• なくした財布を探しにバスターミナルへ向かった。

     3月31日の家計簿(為替レート 1円=9.334チャット)

    1. タクシー (バスターミナルへ) 6,500Ks
    2. タクシー (バスターミナルからジャンクションスクエア) 5,000Ks
    3. タクシー (ジャンクションスクエアから帰宅) 2,000Ks
    4. 謝礼金 (財布を見つけた人にお金と電話カード) 30,000Ks
    5. ジャンクションスクエアの喫茶店 3人分 4,100Ks
    6. ジャンクションスクエアのシティーマートで買物
      • Hawaii アイスクリーム 250cc 1,250Ks
      • ライム 5個 550Ks
      • ピーナッツ油 1L 2,350Ks
      • CP鶏卵 10個 1,300Ks
      • 牛乳 800g 850Ks
      • 紙皿 7inch 20枚 850Ks
      • スパゲッティ 500g 1,050Ks
      • 洗剤 700g 1000Ks
      • 殺虫剤 300ml 1,500Ks

      合計 58,300Ks(6,246円)

     朝9時過ぎ、福島夫妻と一緒に長距離バスターミナルのあるアウンミンガラに到着した。昨夜は、バス会社は Asia Express(行きに乗った) だと思い込んでこの会社へ深夜電話したのだが、実際は他の会社だった。しかし、バスの会社もバスナンバーも分からなかった。途中乗車なのでチケットなどがなかったからだ。結局、ピィーとヤンゴンの間を運行しているバス会社を一社ずつ探すしかなかった。

    アウンミンガラ・バスターミナル

    アウンミンガラ・バスターミナルはかなり広い。この写真は以前写したもの。

     このアウンミンガラ、かなり広い。ミャンマー人である福島さんの奥さんの通訳により、会社が何社か絞られた。3社目に行った時だ。

    「このバス、昨日のバスじゃない?」

    との福島夫妻の言葉。恥ずかしながら私にはあまり覚えがなかったが、正面を見ると何となく記憶が蘇った。早速バス会社の人に説明し、自分が座った最後部座席の右側を重点的に探した。しかし、見つからなかった。

     しょうがない、あきらめるか。バスから降りようとしたとき後から入ってきた若い男性一人が

    「掃除のときに財布を拾った」

    と言いだした。えっ本当? 彼は自分のバックに手を突っ込んだ。そして出てきた。

    「あ、あ、あ、、、これだっ!!」

    すごい、本当に出てきた。昨夜の確信が今日は現実になった。

     現金はちゃんと折りたたんでいた。USドルが115ドルにチャットが5万数千チャット。正確に数字を言われても、私がいくら入っていたか正確な数字を覚えていない。たぶん、それに間違いない。カンボーザ銀行のカードもVISAカードも名刺もちゃんと入っていた。見つけたTさんに何度もお礼を言った。そして、20,000チャットお礼を渡した。ここまで付き合ってくれた福島さん夫妻にも感謝だ。

    財布を忘れたバス

    財布を探すのに夢中でまともな写真がないが、このバスの中でなくした。

     バス会社を後にし、タクシーを拾おうとしたときだ。電話がかかってきた。

    「ハロー、◯▼✕*?」

    訳の分からないビルマ語(私のビルマ語能力が低いだけだが)を聞き、間違い電話と思った。でも、財布がどうやらバスがどうやらと言っている。そうか、さっきのバス会社か。福島さんの奥さんに電話を代わってもらいやっと事情が分かった。財布を見つけたTさんは、財布の中に10,000Ksの電話カードが入っていたのを忘れていたらしい。それで、これから電話カードを渡したいと言っていたのだ。正直なTさん、電話カードはお礼としてそのまま彼にあげることにした。

     ところで、2012年12月のブログ「ミンガラドン空港で携帯をなくした!ところが・・・」で私の落し物遍歴を書いている。あったあった、長距離バスターミナルの話が。これは1995年の頃の話だ。その当時長距離バスターミナルはソバジゴンというところにあった。そこで現金1,000ドルとパスポートを落としたのだ。それが見事に出てきた。これがたしか私のミャンマー落し物履歴の第1号だ。それから19年後、またバスターミナルでの紛失劇だ。バスターミナルは場所も名前も変わったが、私の落し物癖は全然変わってない。これから先も落し物リストが増えていきそうだ。

     ところで、今日は1ヶ月限定の家計簿の最終日だった。財布が見つかって、安心して買い物をすることができた。

    今日の買い物

    ヤンゴン家計簿1ヶ月限定の最後の買い物

    •  牛乳は若干量が少ないがポリ袋入りのほうが割安。
    • スパゲッティは太麺が2,000Ks以上、安いものは細麺のしか置いてなかったので、しかたなく1パックだけ細麺を購入。
    • ライムは5個で550Ks。団地内の市場より安い。市場の八百屋のおばさんに悪いが、5個入りを購入。
    • 最近、油は輸入品のオリーブオイルを使って贅沢だったので、ミャンマーでは最も一般的なピーナッツオイルを買った。スパゲッティ以外はこれで十分だ。
    • 戸別訪問で買ったP&Gのエリエールの残りが少なくなってきた。今度は Made in Myanmar の E-LANを購入。
    • 以前買った安い中国製の殺虫剤は霧吹きではなく雨吹き状態だった。このミャンマー製の Jumbo は中国製より高いが、ちゃんと噴霧する。
    • Hawaiiのアイスクリーム、最近ちょっと贅沢だったんで今日はおとなしく少量。

     全部で10,700Ksが3月最後の買い物だった。1ヶ月間続いた家計簿のおかげか、最初のころより値段に敏感になってきたようだ。それに、スパゲッティ以外は全部 Made in Myanmar だ。ミャンマー経済にもちょっと貢献。

    さあ、もう4月だ。家計簿ブログをどうしよう。

  • 地方に行っていたためアップが3日ばかり遅くなりましたが、家計簿はちゃんと続きます。

     3月29日の家計簿(為替レート 1円=9.394チャット)

    1. タクシー(福島さんの家へ) 4,000Ks *途中忘れ物をしたので引き返す
    2. 長距離バス(ヤンゴン → Gyobingauk) 4,500Ks
    3. 夕食 (バスターミナルでシャンカウスエ) 1,400Ks
    4. バスの中で
      • シューゼー 300Ks
      • ティッシュ 100Ks
    5. 夕食2 (ドライブインでヤギカレー) 2,000Ks

     合計 12,300Ks(1,309円)

    ひさしぶりにヤンゴンを出た。バゴー山地に近いピィー手前の町 Gyobingauk へ向かった。同行者は、福島さん夫妻。ジョービンガウ(Gyobingauk)には、福島さん夫妻の友人であるPさんが住んでいる町だ。

     いつものことであるが、出発からして忘れ物をしてしまった。タクシーに乗ってしばらくしてカメラを部屋に忘れてきたのを思い出したのだ。2,000Ksで交渉成立したタクシーが、途中引き返しで4,000Ksになってしまった。

    ピィー行きのバス

    我々が乗ったピィー行きのバス。乗用車は日本製が圧倒的だが、バスは韓国製もよく見る。

     バスはヤンゴンを18:00に出発し、ジョービンガウがもうすぐだというところで、食事のためバスは停車した。バスターミナルで食べたのはシャンカウスエだけという軽食だったので、このドライブインでも食事をとることにした。福島さんが以前ジョービンガウにバスで行ったときは、ドライブインでバスに置いて行かれそうになったそうだ。その話を聞き、タミンジョー(フライドライス)をやめて、すぐに出てくるミャンマーカレー(ヤギ肉)にした。

    ドライブインの食堂

    ジョービインガウッの直前で夕食タイムとなり、ドライブインでミャンマーカレーを食べた。

     ジョービンガウには22:30ごろ無事到着した。

     バスの中で買ったものをひとつ紹介する。シューゼイだ。キャップを外して鼻の穴に突っ込ん息を吸うと、スッキリ!! 怪しそうだが、本当は怪しくない。ミャンマーでは(タイでも)一般的なもので、メンソレータムの香りで頭と鼻がすっきりする。旅のお供に最適、ガムを食べるのと同じようなものだ。私は東京にいたときも、ミャンマー雑貨屋で時々買っていた。

    旅のお供にシューゼイ

    旅のお供にシューゼイ。頭すっきり鼻スッキリ。

  • 今日はヤンゴン大学ミャンマー語コースの修了式、いつもより早く家を出たが・・・

     3月28日の家計簿(為替レート 1円=9.394チャット)

    1.  タクシー(ヤンゴン大学へ) 2,000Ks
    2. タクシー(ヤンゴン大学からMyanmar Japonへ) 2,500Ks
    3. タクシー(ハウスオブメモリーから帰宅) 2,000Ks
    4. 写真プリント (4×6インチ 14枚、8×12インチ1枚) 4,000Ks
    5. 電話カード 10,000Ks

     合計 20,500Ks(2,182円)

     今日はヤンゴン大学のミャンマー語コースの修了式の日だ。いつもより余裕をもって早く家を出た。1階のおばあちゃんが珍しく朝早くから店先に座っていると思ったら、呼び止められた。

    「隣りの雑貨屋のおばあちゃん、亡くなったの」

     !!! 私の日本語の生徒Yさんのおばあちゃんではないか。それも、つい2週間ほど前にYさんの卒業式でおばあちゃんの写真も撮ったばっかりだった。周りに人も集まってきてあれこれと話しが続いた。私は大学があるので途中で話から抜けた。

    ヤンゴン大学タウングー館

    3ヶ月間授業が行われたヤンゴン大学タウングー館

     大学へ着くとセレモニーの用意ができていた。座って待っていると、

    「ゴトーさん、今日生徒代表で挨拶して」

    先生から指名されてしまった。えっ!?、もうすぐ式が始まるのに。前日に言ってほしかったが、しょうがない、これもミャンマーだ。Mya Nandar の歌詞を書いた紙にあーでもないこーでもないと、カタカナでビルマ語を書き始めた。

     今日の修了式、我々外国人生徒だけでなかった。いつも同じ時間に隣りの教室で勉強していたミャンマー人社会人コースの生徒たちもいた。彼らはビルマ語の文語と習うために来ていた。先に彼らの式が進んでいった。よかった、このちょっとの間、私は挨拶の文面を考える。

    修了証書授与式

    修了証書を一人ひとり手渡してくれた。

     ついに我々の式が始まった。一人ひとり修了証書をもらった後に挨拶に指名された。何とかまとめあげた紙を手に、壇上で簡単なビルマ語での挨拶を始めた。ちょっと間違ったほうが外国人らしくていいだろうと思うと、逆に気楽に話ができた。

    みなさん、ミンガラバー。

    私は外国人生徒の後藤といいます。ヤンゴン大学で初めてのミャンマー語外国人コースを終了することができて嬉しく思います。

    このコースは去年の12月に始まりました。朝早くから始まるので、最初の2、3日はとても眠くて来るのが大変でした。でも、3日4日5日と進むに連れて、授業が楽しくなりました。先生方が一生懸命に教えてくれたからです。先生、ありがとうございました。

    ヤンゴン大学でのこの授業は一生忘れることがないと思います。

    みなさん、ありがとうございます。

    挨拶なので社交辞令も入っているが、大学へ行くのが楽しかったのは本当だ。学校の良さは年をとったほうが分かるようだ。

    モヒンガが振る舞われた

    式の後、モヒンガが振る舞われた。

    大学の後は写真の仕事があったので帰ったのは夕方だった。早速、Yさんの卒業式の写真を探した。あった。孫娘の卒業式で楽しそうなおばあちゃんの姿があった。その12日後に亡くなるなんて。人間、何が起こるかわからない。おばあちゃんが写っている写真データをメモリに入れ、近くの写真屋に向かった。本当に楽しそうに笑っているポートレート写真1枚はA4サイズに引き伸ばした。私が撮った写真がおばあちゃんの最後の写真だった。

     おばあちゃんの家(私の部屋の階下)に写真を持って行き、Yさんから最後を聞いた。おばあちゃんは、夜中1時ごろ急に心臓が苦しくなり、急いで車で病院に向かった。最初のクリニックでは、心臓の病気は診ることができないということで、ヤンゴン総合病院へ向かった。病院に着く前に車の中で息を引き取ったという。72才だった。

  • 今日は国軍記念日で休日。日本の軍政下にあった昭和20年のビルマで、日本に対して反旗を翻した日だ。

     3月27日の家計簿(為替レート 1円=9.455チャット)

     いつもの雑貨屋で買い物

    • コカコーラ 1.25L 900Ks
    • スプライト 425mL 300Ks
    • ポテトチップス 500Ks
    • タミンチャウジョー(スナック) 200Ks
    • トーフジョー(スナック) 200Ks

    合計 2,100Ks(222円)

    今日は国軍記念日で休日なので、大学は休み。修了式に備えて Mya Nandar の歌の練習をした。先生がプリントしてくれた歌詞を教室に忘れてきたので、自分でPCに打ち込むはめになった。おかげでビルマ語のタイピングの練習にはなったが。

     私の住むアパートの1階は小さな雑貨屋になっていて、よくおばあちゃんが店先に座っている。このおばあちゃんは私のビルマ語の先生でもある。分からない言葉があると、彼女によく聞いているからだ。また、戦時中を知っている彼女は私によく日本兵の話をしてくれる。ヤカインのタンドウェにいた彼女は日本兵に悪い印象はなかったようだ。

    そのおばあちゃんが、今日の国軍記念日のことを話してくれた。日本軍政下にあったビルマで、アウンサン将軍率いるビルマ国軍が日本に反旗を翻した日だ。このことをおばあちゃんは申し訳なさそうに話しをした。私が日本人だということを気遣ってのことだった。

     今日は昨日に引き続き、今まで書き残していたことを書く。それはコーヒー。ミャンマーはイギリス植民地だったせいかミルクティーが有名だが、コーヒーもそこそこ飲む。一般の人たちはコーヒーミックスという砂糖やミルクも一緒になったインスタントコーヒーをよく飲むが、コーヒー豆を売っているコーヒー専門店もある。

    コーヒー専門店の豆

    スーレーパゴダの近くにあるコーヒー専門店で買った豆。

     ヤンゴンに移住してから10種類近くの豆を買ってきた。ミャンマーのコーヒーの特色として、深煎りが多い。それもかなり深いやつだ。酸味はほとんど感じないものが多い。元々深煎りの好きな私なので喜んで買っていたが、ちょっと煎りすぎではと思うようになった。深煎りというよりも単に焦げているのではと思うようなものもあった。

    ミャンマーのコーヒー豆

    深煎りの豆が多い。豆が不揃いのものもけっこうある。

     そんなコーヒーばかり飲んでいた私にWさんが Ananda のコーヒーをプレゼントしてくれた。おおお、今までと違うぞ。これも深煎りなのだが、程よく抑えた深煎りだ。酸味もちょっとあるし、香りもいい。豆を見ると大きさが均一で形の揃った豆ばかりだ。煎り方も均一で色が揃っている。日本で売っている豆だと当たり前かもしれないが、ミャンマーだと大きさもバラバラ、煎った後の色も不均一のものが多い。

    Arnandaのコーヒー豆

    Arnandaのコーヒー豆。200gで2,500Ks。

     すっかりAnandaファンになってしまった。200gで2500Ksと、他の豆に比べると倍ぐらいの値段がするが、満足感が全然違う。いつも200g入りを3パック買ってきて、すぐに冷蔵庫の冷凍室に入れるようにしている。温度の高いミャンマーで室温で保存していると、あっという間に豆が劣化してしまうからだ。冷凍室だとかなり長期間保存してもだいじょうぶのようだ。豆の産地はピンウールィン。やはり、ここの豆がミャンマーでは一番多い。

    冷凍室に入れたコーヒー豆

    購入した豆は冷凍室へ

     この Ananda コーヒー、シティーマートなどのスーパーでも売っているが、豆でなく挽いて粉になったものだけだ。豆のままで買いたい場合は、ダマゼディー通りにあるマーケットプレイスに行かないといけない。1階の真ん中あたりに、Anandaコーヒショップがある。フランス系の店だという。

    Anandaコーヒーショップ

    マーケットプレイスの1階にあるAnandaコーヒーショップ。

    マーケットプレイスの2階がシティーマートだ。ここのシティーマートがヤンゴンで一番品揃えが豊富だ。注意しないとコーヒー豆を買いに行ったのに、他のものも買ってしまったということによく起こる。

  • 12月から通っていたヤンゴン大学のビルマ語(ミャンマー語)コースも終わりが近づき、修了式のときにミャンマーの歌を歌うことになった。

     3月26日の家計簿(為替レート 1円=9.478チャット)

    1.  タクシー(ヤンゴン大学へ) 2,000Ks
    2. バス(ヤンゴン大学から帰宅) 200Ks
    3. ヤンゴン大学喫茶店で食事 2,000Ks

     合計 4,200Ks(443円)

     大学の授業は今日が最後だった。去年12月17日から始まり約3ヶ月、3月28日金曜日が終了式だ。修了式のときに生徒全員でミャンマーの歌 Mya Nandar を歌うことになった。この歌はテンジャン(水かけ祭り)の有名な歌で、ミャンマー人なら誰でも知っているという。女性陣は踊りも習っていた。28日はどうなることやら。

    Mya Nandar の踊り

    Mya Nandar の踊りを練習する女性陣

     授業が終わった後、先生たちと生徒たちとですぐ近くの喫茶店でブランチを食べることになった。わいわいがやがや、楽しい食事が終わった。この場は生徒たちのおごりということになったが、多勢に無勢で韓国人生徒たちに押し切られ、私はたったの2,000Ksという、家計簿にやさしい支払いになってしまった。

    大学内の喫茶店

    ミャンマー語クラスのすぐ近くにある、大学内の喫茶店。先生と生徒たち。

     さて、今日は今まで紹介できなかったものを書きたい。今日は、オリジナル料理から。

     ヤンゴン冷麺

    •  冷やし蕎麦の汁
    • マーラーヒンの麺
    • 玉子焼き
    • きゅうり
    • アスパラガス
    • トマト
    • ジューミィッ
    ヤンゴン冷麺

    オリジナル?、「ヤンゴン冷麺」。マーラーヒンの麺の原料は?

     オリジナルといっても、普通の冷やし蕎麦の麺をマーラーヒンの麺に変え、ジューミィッを加えただけなので、オリジナルと言っていいものか微妙だ。でもこれはうまかった。暑いときには冷やし蕎麦のさっぱりした汁にマーラーヒンのつるつるでコシのある麺、ジューミィッの大人の辛さがピリッとして素晴らしい味のハーモニーだ。日本で作る場合はマーラーヒンの麺の代替品として韓国冷麺(または盛岡冷麺)の麺がぴったりだ。

    この韓国冷麺の麺にそっくりなマーラーヒンの麺、つるつるで非常にコシがある。何から作っているんだろう? 今、ミャンマー人の友人に確認中なので分かったら報告したい。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad