• ミャンマーの動物、自然を撮り続けている大西信吾さんの写真集『Mother of life, the river AYEYARWADY』が出た。ミャンマーの動物・自然に関する本で、これほど写真が豊富で解説も詳しい本は世界でも始めてだ。文章はミャンマー人と世界の多くの人たちにミャンマーの自然を知ってほしいということで、英語とビルマ語(ミャンマー語)で書かれている。

    Mother of life, the river AYEYARWADY

    大西信吾さんの写真集『Mother of life, the river AYEYARWADY 』

    大西さんは20年以上ミャンマーの動物・自然を撮り続けている。大西さんの話すミャンマーの動物や自然の話は抜群に面白い。特にゾウとワニについてはいつ聞いてもワクワクする。本当に動物が大好きな人だ。その大西さんの今までの活動の集大成ともいえるのがこの本だ。多くの写真と共に、英語とビルマ語で詳しい解説を載せている。学術的資料書としても貴重だ。

     目次

    Prefa 4
     Chapter 1. Origin of Great Flow 6
     Chapter 2. Fascinating Sister, CHINDWIN 16
     Chapter 3. Stage of Diverse Culture, AYEYARWADY mainstream 36
     Chapter 4. Unique Branches 84
     Chapter 5. In Obscure Deep Valley 114
     Chapter 6. Horizontal Green Delta 152
     Chapter 7. AYEYARWADY Symbolic Three Animals 168
     Chapter 8. Side of Modern Daysce 246
     Chapter 9. One Step toward Hopeful Future 258
     Chapter 10. Returning Place of Eternal Circulation 298
    Afterword 308
    Place of photographing on the book 314
    巨大ワニ

    イラワジデルタには、6mを超える巨大ワニがいる。

    この本、ヤンゴンではインワ・ブックストア、モニュメント・ブックス、ミャンマーブックセンターなどで扱っている。3/23日現在、インワ・ブックストアでは売り切れだったが、ミャンマー・ブックセンターでは在庫があった。値段は30,000Ks。

    日本ではまだ販売してないが、興味のある方は著者の大西さんに直接問い合わせるように。大西さんのブログはこちら。

    http://onishingo.blogspot.com/

    なお、3月26日に上野動物園で開かれる「第7回シンポジウム ゾウオロジー」で大西さんの発表がある。また、3月29日に高円寺の「Cafe & 雑貨ぽれやぁれ」で、大西さんの講演会がある。大西さんの話は非常に面白いので、東京近辺の方はぜひ行ってみてほしい。詳しいことは大西さんのブログをごらんください。

  • 「8月末にはヤンゴンに引越しするぜ」

    と言っときながら、送別会ばかりでなかなか準備が進んでなかった。「行く行く詐欺」ではと一部で噂されていたが、ついに決まった。9月17日の深夜に出発し、ヤンゴン到着は18日の夕方だ。

    今回は初めてのAir Asia、マレーシアのクアラルンプール経由だ。ヤンゴンまでスルーではなく、一度マレーシアに入国しなきゃいけない。空港に半日だけだけど、私には初めてのマレーシアだからちょっとワクワクしている。

    18日に出国するには、部屋の片付けやら区役所やらなんたらの解約やらいろいろと雑務を終わらさなきゃいけない。そうだ、ミャンマーへ船便で送る荷物もまとめなきゃ。荷物は極力減らして100kg以下にしたい。今回頼むミャンマー人の会社は1kgが400円だから100kgで4万円、日本からヤンゴンまでドアツードアで運んでくれる。ただし、コンテナに荷物がいっぱいになったら船に載せるので、いつ届くか分からない。ヤンゴンで気長に待たなきゃいけない。

    そうだ、今月初めに行った「ミャンマーレストランに行ってきた」のページの作成もまだだった。出発直前までドタバタが続きそうだ。

    2013年4月1日追加

    ここに書いた船便の会社についての問い合わせがいくつかありましたので、みなさんに紹介いたします。

    この会社はNay Aung さんというミャンマー人が個人的に行なっている会社です。連絡先は以下の携帯電話になります。
    080-3316-9831

    日本語OKです。東京近辺だとトラックで自宅まで取りに来てくれます。送り先がヤンゴンの場合は送り先まで直接届けてくれます。ヤンゴンに届く日数はケースバイケースですが、私の場合は3ヶ月ほどかかりました。日本から送ったダンボールは全てヤンゴンに届き、中身も問題ありませんでした。ただし、税関でのチェックのため3割程度のダンボールは一度開封されてました。

    金額は400円/kg ですが、大型テレビなどは別途税金がかかるそうです。

  • 今月に入って3回目の送別会が一昨日の金曜日にあった。誰の送別会? 私です。

    去年の暮の頃だった。長年住んできた小岩から引越ししたい気分になった。どこに引っ越そうか。中央線沿線、千葉、神奈川、はたまた大分。どうもピンと来ない。そのとき突如頭に浮かんだのがヤンゴン!おお、ヤンゴンは楽しそうだ。環境が大きく変わって気分転換になる。友人も何人かいるので、飲み会も楽しそうだ。ひさしぶりにワクワクしてきた。

    最初は単なる思いつきだったがだんだんと本気になってきた。で、「8月末にヤンゴンに引っ越するぜ」と3月くらいには友人たちにも宣言することになった。そして、本当に8月がやってきた。

    ということで、立て続けの送別会だ。先月末には、ジャズライブの店「なあ〜じゅ」を借りきって、ジャズライブ付の送別会。一昨日は高田馬場のシャン料理店「マイソンカ」で、20名ばかりミャンマー関連友人で集まってくれた。なんと餞別に時計とかりゆしシャツ。大切にします。

    8月末はすぐそこだが、これからやっと引越しの準備をはじめる。9月になってしまうかもしれない。餞別返せと言われそうだ。

  • The Lady 出演者がどれだけ本物に似ているかチェックしてみた。

    アウンサン将軍
     かなり若い感じだったが、アウンサン役だとひと目でわかった。

    アウンサンスーチー
     スーチーを柔らかくしたような雰囲気。ハンガーストライキでベッドに横たわっていたときの表情はそっくり。ビルマ語上手い。演技は非常によかった。

    マイケル・アリス
     似ている。演技もよかった。

    息子たち
     二人ともかなり似ていた

    ネウィン
     ネウィンよりタンシュエ っぽかった。演技が下手だったので素人のビルマ人?

    タンシュエ
     全然似てない。彼もたぶん素人のビルマ人

    キンニュン
     1シーンのみでてきた。セリフや演技はなかったが、キンニュンにそっくりだった。

    一番似ていたのがキンニュン。スーチーを開放するかどうかで日本の外務省と将軍たちとの会談のとき、将軍たちの中にキンニュンを発見。おお、そっくりだ。おもむろに、カメラがキンニュンをアップ。発言を期待したがセリフなし。その後も何もなし。あれだけ似ているんだから、一言ぐらい言わせてほしかった。

    そういえば、95年頃バンコクのカオサンにいたときだ。映画撮影で日本兵役のエキストラに出ないかと誘われたことがある。たぶん、有名な『メナムの残照』の撮影だったんだろう。ちょうど坊主頭だったので日本兵にぴったりだったみたいだが、そのときは先約があってエキストラを断ってしまった。もし出ていたら、「何だあの下手な役者は!」と言われていたに違いない。

  • 日経ホールで行われた、『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』の試写会に行ってきた。アウンサンスーチー役のミシェル・ヨーはビルマ語も上手く熱演だった。家族の物語として見ると、丁寧に描いてなかなかいい映画だった。しかし、話の中心がミャンマー国内に移ると急に粗雑な映画になる。

    なんでスーチーさんとお母さんが英語でしゃべるんだ? 学生も英語だ、あれ、将軍同士だとビルマ語だ。首長のパダウン族や顔面刺青のチン族がなんで出てくる? 将軍たちの場面は典型的なB級映画、出来の悪い007かバッドマンのようだ。ビルマ国内のことももっと丁寧に描いてほしかった。

    ミシェル・ヨーの素晴らしい演技に感動していた私だったが、しらふに戻ってしまった。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad