• 携帯ショップに人気の携帯を聞いてみた。といっても、カバエパゴダ通りのたったの2店だけなので、人気調査とはいえないかも。

    最初のショップでは1番人気はサムソン、2番目は中国のファーウェイ(華為技術)、3番目がノキア、4番目にやっとソニーが出てきた。ちょっと前までノキアがダントツの1番だったらしいが、ミャンマーでもスマートフォン人気でサムソンがトップになった。ファーウェイは格安スマートフォン(80,000チャット)で人気らしい。最も安い機種はノキア製(25,000チャット)、ソニーは携帯のブランドイメージではサムソンに負けているらしい。

    次の店でも1番人気はサムソン、2番人気はソニーががんばった。3番目はGioneeという知らないメーカー、これも中国の格安スマートフォンで有名らしい。ヤンゴンでもすっかりスマートフォン時代になっている。

    iPhoneについては、別格のよう。奥のほうに箱だけ3台ばかり並んでいた。16GBのiPhone4Sが50万チャット以上で売っていた。ソニーが10万から20万チャット台、サムソンが10万から30万チャット台の値段と比べてもずいぶんと高い。プレミアが付いているようだ。

    この店では1番人気がサムソン、2番人気がソニーだった

    Posted by 後藤 修身 @ 03:50

  • One Response

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad