• ついにこの日が来た。

    Google翻訳にビルマ語(ミャンマー語)が追加されたのだ。Googleからの公式メッセージはこちら。

    Google Translate – 10 More Languages with your Help

    これで何を書いているか分からなかったビルマ語の文章が読める! といっても、かなり変な翻訳だ。何について書いているのかはわかる程度だ。まあ、ビルマ語サポートは始まったばかり、そのうち精度は向上するだろう。本当は私のビルマ語能力が向上すればいいのだが・・・。

    こちらがGoogle翻訳のページ。
    https://translate.google.com/

    そのままだとビルマ語が出ていないので、ビルマ語をまず選択する。

    ビルマ語を選択する

    最初は日本語をビルマ語に翻訳してみた。まずは、定番のフレーズから。

    定番の翻訳

    おおお、出てきた。相手の呼び方がケミャーじゃなくてミンになっているのがなかなかしぶい。

    もちろん、文章だけではなく辞書代わりにも使える。動詞の場合は文章との関係がありちょっと微妙だが、名詞はかなり使える。

    辞書としても使える

    ただ、注意が必要だ。まず、ビルマ語フォントがインストールされていないパソコンだとビルマ語が表示できない。macの場合はOS X10.7以降からWindowsはWindows8から標準でビルマ語が入っている。スマホでも、Android4.5以降はビルマ語は入っている。

    もうひとつは、ちょっと深刻な問題。ビルマ語フォントの種類についてだ。macやWindowsに最初からインストールされているフォントはUnicodeに準拠したフォントで、Google翻訳でも問題なく表示できる。でも、多くのミャンマー人(95%以上?)が使っているのは世界標準のUnicodeではなく、Zawgyi-Oneという標準外のフォントを使っている。ということは、Google翻訳で翻訳したビルマ語をコピペしてミャンマー人に送っても、相手のパソコンでは文字化けして何が書いているか分からない。

    ミャンマーでは、Windows8やAndroid4.5が入ったパソコンやスマホを買ったら、勝手に店の人がUnicodeのビルマ語フォントを無効にしてZawgyi-Oneを入れてくれる場合が多い。これがお客へのサービスだと思っているからだ。こういうパソコンやスマホだと、Google翻訳のビルマ語が文字化けしてしまう。

    最後に、ミャンマー語の新聞を翻訳してみた。7Day Dayly のこの記事だ。

    http://7daydaily.com/story/26972#.VI0BHlesW44

    新聞記事を訳してみた

    左側のビルマ語、文字化けしている。7Day Daily のWEBサイトがZawgyi-Oneを使っているせいだ。ビルマ語のサイトはWikipediaなどを除き、多くはZawgyi-Oneを使っている。

    Google翻訳はこの文字化けしたZawgyi-Oneのビルマ語を自動的にUnicodeのビルマ語に変換して翻訳しているようだ。同じ文章を事前にUnicodeに変換したものと比較してみたが、だいたい同じような翻訳結果だった。

    20今年の警察のアクション」

     情報筋によるとミャンマーミャンマー警察Officeの下位20スタッフパージ制裁から2014年レベルの警察の船長、。

    ”ミッションは失敗し、弱い管理、道徳アクションセクションは”ネピドー警察大佐は語っている。

    20警察官の行動レベル、三ဒုရဲမှူးインスペクター6、道路、およびその他のステップで構成。

    せずに警察の強制追放の仲間入りを減らすために警察のスタッフ移行のローカルレベルはကိုကိုအောင်など警察官として、行動を取ることができた。

    ‘これは、モデルが良いスタッフを有することを意味する’。本当に有罪ものでなければなりません。我々はそれについてオープンで率直である必要があり、識別し、公にオープンした、”62歳の引退した政府を特徴とする。

    緊張火災、エスケープအချုပ်သား ဖုန်းကတ်作用によってなど、お金のための文書値を要求する。

    カエルの硫黄系薬物販売者の間にも、最後の11月は、ケース、逮捕を阻止するため、破損した力は、太陽に対して行動を起こす、コミットされた犯罪に関連した彼はそれがニュースにない警察のコミュニティを充電していない上、道路レベルの薬物警察の一つである。

    うーん、分かるような分からないような翻訳だ。私のビルマ語能力ではどれくらい正しいかは理解できない。日本語・英語のGoogle翻訳でも最初の頃はひどい翻訳だった。将来に期待しよう。

    たぶん、私のビルマ語の上達よりGoogleの上達のほうが早いだろう。

  • 月曜日は授業もないし、食事はあり合わせで作り、買い物にも行かなかったの今日は支出ゼロ。

     3月17日の家計簿(為替レート 1円=9.474チャット)

     何もなし

     合計 0Ks(0円)

     これで終わろうと思ったが、これだけで終わる勇気がないので、家計簿とは関係ない話題をひとつ。最近話題の電子書籍だ。

     一昨年ヤンゴンに移住してくる時に本はほとんど持ってこなかった。というのも、業者に頼んで全てスキャンしてPDFファイルにしたからだ。本は全部で3百冊以上あったが、ほとんど全部スキャンした。ということで、三百数十冊の本が41GBのデータになり、ハードディスクの中におさまった。その中のうちよく見る本はiPadの中に入れて電子書籍となった。

    iPadに入れた電子書籍

    iPadに入れたミャンマー関係の電子書籍。左上がビルマ語辞典。

     読むだけだったらやはり紙のほうが読みやすい。でも、電子書籍化するとすごいことができるようになる。特に辞書だ。ビルマ語日本語辞書として、大野先生・原田先生の1万円の辞書を持っている(実は、昔ヤンゴンで売っていた古本を1,000円程度で買った)。全部で650ページもあるので、いつも持ち運ぶわけにはいかない。でも、iPadさえ持っていればいつでもどこでも見ることができる。もちろん、iPadじゃなくてAndroidタブレットでもいい。

     もうひとつが検索だ。PDF化して電子書籍にすると、日本語ビルマ語辞書としても使えるのだ。iPadのブックリーダーの機能に検索がある。好きな語句を検索できる。単に本をスキャンしてPDF化するだけだと検索できない。このPDFデータをOCR化するとテキストになるのだ。テキスト化すると後は自由に検索できるようになる。OCRのテキスト化は100%完全ではない(95%くらい?)が、普通に使える。ただ、私のiPadがちょっと古い(2012年発売)ので、検索するのに1分ほどかかる。最新のiPadなら15秒程度で検索完了だ。

    辞書を検索

    検索機能を使って「辞書」を検索。

     

    「辞書」が見つかった

    「辞書」が見つかった。左ページ最下部、黄色でマーキング。

    この検索機能は非常に便利だ。例文に使っている文字なども検索できる。これで紙の辞書には戻ろうとは絶対に思わない。まあ、元の紙の辞書はスキャン業者が処分したので戻りたくても戻れないのだが。

  • 携帯電話のチャージが切れそうになり、電話カードを2枚購入。今月最初の家計簿に載せたのが電話カードの2万チャット。それからちょうど10日目にまた2万チャットだ。

     3月11日の家計簿(為替レート 1円=9.460チャット)

    1. タクシー(自宅からヤンゴン大学まで) 2,000Ks
    2. バス(ヤンゴン大学から帰宅)  200Ks
    3. 電話カード2枚 20,000Ks

      合計 22,200Ks(2,347円)

    今日の夕方、携帯電話にメッセージが来た。送り主はの番号は、1234123

    “Your balance is lower than 200 Kyats. please recharge soon.”

    電話会社からのメッセージ

    残りが200チャット以下になると、このメッセージが届く。

     「携帯の残りが200Ks以下になったから、早くチャージしてね」という内容だ。残りが200Ks以下になるといつもこのメッセージが届く。10,000Ksをチャージしたのが3月6日だったから5日で使いきったことになる。すぐに隣りの雑貨屋 Chan Mee に行った。今回も10,000Kyatを2枚を購入した。20,000チャットは痛い。1万円札が飛んで行く感覚だ。

    電話カード

    電話カードのデザインが新しくなっていた。

     通話料は1分50Ksだから、日本の携帯よりは安いが固定電話より高い。日本よりかなり高いと感じるのはインターネット接続だ。ミャンマーのネットサービスだとADSLが比較的安いが、私の住んでいる地域だと局までの距離が遠いせいか、回線のノイズが多くて使い物にならない。次の選択肢であるWi-Maxは、所定のデータ量を超えると従量制になる。私が使うと毎月2万円近く払わなきゃいけない。結局残ったのが携帯電話によるテザリングだ。

     携帯のインターネットは、私が使っているGSM方式だと1分2Ksなので1時間120Ksだ。1日10時間で1,200Ks、ネット代と電話代を合わせると、感覚的に月6,000円くらい使っている気がする。1ヶ月で36,000Ksだ。それでも回線スピードが速ければいいのだが、朝は256Kbps程度で夜になるとめちゃくちゃ遅くなり、接続自体できないことも多い。

     今ちょうど23時、ブログの更新をしようとしているが、なかなかネットに繋がらない。その後、1時間半後の24時30分、やっと繋がった。

  • IT, 伝統 2013/08/20 5 Comments

    ヤンゴンでもiPadを使っている人をけっこう見かける。iPadが一種のステータスみたいだ。ミャンマー人の友人のPさんがiPadを操作しながらつぶやいた。「ミャンマーオリジナルのiPadを知ってる?」

    そんなもの知るわけないし、あるわけない。でも、あったのだ。彼は子供の頃学校で使っていたという。名前は「チャウティンボウン」、いわゆる石版だ。黒い石版の上に何度でも書いては消せる。その姿が iPad そっくりだという。20年以上前、インドのラダックに行ったとき石版を使っていた子どもたちと出会ったことがある。ミャンマーでは今でも田舎で新品の石版が流通しているらしい。ぜひ買いたかったが、ヤンゴンではもう売っているところはほとんどないらしい。

    1991年インドのラダックの小学校。真ん中の子が石版を持っている。

    1991年インドのラダックの小学校。真ん中の子が石版を持っている。

    バゴーで見つけた。妹が初ミャンマーでやってきたので、4日間フルアテンドした。ちょっと足を伸ばそうということで、バゴーへ列車で行った。パゴダ参拝料が10ドルもするとは知らなかった。以前は無料だったのに。前日のヤンゴンでパゴダ巡りをした二人は、拝観料を払って2日連続でパゴダや仏像という気分になれず、市場巡りをすることにした。前日の大雨で足元がぬかるむ市場を歩いていてふと立ち寄った雑貨屋。あったーーー!

    バゴーの雑貨屋でチャウティンボウン(石版)を発見

    バゴーの雑貨屋でチャウティンボウン(石版)を発見

    ひと目でチャウティンボウンだとわかった。私を呼んでいたのだ。友人が言うように iPad にそっくりの形、液晶部にあたる部分が黒い石、外形の角はiPadと同じように丸くなっている。大きさも同じくらい。でも、チャウティンボウンのほうがずっと軽い。店では紙のノートと並べて売っていた。値段は大きいほうが750チャット(約75円)、小さいほうが650チャットだった。石で出来た石ペンが2本で50チャットだ。私は大きい方を買った。「これは世界的にも価値があり、ユネスコも調査に来た」と熱く語ったせいか、妹は小学生の甥っ子へのプレゼントとして小さな方を買った。

    iPadとそっくり、いやiPadがそっくり

    iPadにそっくり、いやiPadがそっくり

    このチャウティンボウン、今ではコミュニケーションツールとして絶大な力を発する。食堂に持って行きウェートレスに見せると、「懐かしいー、小学生のときに使っていた!」と大人気だ。みんな手に持ってビルマ語を書いてくれるので、ビルマ語の勉強にも役立つ。ヤンゴン生まれでも30才以上の人は小学生の頃使っていた人が多いようだ。20才前でも田舎の子なら子供の頃使っていた。私が日本語を教えている21才のヤンゴンっ子に見せると、彼女も知っていた。子供の頃、おばあちゃんが買ってくれたというだ。でも使わなかったそうだ。おばあちゃんちょっとかわいそう。

    mPad(チャウティンボウン)とスタイラスペン(石ペン)

    mPad(チャウティンボウン)とスタイラスペン(石ペン)


    石版と同じ材質でできている石ペン。千代紙のような飾りがかわいらしい。

    石版と同じ材質でできている石ペン。千代紙のような飾りがかわいらしい。


    実際に「mPad」と書いてみた。指でこすって消した他の文字も薄く見えている。

    実際に「mPad」と書いてみた。指でこすって消した他の文字も薄く見えている。

    私がいつも持ち歩いているバックの中には iPad が入っているのだが、ここにチャウティンボウンが加わった。私は mPad と名付け、みんなに自慢気に見せびらかしている。

  • PayPalはネットの支払いでよく使っている。特に海外サイトではPayPalに対応しているところが多く重宝していた。ミャンマーでも支払いをPayPalで行おうとした。

    うん? なんかおかしい。ログインできない。その直後にPayPalからメールが来た。

    米国財務省のOffice of Foreign Assets Control (OFAC)により管理されている規制に違反している可能性のある取引が認められました。

    ミャンマーはアメリカの経済制裁国から外れたはずなのにこんなことになるなんて。Appleのアカウントは問題なく使えたので油断していた。私のPayPalアカウントは現在停止中。PayPalにはクレームのメールを出したが返事が来ない。このまま私のアカウントは抹殺されてしまうかもしれない。

    これもミャンマー生活、だな。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad