新聞に突然発表された。何と3日後の火曜日から始まるという。申し込みは大学へ直接行かないといけないので、月曜日だけが申し込み日だった。ミャンマーで行政がらみの発表はいつもこんなに急だ。月曜日の朝一に申し込みに行った。一番乗りだと思っていたら、韓国人が前週の段階で14人申し込んでいた。彼らはどうして知ったんだ?

    ヤンゴン大学の正門

    ヤンゴン大学の正門

    火曜日の初日、クラスに行くと全部で20名ほどいた。日本人が私1人、ベトナム人が1人、他はみな韓国人。隣の席の韓国人女性が日本語を話せるので、なぜ韓国人が多いか聞いてみた。

    「先週、韓国のインターネットのミャンマー専門フォーラムにこのミャンマー語コースの情報が出てたの」
    どこからどう情報が流れたか、ミャンマーで公表される前に韓国に情報が流れたらしい。すごい情報収集力だ。
    「ミッショナリーの人たちが多いよ」
    宣教師として来ている人たちが大勢このクラスに来ているという。韓国人生徒の約半分が宣教師関係だった。それも、バプティスト。ミャンマーではバプティストがキリスト教徒の中で一番多いが、韓国では珍しいらしい。ということで、韓国人が多いという謎の多くは解決した。男女比は4対6ぐらいで女性のほうが多い。語学教室は女性が多いというのは万国共通のようだ。

    授業風景。クラスには韓国人が多い

    授業風景。クラスには韓国人が多い

    クラスは外国人社会人を対象としたベーシックコースで、本当の基礎の基礎から始まった。
    カカガ、ササザ、タタダ、、、
    「カカ」と同じ文字を並べて書いているが、実は違う発音だ。日本語には「カ」が1種類だけなので、同じ「カ」の文字を使っているだけで、ミャンマー語には「カ」が2種類ある。「サ」や「パ」も2種類、「タ」は何と3種類ある。ビルマ語をだいぶ前からかじってきた私でも未だによく聞き取れないし、言えない。でも、よく分かってなかったのはこのクラスで私一人だけだったみたいだ。隣の韓国人に聞くと、韓国語には「カ」が2種類あるという。私は分かった振りをして発音していたが、韓国人は本当に分かっていて発音していたようだ。

    でも、韓国人の弱点も発見した。「ザ」の音を言えないのだ。「カ」の発音では私は何度も先生から直されたが、韓国人は「ザ」で何度も先生から注意されていた。最後は先生も苦笑い。母国語にない発音はやはり難しい。

    授業の行われるタウングー・アサウン

    授業の行われるタウングー・アサウン

    このベーシックコースの授業は、火曜日から金曜日の週4日で、朝7:30〜9:30まで1日2時間。全部で3ヶ月間のコースで、授業料は15万チャット(約15,000円)。先に一括で払う。定員30人のクラスだが、今のところ20名ちょっとだ。まだ余裕があるし途中から入ってきてもだいじょうぶなので、興味のある人は参加してください。校舎はタウングー・アサウン(タウングー寮)、正門から5分くらいのところにあります。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad