• 今回の地震で世界中が日本を心配してくれているが、ミャンマーからも応援が届いた。

    日本ミャンマー合作映画『血の絆』の主演女優、池田美冬(麻生あかり)さんがヤンゴンで仲間と一緒にチャリティーバザーを開いたのだ。1日で日本円にしてなんと50~60万円集まった。日本と比べると1/10以下の物価、給料5,000円が普通の国でこんなに集まるとはすごいことだ。彼女から日本の友人にその様子を書いたメールが届いたので、本人の了承でここに転載します。

    以下、池田美冬さんより、
    *************************************************************

    実は地震後、狂ったようにインターネットを見て、映像が流れるのを食い入るように毎日見ているうちに眠れなくなり、食べれなくなり鬱にはいりました。自分でできることを真剣に考えて、何ができるのか何をするべきが考えました。ここでは簡単に募金もできません。
    そこで思いました。芸能人の真似事をしてきて、7年にもなり、今何かしないと絶対に後悔する。そこでもう一人の日本人女性と二人で4月の9日にチャリティーバザーを開催することになりました。

    52区画。ミャンマー人が進んでお店の場所代を寄付として提供してくれました。芸能人崩れの為か、知られているのがいい方に転がったのか、皆すぐに私を信用し、何も言わずに協力してくれます。あさってです。死ぬ気になって成功させます。たとえ日本円で少ない額でも、ミャンマー人が日本人のために進んで寄付してくれる。寄付したかったんだけどどこにしたらいいのか分からなかったから・・。ありがとう。逆に言われました。

    たいした金額にはならないかもしれない。それでもこの貧しい国の人々がほんとに日本のことを心配して、自分のできる額で寄付してくれた。このお金はこの価値は絶対にその額以上のものだと、私は思います。そして今こそ声を大きくして言いたいです。ミャンマー人だって悪いニュースばかりではなく、日本のことを思い、心を痛めて協力しようとする温かい心をもっているのだと。

    --------------------------

    エピソードを少しだけ。
    バザー区画があと1つを残して完売した夜のこと。私の夫の所へ電話が来ました。「何で俺の所に真っ先に連絡して来ないんだ?俺は日本の会社と取引してるんだ!これで日本を支援できるチャンスがあるのに俺が何もしなければ、どんだけ顔がつぶれると思うんだああ、ばかやろ~~。何が何でも場所をとっておけ!」電話は切れました。この電話で完売しました(笑)

    その夜他の男性からの電話「バザーでゲーム(輪投げとか、ダーツとか)をお金をもらって遊ばせて、そのお金を全部寄付しようと思ったのに、ゲームを手伝ってくれる人がどうしても足りません。すみません、すみません。これからお金をかき集めるので寄付として受け取ってもらえませんか?」学校の先生だったそうです。

    ある夫婦。もう数店舗必要なので、思い出してある男性に電話しました。確か奥様お土産やさんしてますよね?もちろん強制ではないのですが、こういう企画があって・・・。旦那様は興味あるのですぐに家内に電話して聞いてみます。すぐに返事が来て、「こういう企画に参加させてもらうことができて、本当にありがとう。間に合ってよかった」と逆に御礼を言われました。

    仲のよい友達。彼女はホテルで働いていますが、それほど裕福ではありません。なので、2日前に電話をしてこういう企画があるのだけれど、是非バザーに遊びに来てね、あと、共通の友達がお店を出すから手伝ってあげてねとメールをしました。するとすぐに電話が来て、「こういう事を聞いて参加しないでいられるわけない! 友達と共同でお金を出すから、場所を確保してね」と言われました。

    このバザー、お店の為の場所代を頂き、それを全て寄付に回します。来てくれたお客さんからは募金をしていただければ、ありがたくいただきます。その場所代。日本円で6000円。けして安くないです。出してくれる人は皆、売って利益を得ようとは思っていません。皆言います。寄付だから。売れなくてもいいんだよ。みんな寄付したかったんだけどどこにしたらいいのか分からなかったからよかった・・・
    私たちも別にPRするつもりはないんです。ただ、ここにいるミャンマー人だってやさしいぞ!!と、自慢はしたいけれど(笑)

    ----------------------------

    バザー終わりました。日本円としては少ないですが50万円から60万円は集まりました。皆さん本当に快く寄付してくださいました。お店も全て完売。人もまあまあの賑わいでした。

    ある日本人が場所のみを購入し、そこに孤児院の10人くらいの子供たちが手作りのキーチェンやタオル、ティッシュいれを売っていました。皆孤児院の子供たちと知っていますので、協力して買って行きます。日本円で1万円くらい売り上げがありました。よかったな~と思っていたら。しばらくして子供たちが皆集まってきてこう言いました。サイクロンの時日本人に本当に助けえてもらったから、今度は僕達の番です。材料費も取らずに全て寄付していきました。
    このお金が、心が少しでも日本に届きますように・・

    池田 美冬

    *************************************************************

    Tags: ,

  • エジプトでムバラク大統領が辞任した。20年前のソ連東欧の共産国崩壊を見ているようだ。

    ところで、この共産主義国崩壊の先駆けといえるようなことがビルマで起こった。1988年の民主化運動だ。それまでネウィン独裁で社会主義国だったビルマがささいなことをきっかけに大きな暴動、民主化運動に繋がった。その結果、ネウィン独裁と社会主義は消え去ったが軍事クーデターにより軍政になってしまった。その翌年1989年、中国で天安門事件が起こる。ビルマと同様に軍が発砲し多くの犠牲者を出し、共産党は生き残った。しかしその翌年、1990年にはベルリンの壁崩壊、1991年にはソ連崩壊へと繋がっていった。

    それから19年後、2007年にミャンマーで僧侶を中心とした大規模な民主化デモが起こる。このときも軍が発砲しデモは失敗に終わった。その翌年2008年、チベットで大規模な反政府運動が起こる。これも軍によって力でねじ伏せられた。そして今回のチュニジア、エジプトの民主化だ。

    大規模なデモがまずミャンマーから始まり次に中国、そして世界へという流れが20年を隔てて同じように起こった。ミャンマーと中国では失敗したというのも同じだ。単なる偶然か、はたまた何か因縁でもあるのだろうか。

    Tags: , , ,

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad