• 全部で24,110チャット。ちょっと使いすぎ。というのも、コーヒー豆のまとめ買いとシティーマートで買い物をしたせいだ。

     3月18日の家計簿(為替レート 1円=9.468チャット)

    1.  バス(ヤンゴン大学へ) 200Ks
    2. タクシー(ヤンゴン大学からマーケットプレイス) 1,500Ks
    3. タクシー(マーケットプレイスから帰宅) 2,000Ks
    4. マーケットプレイス内のアーナンダにてコーヒー豆 200g x3 7,500Ks
    5. マーケットプレイスのシティーマートで買い物 12,110Ks
      • シャン米 2Kg 2,800Ks
      • 牛乳 1L 1,220Ks
      • キッコーマン醤油 600cc 3,100Ks
      • そば(たてごと) 200g x3 1,890Ks
      • アボガド x2 700Ks
      • 茶碗 x2 2,400Ks

      合計 24,110Ks(2,546円)

     今日はコーヒー豆がなくなりそうになったので、大学の授業が終わった後、マーケットプレイスへ寄った。マーケットプレイスの1階にあるコーヒーショップ「アーナンダ」でいつもコーヒー豆を買っている。

     マーケットプレイスの2階にはシティーマートがある。ここのシティーマートがヤンゴンでは一番大きくてセレブご用達になっているので、外国人客も多い。日本食材もここが一番種類がそろっている。セレブではない私は、いつも値段を見ながら用心して買っている。

    マーケットプレス

    シンガポール大使館の近くにある、マーケットプレイス

    そう、マーケットプレイスのシティーマートといえば、こんな経験をした。ヤンゴンに移住してきて間もない1年半ほど前、初めてマーケットプレイスのシティーマートにやってきた。おおお、すごい! いつも行っていた東京の小岩にあるイトーヨーカドーよりもずっと洗練されていた。それまで知っていたミャンマーとは全く別世界だった。お上りさん状態の私は、記念に写真を2枚とり、3枚目を撮ろうとした時だ。警備員がやってきて、撮影禁止だという。ええええっ、普通のスーパーで撮影禁止?? 軍事政権時代でもこんなことはなかった。それに、既に撮影した2枚も消せという。有無を言わせぬ態度に私も諦めて警備員の見てる前で2枚消した。警備員曰く、シティーマートはどこでも撮影禁止だ。

    後で友人のミャンマー人に聞いたところ、日本人で事務所まで連れて行かれて事情を聞かれた人もいるそうだ。撮影禁止はシティーマートだけでなく、他のショッピングセンターや店などでもある。民主化されてビジネス競争も厳しくなり、真似をするところが増えたんだろう。民主化の影響が意外なところに現れていた。ということで、シティーマート内部の写真は全然持ってない。

    アーナンダのコーヒー豆

    マーケットプレイスにあるコーヒショップ、アーナンダで購入したコーヒー豆。
    アーナンダカードでスタンプ10個集まり、1袋サービスでもらった

     

    今日の購入品

    シティーマートで買った品々。

     この間買ったシャン米は1Kgだけで、もうなくなりそうなので、今日はいつも買っているブランドの2Kgを買った。キッコーマン醤油はヤンゴンでもメジャーでちょっとしたスーパーには大体置いている。キッコーマン醤油は海外生産なのであまり高くないが、日本から輸入している日本食材は当然日本よりもだいぶ高い。そういうのは、極力買わないようにしている。

     そこでソバだ。この「たてごと」は200g入りで610Ks。けっこういける。ソバ自体ミャンマー産で、シャン州のコーカン地区の麻薬代替作物としてJICAがサポートしている。このプロジェクト、いろいろと問題があるようだが、「たてごと」については素晴らしい。ヤンゴンで安くおいしい蕎麦が食べられるのだから。少なくても、同じシティーマートに置いている日本から来た3,000Ksや4,000Ksする蕎麦よりもおいしい。

     蕎麦といえば思い出した。ミャンマー人の友人の勧めである蕎麦を買った。たしか、200g入りで2,000Ksぐらいだと思う。パッケージには日本語と英語で書かれていたので、てっきり日本のメーカーが海外生産したものだと思った。見た目麺が細いが色は蕎麦そのものだ。早速帰って食べてみて驚いた。蕎麦じゃなくそうめんだったのだ。

     パッケージをよく見ると、韓国メーカーだった。別に日本食材を韓国メーカーが作っても構わない。でも、日本製と勘違いさせるようなパッケージはどうかと思う。それに、作るなら本当のソバを作ってほしい。あれじゃ、蕎麦をそうめんと勘違いしてします。海苔巻き用の海苔などは、同じく日本語が書かれているが味は日本の海苔と大差ない。値段は韓国製のほうがずっと安いので、私はよく買っている。

     ちょっと話が横にそれた。「たてごと」だ。昼飯はざる蕎麦にすることにした。この「たてごと」は、表示時間よりも若干短めで茹でるのがコツだ。6~7分と書いているが、私はいつも5分半にしている。茹で上がって冷ましたソバをミャンマーの手製のざるに盛った。こした手製のざる、最近はヤンゴンではあまり見かけない。安いプラスチック製に変わってしまった。これは、パヤープエ(パゴダ祭り)のときの出店で買ったものだ。

    ヤンゴン蕎麦

    手製ざるに入れたコーカン蕎麦、たてごと。

     最後に、韓国製の海苔を載せて出来上がり。蕎麦つゆはいつも作りおきしている。日本の友人が送ってくれたダシとキッコーマン醤油と味醂だ。

    ざる蕎麦のできあがり

    海苔を載せてヤンゴンざる蕎麦のできあがり。

    気温35度で食べるざる蕎麦は格別だ。最後にそば湯をかけようと思ったが。そば湯を全部捨ててしまっていた。これも35度の暑さのせいか。来月、気温40度になったら何もかも忘れてしまいそうだ。

  • 昼、江橋先生宅に呼ばれ焼き鳥をごちそうになった。その後、ヤンゴン大学の卒業式へ行き、専属カメラマンになった。

     3月16日の家計簿(為替レート 1円=9.522チャット)

    1. タクシー(サンチャウンのケーキ屋) 2,000Ks
    2. タクシー(サンチャウンのケーキ屋から江橋先生宅) 3,000Ks
    3. シュークリーム(800Ks x12)9,600Ks 

     合計 14,600Ks(1,533円)

    江橋先生宅で送別会が開かれるということで呼ばれた。井上さんは大使公邸付きの料理人として腕をふるった方で初対面。その井上さん自ら腕を振るい、焼き鳥を始め海鮮焼きや野菜焼きなど焼き物三昧だった。エビやイカの味付けは塩だけだが、なぜか普通と違う。炭焼きというのもあるが、塩の振り方が肝心(だと思う)。適量を均一に振るのも修行がいりそうだ。

    木陰で焼き鳥パーティー

    木陰で焼き鳥パーティー

     

    ヤンゴンで焼き鳥

    大好評の焼き鳥。焼けた先からなくなっていった。

     

    ヤンゴンで塩焼き

    塩焼きは塩の振り方が肝心

    江橋先生宅に行く前に、LA VIE EN ROSE というケーキ屋に寄った。サンチャウンの通りにできた新しい店で、日本人のパティシエがいるということで、ヤンゴン大学の同級生Sさんから話を聞いていた。

    サンチャウンのLA VIE EN ROSE

    サンチャウンのBagaya通りにある LA VIE EN ROSE。福岡のパティシエによる店。
    Baho通りから東にBagaya通りを入り、カンボーザ銀行の向かいにある。

     店内は日本のケーキ屋さんそのもの。日本語を話す店員も一人いた。値段を見ると、日本の普通のケーキ屋さんの値段。ショートケーキが250円程度だ。今日はお土産で12個買っていくので、ショートケーキ12個で3,000円は痛い。一番安い800Ksのシュークリームにした。店員の話でも、シュークリームが一番人気らしい。

    LA VIE EN ROSEの店内

    LA VIE EN ROSEの店内。日本のケーキ屋そのもの

    シュークリームの箱を開けると、保冷剤が入っていた。ミャンマーで保冷剤は初めてだ。ちょっと冷たいシュークリームを半分に割った。淡い黄色のクリームだ。一口食べた。外側がサクッ、カスタードと生クリームのミックスクリーム(だと思う)がトロッ。うまい! 日本の普通のシュークリームよりずっとうまい。困った。こういうのを食べると舌が贅沢になってしまう。だから困った。

    箱のなかには保冷剤

    箱のなかには保冷剤。ミャンマーで初めて見た

     

    見るからにうまそうなシュークリーム

    見るからにうまそうなシュークリーム。

     

    クリームがトロッ

    カスタードと生クリームのミックス(だと思う)

    この日、ヤンゴン大学の卒業式にも呼ばれていた。日本語教室の生徒の一人が今日卒業式なので、写真を撮ってほしいと言われていたのだ。ヤンゴン大学のホールの前に着くと、中では式が続いていた。カメラを持ってぶらついていたら、

    「写真いくら?」

    と、おばさんから聞かれた。どうも、記念写真屋さんと間違われたようだ。ちなみにこのホールは卒業式に使われるので Convocation Hall と呼ばれているが、去年オバマ大統領がスピーチをしたホールとして有名だ。別名オバマホールだ。それとこのホールにまつわるもうひとつの話がある。

    ヤンゴン大学のホール

    壁が黒ずんだヤンゴン大学のホール。今日は卒業式でたくさんの人がやって来た。

    写真で見たとおり外壁が黒ずんでいる。まるで、汚れるにまかせているようだ。実際、かなりの長い間何もしていないという。というのも、壁をきれいにすると何かが起こると言われているからだ。その昔、国連事務総長だったウ・タン(日本ではウ・タントと呼ばれていた)が亡くなって、遺体がヤンゴンに戻ってきた時だ。ウ・タンの葬儀に関して政府の扱いに怒った学生たちがこのホールに立てこもった。このときも壁をきれいにした後だったらしい。ということで、壁をきれいにすると何か騒動が起きると今でも信じられている。 

    ヤンゴン大学の卒業式に集まった人たち

    卒業式に集まった人たち。正装をした卒業生もいる。

    式も終わり、ホールから生徒のYさんが出てきた。角帽をかぶった姿は、イギリスやアメリカの大学の卒業式のスタイルと同じだ。植民地だったイギリスの影響なんだろう。衣装一式全て貸し衣装だそうだ。Yさんの写真を撮って一日が終わった。

  • 今日もバスで大学を往復。帰りに近くのスーパーでシャン米を買った。やはりミャンマーの米はシャン米にかぎる。

    3月13日の家計簿(為替レート 1円=9.518チャット)

    1.  バス(ヤンゴン大学往復)  400Ks
    2. Taw Win Center 地下のスーパー Orangeで買い物
      • シャン米 1Kg 1,450Ks
      • 牛乳 1L 1,350Ks
      • 豆乳 500cc(タイ製) 530Ks
      • スルメ 160g 2,190Ks 
      • マーラーヒンの麺 195Ks
      • 唐辛子 80g 330Ks
      • 歯磨き粉(ベトナム製) 600Ks
      • 耳かき(金属、中国製) 460Ks
      • コンセント(ベトナム製) 1,200Ks
      • ゴミ袋 50枚 1,300Ks
      • ねずみホイホイ 120g 1,050Ks

     合計 11,055Ks(1,161円)

     大学からの帰り、最寄りのバス停セインジュンの近くにあるショッピングセンター Taw Win Center の地下にある食品スーパー、Orange に寄った。米がなくなったのでそろそろ買わなきゃいけないからだ。

    Taw Win Center

    Taw Win Center の地下にある食料品スーパー Orange に行った。

     米はいつもシャン州で作られているシャン米を買っている。このシャン米、見た目はインディカ種そのものでパサパサしていそうだけど、食感や味は日本の米そっくりだ。ミャンマーでは東南アジアでよく食べられているインディカ種のパサパサした米が多い。カレーをかけたり、チャーハンにしたらこれはこれでうまいのだが、「白いごはん」として食べると、日本人にはちょっと・・・

     でも、ミャンマーにはシャン米があった。遺伝子的にはシャン米もインディカ種だが、なぜか食感が日本の米のように粘っこくてもちもちしている。味も日本の米に非常に近い。普通に食べるとその辺の日本米とあまり区別が付かないのでは。一度ヤンゴンのスーパーで売られていたカリフォルニア米を買ったが、シャン米のほうがうまかった。

     お気に入りのシャン米だが、ヤンゴンの普通のコメ屋には置いてない。そこでいつもスーパーで買っている。シャン米といってもいくつかのブランドがあるので、時々新しいブランドを見つけると買うようにしている。今回見つけたのがこれ、「カウンガウン」と書かれたパッケージ、始めてみる袋だ。カウンというのは「良い」という意味だ。良いx2 だからきっと素晴らしいんだろう。でも、外れたらショックなので、とりあえず1Kgを買うことにした。シャン米は普通のミャンマー米と比べて高めだ。普通1Kgだと1,000チャット以下で買えるが、このシャン米は1,450Ks、日本円で150円くらいだ。それでも日本よりはだいぶ安い。

    Orange での買い物

    Orange で買った品々

     帰って早速ご飯を炊こうと袋を持ち上げると、何やら袋の中で黒い点々が動いている。おおおっ、懐かしきコクゾウムシだ。日本のスーパーで売られている米では最近ほとんど見かけないが、昔はよくコクゾウムシを見かけた。チェックのために全部ざるにあげて見たが、見つけたのは4~5匹。それらを取り除いてまた袋に戻した。まあ、農薬をあまり使ってないからコクゾウムシがついたんだろうと、楽観的に考えてそのまま炊飯することにした。

    gt_20140313_6d_8882

    シャン米は細長いインディカ米。でも、食感や味は日本の米に似ている。

     炊飯器は日本から持ってきたナショナルの炊飯器。シャン米は日本の炊飯器で炊くに限る。うまみを増すために日本酒もちょっと加えた。途中、電力をを使いすぎてスタビライザーの安全スイッチが下りるというトラブルもあったが、うまく炊きあがった。

    シャン米のごはん

    ちょっと水が多かったが、ふっくらとおいしいシャン米の炊きたてごはん

     ちょっと水が多かったようで柔らかめのご飯だったが、うまい! 日本だとスーパーで安めで売っているノーブランド米くらいの味だ。先日買ったシャンらっきょうをご飯の上に乗せ、幸せなひとときを過ごした。

    他の買った物もちょっと紹介する。まず、スルメ。ミャンマー産のものだがスルメイカじゃないのでスルメとは言えないかもしれないが、まあいい、スルメだ。味はまた後で紹介。次は歯磨き粉。これも粉じゃないから厳密には違うのかもしれないが、これもまあいい。歯磨き粉だ。ミャンマーでは石鹸や歯磨き粉の類はタイ産のものが多い。値段もそこそこする。みな1,000Ks以上だ。そこで600Ksという数字が目を引いた。パッケージの裏を見ると ベトナム製だった。600Ksという値段とベトナム製というところに惹かれ、購入することにした。

    最後にゴミ袋。ミャンマーには緑色と青色の2種類の色のゴミ袋が売られている。ヤンゴンでも燃えるゴミと燃えないゴミとの2種類分けられている。これについてもいろいろと書きたいが、次の機会にする。

  • いつもの市場でひさしぶりに肉を買った。

     3月10日の家計簿(為替レート 1円=9.443チャット)

    1. 近所の市場で買い物
      • ブロッコリー 320g 500Ks
      • 人参 中1個 300Ks
      • ライム(大きめ)3個 500Ks
      • 鶏もも肉(ブロイラー)x2 800g 3,000Ks
    2. バナナ1房(13本) 1,000Ks

     合計 5,300Ks(561円)

     いつもの市場のいつもの八百屋の正面に鶏専門の肉屋がある。普段は野菜ばかり買っているが今日はこの鶏肉屋で奮発した。目の前には2種類あった。ミャンマーの地鶏とブロイラーだ。地鶏が400gで2,500Ks、ブロイラーが1,500Ksなので、地鶏のほうがだいぶ高い。もちろん地鶏のほうが固いが味があってうまい。以前はブロイラーなんてなく、みんな地鶏だった。でも、最近はレストランなどでもブロイラーが増えている。

    鶏専門の肉屋

    いつもの市場のいつもの八百屋の正面は鶏専門の肉屋。

     熟考5秒の後、ブロイラーを買うことにした。ブロイラーのことをビルマ語で「シーピーチェッ」と言う。地鶏は「ミャンマーチェッ」または「バマーチェッ」だ。チェッは鶏だが、シーピーとは何だろうと前から思っていた。ミャンマー人に聞いても、2~3年前からシーピーチェッというようになったと言うだけで、語源は知らないという。そこでピンときたのが「シーピー = CP」だ。この CP はヤンゴのスーパーでよく見かける。卵のパッケージだ。

    市場で買った品々

    市場で買った品々。鶏肉はシーピーチェッ(ブロイラー)。

     

    CP玉子

    生食もだいじょうぶという噂のCP玉子。CPはタイの大手食料品メーカー。

    CP卵はタイ資本の会社が生産している。CPはタイ最大の食品メーカー、チャロン・ポカパン(Charone Pokphand)で、最近のヤンゴンのスーパーで売っているのはCP卵ばかりだ。このCP社が生産している鶏肉だから、シーピーチェッ(CP鶏)と呼ばれるようになったようだ。ミャンマー人の友人に電話で確認したら、友人のお兄さんが詳しかった。やはり、シーピー = CP だった。

     買ってきたシーピーチェッはチキンソテーになって、おいしく食べた。

  • 今日はスーパーに買い物に行ったが全部で5500Ksですんだ。家計簿を意識すると無駄使いはしなくなるようだ。でも、ブログを意識すると珍しいものを買いたくなる。

     3月8日の家計簿(為替レート 1円=9.449チャット)

    1. 隣りの雑貨屋(Chan Mee)で買い物
      • 食パン(4切れ) 350Ks
      • アンパン 200Ks
    2. シティーマートで買い物
      • CP玉子10個パック 1300Ks
      • 牛乳1L 1220Ks
      • ライム5個 500Ks
      • トントン豆腐 300g 620Ks
      • シャンらっきょう 400g 850Ks
      • バゴーなれ鮨 160g 600Ks

     合計 5,640Ks(597円)

    シティーマートはヤンゴンで最も有名な食料雑貨スーパー。ヤンゴン市内だけで10店舗以上あるのではないか。日本食などの外国製の食料品もここが一番多い。で、今日は朝早く外出したついでに一番近い Janction Maw Tin のシティーマートまで歩いて行った。 

    ショッピングモール Junction Maw Tin の中にもシティーマートがある

    ショッピングセンター Junction Maw Tin の中にもシティーマートがある

    買い物した中で日本人にとって珍しいのは「シャンらっきょう」と「バゴーなれ鮨」だ。両方とも発酵食品だ。私が勝手に名づけているだけで、ビルマ語ではチェットンチンとンガーチンという名前だ。

    シティーマートで買った品々。全部で5090Ks

    シティーマートで買った品々。全部で5090Ks(549円)

    このシャンらっきょうはシャン州のらっきょうで、ヤンゴンでもシャンカウスエ(シャンヌードル)の店に行くとよく付け合せに出てくる。味は日本のらっきょうに似ているが、日本のものよりも数段うまい。甘酸っぱさプラス、いろいろな旨味が凝縮されている。これだけでご飯が本当に何杯でも食べられる。 

    シャンらっきょう(チェットンチン)は日本のらっきょうよりうまい!

    シャンらっきょう(チェットンチン)は日本のらっきょうよりうまい!

     

    シャンらっきょうでご飯を

    シャンらっきょうでご飯を何杯もで食べられる。ご飯もシャン米。

    もう一つの発酵食品。シティーマートでは「シャンなれ鮨」を買ったつもりだったが、どうもバゴーで作ったなれ鮨のようだ。なれ鮨と書いているように、シャンのンガチンは日本のなれ鮨に近いというか、元々はシャンや雲南地方がなれ鮨の始まりらしい。最近、ヤンゴンで日本の鮨が流行っているというのも、鮨が本家に戻ってきただけかもしれない。 

    鮨の元祖はミャンマーか?バナナの葉っぱで包まれたバゴーなれ鮨(ンガチン)

    鮨の元祖はミャンマーか?バナナの葉っぱで包まれたバゴーなれ鮨(ンガチン)

    以前食べたシャンのなれ鮨だと魚の形がそのまま残り、味も日本のなれ鮨に似ていた。今回買ったなれ鮨は魚の身はほぐしてしまってどこにあるのかよく分からない。味も薄くて今ひとつなので、ミャンマー人に聞いてみた。なれ鮨を細かくし、玉ねぎのスライスと油とナンナンビン(パクチー)を混ぜあわせて(アトウッにして)食べるという。辛いのが好きなら青唐辛子も入れる。作ってみよう。

    バゴーなれ鮨は、玉ねぎ、パクチーなどと混ぜてアトウッにして食べる。

    バゴーなれ鮨は、玉ねぎ、パクチーなどと混ぜてアトウッにして食べる。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad