• 菩提樹の下でミャンマーカレーをごちそうになった。

    3月22日の家計簿(為替レート 1円=9.448チャット)

    1. タクシー 2,000Ks
    2. コカコーラ 425ml x3 900Ks

    合計 2,900Ks(307円)

     午後2時、土曜日は日本語教室の生徒たちが来る時間だ。今日は生徒の一人のお父さんがお腹が痛くて病院に一緒に行ったということで生徒は2人だった。生徒たちとの会話で、この「お腹が痛い」がちょっとした話題になった。

     「日本語で バイ アウンデ はどう言うんですか?」

     お腹が痛いという意味の バイ ナーデ は知っていたが、同じ意味でバイ アウンデ という言葉があるとは知らなかった。でも、全く同じではない。よくよく聞くと、 バイ アウンデ は病気で痛いとき、バイ ナーデ は唐辛子を食べすぎて痛いときに使う言葉というのだ。唐辛子による腹痛が別の言葉になっているとは、さすがミャンマーだ。といっても、料理の辛さはタイあたりに比べるとまだ大人しいほうだ。

     授業の後、ご近所のHさんとダウンタウンに向かった。HさんがiPadを買いたいというので、一緒に見に行ったのだ。iPadの用が終わった後ダウンタウンを歩いると、路上に座っている数十人の人たちに出会った。みな同じバックを持っている。

    ダウンタウンに集まった人たち

    同じバックを持ち、ダウンタウンに集まった人たち。

     彼らは明日(3月23日)から2ヶ月かけてカチン州のミッソンまで歩いて行くという。カチン州の州都ミッチーナの近くのミッソンは、メカ(メ川)とマリカ(マリ川)の合流地点で、ここからエヤワディ河が始まる。そこまでただ歩くだけではなく、目的があった。ミッソン・ダム及び周辺のダム計画の完全中止を求めての行動だ。イラワジ河の始まりであるミッソン、このミッソンを含む数カ所でダムの建設プロジェクトがあった。

    ミッソン

    1999年に撮影したミッソン。右奥がメカ(メ川)、左奥がマリカ(マリ川)。

     これを進めていたのが中国の国有企業である中国電力投資集団で、発電した電力の90%中国へ送電するという計画だ。軍事政権時代に調印されたダム計画だったが、国内では反対の声が強かった。ダムによって周辺の村が水没し、生態系も破壊されするのに加え、エヤワディ河の源が沈んでしまうからだ。そうした中、2011年9月テインセイン大統領が中国側の反対を押し切ってミッソンダムの中断を発表した。このときは、私も驚いた。ミャンマーの民主化が本物かもしれないと思ったきっかけだった。

    ただ、ダム計画は中断であって中止ではない。テインセイン大統領の現任期が切れる2015年以降、計画が復活するかもしれない。それに、ミッソン以外の一部地域ではまだ建設が続いているという。「中断」ではなく、完全中止を求めての行動がこのミッソンへの行進だ。呼びかけ人は元政治犯たちの団体で、それに賛同した人たちがここに集まった。スタート地点のシュエダゴン・パゴダからミッソンまで Google Map で検索すると徒歩で 1,245km ある。東京から長崎までの距離とほぼ同じだ。

    ダム反対のスローガン

    ミッソン・ダム永久中止を訴えている。

     

    U Ba 氏と仲間たち

    話を聞いた U Ba 氏(左端)とその仲間たち。

    説明してくれた U Ba も元政治犯で刑務所に長く入っていた。あたりはもう暗くなってきていた。夕食がまだだったら、ぜひ食べていってもらいたいと言われ、行ったのが路上飯屋。小さなプラスチックのテーブルにミャンマーカレーとごはんとスープが出てきた。おいしくいただいた。すぐ側には菩提樹が立っていた。

    露店でのカレー

    暗くて何の料理かわからないほど。

     「菩提樹を見たら、ここで食事をしたことを思い出してほしい」

     彼は手を振りながら仲間のところに戻っていった。

    菩提樹の下で

    菩提樹の下で U Ba が手を振る。

  • エジプトでムバラク大統領が辞任した。20年前のソ連東欧の共産国崩壊を見ているようだ。

    ところで、この共産主義国崩壊の先駆けといえるようなことがビルマで起こった。1988年の民主化運動だ。それまでネウィン独裁で社会主義国だったビルマがささいなことをきっかけに大きな暴動、民主化運動に繋がった。その結果、ネウィン独裁と社会主義は消え去ったが軍事クーデターにより軍政になってしまった。その翌年1989年、中国で天安門事件が起こる。ビルマと同様に軍が発砲し多くの犠牲者を出し、共産党は生き残った。しかしその翌年、1990年にはベルリンの壁崩壊、1991年にはソ連崩壊へと繋がっていった。

    それから19年後、2007年にミャンマーで僧侶を中心とした大規模な民主化デモが起こる。このときも軍が発砲しデモは失敗に終わった。その翌年2008年、チベットで大規模な反政府運動が起こる。これも軍によって力でねじ伏せられた。そして今回のチュニジア、エジプトの民主化だ。

    大規模なデモがまずミャンマーから始まり次に中国、そして世界へという流れが20年を隔てて同じように起こった。ミャンマーと中国では失敗したというのも同じだ。単なる偶然か、はたまた何か因縁でもあるのだろうか。

    Tags: , , ,

  • ウルムチでのウイグル族と漢族の激しい対立、このニュースを見て思い出したことがある。

    ウルムチには2回行った。1987年と1992年だ。その当時でもウルムチはウイグル族よりも漢族の多く住む街で、目抜き通りは普通の中国の街とそれほど変わらなかった。一方、ウルムチ周辺のトルファンやカシュガルはまだ漢族が少なく、中国とは思えない、雰囲気たっぷりのところだった。そのトルファンで12、3才ぐらいの少年と知り合い、仲良くなった。

    それから5年後、またトルファンを訪れた。その少年はすぐに見つかった。もう十代後半の立派な青年になっていた。日本語が達者になっていたのには驚いた。日本人旅行者から教えてもらい独学で勉強したという。日本語の勉強のきっかけは、仕事上のことであるが、もうひとつ理由があった。
    「日本語で話すと中国人には分からないからね」
    まわりに聞かれたくない話を日本語で話すという。彼のウイグル族の仲間にも日本語を話す者がいるというのだ。漢族には聞かれたくない話をするらしい。中国でウイグル人同士が日本語で会話をするというのも奇妙な話だ。それに、彼は「漢族」と言わず、「中国人」と言った。自分たちは中国人と思っていないようだ。また、彼は日本人が大好きだという。ただ、その彼にとって日本人の唯一嫌いなところがあった。
    「なぜ日本軍は戦争の時に中国人をみんな殺さなかったんだ」
    えええええええええええええ!
    そんなにも漢族を憎んでいたのか。それに、日本が好きな理由のひとつが、「中国と戦った日本」だったとは。「残酷な日本軍」の話を学校で聞くたびに、ウイグル族の彼はわくわくしていたんだろう。中国での反日教育が、少数民族には親日教育になっているとは皮肉なものだ。ウイグル人やチベット人からすると、日本人は同士に見えるのかもしれない。

    トルファンの少年ももう30代半ば、今回の騒ぎの中どこで何をやっているのだろうか。元気だったらいいが。

    カシュガルのシシカバブ売り

    カシュガルのシシカバブ売り

  • 3ヶ月近くのごぶさたです。
    はい、ちゃんと生きてました。

    NHKが放送していた北京オリンピックの開会式の中継をながら族で見ていた。今回のオリンピックで一番興味があるのは本来のスポーツ以外の部分だ。これはみんなもそうだろう。ところがNHKのアナウンサーの口からはそういう問題がほとんど出てこない。まあ、開会式中継だからしょうがないのかと思っていたら、ミャンマー選手団が出てきた。10名前後(だったと思う)の少人数だ。
    「今年はサイクロンの被害で・・・」
    と、女性アナ。次に出てきたのが、
    「軍事政権による弾圧が続くミャンマー・・・」
    お~~、ミャンマーだけは政治問題を出すのか。北朝鮮選手団のときに核問題や拉致のことなど出てこなかったし、開会式全体を通して中国のチベット問題や人権、民主化問題は完全スルー(ながらだったから聞き逃した?)だった。

    力と金をもっている子が悪さをしても見て見ぬふりだが、力も金もない子が同じ悪さをするといじめられる。子供の世界も国際関係もNHKも同じだ。と思ったが、違うかもしれない。台本を書いた記者は「軍事政権による弾圧」というのを政治問題として意識していなかった。ミャンマーという固有名詞に付く、単なる枕詞として無意識につけたとも考えられる。う~ん、こりゃけっこう深い問題かもしれない。

  • チベットには行ったことはないが、隣のインド国内にあるラダック(ここもチベット人らが住む地域)には2ヶ月半ばかり滞在したことがある。また、チベット専門のカメラマンやチベットに通い続けている画家の友人たちも周りにいる。チベットの事件は私にとっても人ごとではない。

    今回のチベットに対する中国の処置は見事である。デモの鎮圧を始めてからは、外国人の立ち入りを禁止し、電話は通じにくくし、インターネットは検閲(これはいつもだが)し、外国人旅行者が撮影した映像は没収と、ラサを完全に封鎖してしまった。内部からの情報はほとんど出てこない。そして出てきた映像は国営の中央テレビの、 チベット人が暴れている姿のみ。ヤンゴンのときとは大違いである。

    ヤンゴンのデモでは毎日トップニュースでデモ隊の映像が流れ、発砲する兵士の姿、生でヤンゴン在住の日本人との電話インタビューと、連日生々しい映像がいっぱいであった。ネットでも多くの写真やビデオがあふれていた。もしかしてミャンマーは報道が自由な国?と思わせるような状況であった。もちろんミャンマーで報道が自由なわけではなく、政府の取り締まりの力がないだけだ。中国と比べるとまるで大人と子供だ。今回、改めて中国の恐ろしさを感じた。「中国はチョットおしゃれな北朝鮮」と表現しているブログがあったが、まさにそうだ。「発砲していない」「動乱はダライ・ラマ派の企てだ」「不法分子が残忍な手段で無実の人民を殺した」「分離主義に反対し安定を守るため、人民戦争を戦う」「デモ参加者らに最後通告をし、降伏を求める」、これはおしゃれするのを忘れてしまって素顔を見せたんだろう。これが中国共産党政府だ。

    それにしても情けないのが日本のマスコミだ。テレビに出てくるのは中央テレビの映像ばかりだ。この映像を流すのなら、プロパガンダだとはっきりと説明するべきである。それをたいした説明もなしに何度も流している日本のテレビは中国政府の思うように動いてる。先ほど、報道ステーションでチベットのニュースをやっていたが、これにはあきれてしまった。コメンテーターである朝日新聞の加藤千洋氏が、「現地の情報があまり伝わってこないのが悩ましい」とジャーナリストであるべき自分の職務を放棄したような口ぶりで、中国政府の責任をごまかしている。あげくに、中国の対チベット政策は「よかれと思って」やったと言う。加藤氏は去年のヤンゴンのデモのときはミャンマー軍政を強く批判し、日本政府はもっと圧力をかけるべきだと言っていた。加藤氏のような親中派ジャーナリストほどミャンマーの軍政に厳しいというダブルスタンダードが多いのは私の気のせいだろうか。

    今回のチベットの事件を知るために参考になるブログふたつと、気になる記事ひとつ紹介します。

    「中国はチョットおしゃれな北朝鮮」と表現した御家人氏のブログ
    http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/61966f5d260dd235725065fc1a7a19c6

    北京で奮闘する産経新聞の福島さんのブログ
    http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/513692/

    チベットでは500以上殺されたというインドの新聞社India Dailyの記事。これが本当だとすると大変なことだ。
    http://www.indiadaily.com/editorial/19252.asp

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad