• 異郷の女友人から珍しい本を借りた。『異郷の女』という1956年に出た小説で、作者は村松喬。

    戦時中のビルマに派遣された日本人記者とシャン族の娘の恋愛小説だ。戦時中のビルマ関係の本というと戦記物ばかりで、こういう本は珍しい。

    読む前はそれほど期待していなかったのだが、読み始めると止まらなくなった。面白くて一日で読んでしまった。男女の恋愛に、日本とビルマという支配者と非支配者のの関係が絡んでいる。読んでいて、ジョージ・オーウェルの『ビルマの日々』を何度も思い出してしまった。作者もかなり意識して書いるように思える。

    ジョージ・オーウェルは常に冷静にビルマを見ていたが、村松喬は個人的にビルマに入れ込んでいたようだ。人間としてのビルマ人や人の住む町の描写が多く、ビルマにかなり好意的に書いている。それに、恋愛小説なのに読み終わったらビルマの基礎知識も頭に入るという本だ。

    小説の中でワ族やパンデー人のことが書かれていたのにはびっくりした。ワ族の入り口の町、パンロンまでの旅を書いている。パンロンは中国系イスラム教徒、パンデー人の故郷でもある。このパンロンではワ族とは出会えなかったが、途中、「家ワ」と呼ばれる、危害を加えないワ族と出会っている。家ワというのも初めて聞いた。

    作者自身、毎日新聞の記者で実際に戦時中のビルマに派遣されている。小説という形式になっているが、恋愛も含めて実際の体験がかなり含まれているに違いない。

    この本のように、ほとんど知られていないが面白いビルマ関係の本が他にもあるかもしれない。

  • 2005/08/31 4 Comments

    ある方から、この本を贈っていただいた。
    大阪河内に住む60歳代の安富美子さん。旅好きの彼女が96年に初めてミャンマーを訪れ、魅せられてしまった。それから足繁くミャンマーに通うこと8年間で20回、最後はこの本を書き上げるまでに至った。自費出版の本なので一般には出回っていないが、肩肘張らずに楽しく読める本だ。

    ほとんど地方に旅をすることもなく、ヤンゴンに逗留していました。そして道ばたの青空食堂で町の人たちと同じものを食べ、甘いコーヒーを飲み、バスに乗り、至る所歩き回って過ごした日常のなかで遭遇した事を記したものです。

    と書いているように、旅ものの本とは違い、ヤンゴンでの話が中心である。自分で「河内のばあちゃん」と書いているくらいだから、気取らない元気な方だ。好奇心いっぱいで、いろんなところに顔を出し、いろんな人と仲良くなっている。この本を読んだら、「あっこの人知ってる」と懐かしく思ったり、「そうそう、自分も同じこと思った」とうなずく人が多いのではないだろうか。また、ヤンゴンのアパートで一人暮らしの経験をしたくらいだから、普通の旅行者には分からない話も書かれている。

    ある日のミャンマーの情景、

    少し経つと、思いもかけない懐しい匂いがただよってきた。近くの家の台所からだ。見ると、目の荒い木の柵の問からうす青色の煙が立ち昇っている。そのほのかな煙が運んでくる懐しい薪の匂いは、小学生のころ疎開先の竈の前で知った匂いである。この匂いに数十年の時を引き戻される。その地方では「かまや」と呼んでいた天窓のある広い土間の台所の有様がたちまち脳裏に蘇ってきた。分厚い木のふたをした羽釜で炊いた麦ご飯のおいしかったこと。やがて、煙の匂いとともにおいしそうな匂いも昇ってくる。その家には最近赤ちゃんが生まれたのだろうか。激しい泣き声も聞こえてくる。幼児と母親らしい女性の声もする。そんな時、人が暮らしていることを実感するのである。

    安さんにとって、ミャンマーは遠い少女時代に戻り感傷的になれるところでもある。私もミャンマーにいて時々郷愁というか、デジャヴュのようなものを感じることがある。「日本で失われたもの」なんていう使い古された常套句ではない何かである。安さんもこの郷愁的なる何かと、日本とは全然違う現実がごちゃまぜになったミャンマーを楽しんでいる。

    この本に興味を持たれた方は、直接安さんに連絡してみてください。
    メールアドレスが、
    yasuyumi@d1.dion.ne.jp
    になります。

  • 2004/11/28 5 Comments

    ミャンマーの人気作家、ミンテインカの『マヌサーリー』を読んだ。ミャンマー人作家の本はひさしぶりである。今まで日本語に翻訳されたミャンマー人作家の本を何冊か読んだが、正直いって面白い本はあまりなかった。マ・サンダーの『欠けている所を埋めて下さい』は非常によかったが、それ以外はいまひとつであった。ということであまり期待をしていなかったのだが、なんのなんの、けっこう面白かった。

    植民地からの独立間もない民主主義の時代でもあった1950年代、骨董屋を営むアウントゥンが古い小さな壷を手に入れたのがきっかけに、次々に起こる不思議な事件。そして、幻の美女マヌサーリーを探し求めることになる。幻の美女というのはよくあるパターンであるが、悲しき男の性で、美女というだけでわくわくしてしまう。物語はインドに話が飛んだりブッダの生まれる前の時代に飛んだりとスケールが大きい。ミャンマー版伝奇小説といった雰囲気だ。日本でいうと泉鏡花や半村良あたりか。といっても、泉鏡花は読んだことはない。半村良なら昔、一時凝っていた頃がある。ミンテインカの本にも、超能力、錬金術、瞑想といった世界が広がる。ミャンマーでは今でも不思議がたくさん残っている国だ。パゴダ、精霊、幽霊、占い、超能力修行僧ウェイザー、その他もろもろ不思議がここそこの路地にうごめいている。本をめくるとそんなミャンマーの香りがぷんと匂ってくる。しかし、不思議なことに半村良の伝奇小説を読んだときのようなどろどろとした感じはない。それは基本に仏教的世界観があるからだろうか。善悪が倒錯したようなところがないのだ。もしかして、表現の自由が制限されているミャンマーなので書けない部分があるのかもしれない。

    訳者の高橋ゆり氏によると、ミンテインカは1939年ヤンゴン生まれで、小学校からカソリック系の学校で学んだ。高校中退後、駅の職員、国軍兵士、夜警、露天商、米穀仲買人を転々としたという。デモに参加したため獄中生活も経験している。37歳のときに占い師を開業し、このときに小説家として初めて本を出版した。ミンテインカ自身、小説の主人公になりそうな経歴を持つ男だ。現在では占い師としても非常に有名である。小説家としてのミンテインカは、一般大衆には非常に人気があるが、純文学ではないということで文学界やインテリ層からは無視されている作家という。こういうのは、日本でもよく聞く話である。といっても、日本では昔ほど純文学がもてはやされることもなくなったが。

    ともかく、ミャンマー人の心の中を覗いてみたい人にはマヌサーリーの一読をおすすめします。

  • 2004/11/04 1 Comment

    ミャンマー関係の著作もある冒険作家、高野さんのブログがついに始まりました。野口英世を題材に、第一回目から飛ばしてます。高野さんの本に今まで縁のなかった人も、ぜひ見てください。病み付きになること請け合いです。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad