• 1日に4〜5杯コーヒーを飲む。ヤンゴンに移住当初は100gで45円程度のコーヒー豆だったが、ここ1年近くは100gで130円ほどのArnandaのコーヒー豆を買っていた。
    ヤンゴン家計簿3月27日 | 国軍記念日 & ミャンマーコーヒー

    これに勝るコーヒーを見つけた。 友人との待ち合わせで訪れたサボイホテル隣の Coffee Circles、ここ最近増えた洒落た雰囲気のカフェだ。エスプレッソ(たしか2,000チャット前後)がなかなかの味だったので、豆がほしくなった。ウェイターに聞くと、店内ではなく隣りのオフィスで売っているという。友人が来るまで時間があったので、早速オフィスを訪れた。

    Coffe Circles の店内。夜は雰囲気のある薄暗い照明。

    Coffe Circles の店内。夜は雰囲気のある薄暗い照明。

    オフィスの隣りには展示室がり、エスプレッソマシンやコーヒー器具を売っていた。出てきたのはまだ若いオーナー。試飲させてくれるというので、深煎りのミャンマーコーヒーを所望した。出てきたコーヒーを一口、うまい! 今までヤンゴンで飲んだコーヒーで一番のコーヒーだった。チョコレート風味のかすかな甘さを感じさせる深いコクだが後味はすっきり。おお、これだ! すっかり気に入った。

    Coffee Circle 展示室。オーナー氏に試飲コーヒーを淹れてもらった。

    Coffee Circle 展示室。オーナー氏に試飲コーヒーをいただいた。

    コーヒーを飲みながら店内の写真を撮っていると、ラテアートのカプチーノを出してくれた。その写真を撮っていると、ラテアートにいまいち満足できなかったようで、2杯目アートが出てきた。そして3杯目、4杯目も。かなりの凝り性のオーナー、コーヒーはタイで修行し、2年前ここに Coffee Circleを出した。

    ラテアートに集中するオーナー。

    ラテアートに集中するオーナー。

    4杯目のラテアート

    4杯目のラテアート

    そうそう、ここにはコーヒー豆を買いに来たんだった。世界各地のコーヒー豆があるそうだが、やはりミャンマーコーヒーを買うことにした。使用している豆はピンウールィンやタウンジー産が多いが、決まってはないという。ミャンマーではコーヒー豆の生産が安定していないので、その都度一番いい豆を仕入れるそうだ。値段は200gで7,000チャット(740円)と、日本でちょっといい豆を買うのと同じ程度。ヤンゴンでは安い店で1ポンド2,000チャットだったので、値段差は8倍近い。小心者の私は7,000チャットという金額にちょっと躊躇したが、200g を2袋買った。

    200gで7,000チャットのミャンマーコーヒー

    200gで7,000チャットのミャンマーコーヒー

    かなり選別しているようで、一つ一つの豆が大きくて形が整っている。

    かなり選別しているようで、一つ一つの豆が大きくて形が整っている。

     

  • 午後2時過ぎ、ポンニョン村に到着。

    おっ、今までと違うぞ。大人たちが出払って静かなのは同じだったが、村が明るくて広い。実際、ポンニョン村には160軒ばかりの家で人口は800~900人なので、このあたりではかなり大きな村だ。バイクは村の中を進み、中央の広場に着いた。なんだ、あれは?

    ショベルカーが並んだポンニョン村

    ショベルカーが並んだポンニョン村

    黄色が鮮やかなショベルカー4台が広場に並んでいた。ポンニョン村に来る途中見かけたショベルカーと同じものだ。外国人がまだ入ったことのないという、ラヘーから一番奥の村に来たらそこには黄色いショベルカーがあった。アームの部分にJCBと大きく書かれていたが、もちろん日本のJCBとは全く関係がない。イギリスのメーカーで建設機械では世界第3位だ。この黄色を「JCBイエロー」というらしい。

    インド側から来た、「JCBイエロー」のショベルカー

    インド側から来た、「JCBイエロー」のショベルカー

    早速、村の中を歩いているとトタン屋根の家から声がかかった。ナガの村ではトタン屋根は金持ちの象徴でもある。中には男性二人と子どもを抱えた若いお母さんがいた。彼らはみんなビルマ語が話せた。

    「はい、お茶」

    といって出てきたのが、ミャンマーでいつも出てくるイエヌエジャンではなく、紅茶だった。ミャンマーでは烏龍茶に似たイエヌエジャンが最も普通のお茶で、他にはとても甘いミルクティーか、とても甘いインスタントコーヒーが普通だ。それが、このポンニョン村で出てきたのが、何も入ってないブラックティーだ。ミャンマーでは初めての経験、なかなか美味だ。男性の一人は村の牧師で、もう一人はトランシーバーで盛んに連絡を取っていた。

    トランシーバーで工事現場と連絡をとる

    トランシーバーで工事現場と連絡をとる

    早速、ショベルカーについて聞いた。ショベルカーはインドの土木会社が持ってきたもので、この村に土木会社のインド人たちも寝泊まりしているという。この会社はインドからラヘーへと繋がる道路建設を行っている。村に来る途中、川で工事をしていたのもこの会社がやっている工事だった。ポンニョン村からもかなりの人たちが工事に出ている。日当は1日200ルピーだ。そう、チャットではなくルピーだ。国境の村ポンニョンではルピーも普通に流通しているのだ。200ルピーというと340円ほど、現金収入が限られているナガではけっこういい収入だ。

    ブルドーザーで遊ぶ子どもたち

    ブルドーザーで遊ぶ子どもたち

    ここの家は村の中で道路建設についての世話役のようなことをやっているらしい。まだ若いお母さん、私が興味深そうに囲炉裏の上に置いてあった納豆の匂いを嗅いでいると、

    「それあげる」

    と、手作り納豆をくれた。

    ナガの手作り納豆

    ナガの手作り納豆。日本の納豆よりずっと納豆臭い

    納豆をくれたポンニョン村の若いお母さん

    納豆をくれたポンニョン村の若いお母さん

    空が薄暗くなってきたころ、広場から歓声が聞こえてきた。JCBイエローが次々と帰ってきた。ショベルカーのバスケットの中に若者が何人も座り、はしゃいでいる。子どもたちもあつまり、祭りのように賑やかになった。

    工事現場から若者たちが戻ってきた

    工事現場から若者たちが戻ってきた

    インド側工事関係者

    インド側工事関係者。左端はネパール人だがこの工事の責任者

    村の子ども

    村の子ども

  • 今日は国軍記念日で休日。日本の軍政下にあった昭和20年のビルマで、日本に対して反旗を翻した日だ。

     3月27日の家計簿(為替レート 1円=9.455チャット)

     いつもの雑貨屋で買い物

    • コカコーラ 1.25L 900Ks
    • スプライト 425mL 300Ks
    • ポテトチップス 500Ks
    • タミンチャウジョー(スナック) 200Ks
    • トーフジョー(スナック) 200Ks

    合計 2,100Ks(222円)

    今日は国軍記念日で休日なので、大学は休み。修了式に備えて Mya Nandar の歌の練習をした。先生がプリントしてくれた歌詞を教室に忘れてきたので、自分でPCに打ち込むはめになった。おかげでビルマ語のタイピングの練習にはなったが。

     私の住むアパートの1階は小さな雑貨屋になっていて、よくおばあちゃんが店先に座っている。このおばあちゃんは私のビルマ語の先生でもある。分からない言葉があると、彼女によく聞いているからだ。また、戦時中を知っている彼女は私によく日本兵の話をしてくれる。ヤカインのタンドウェにいた彼女は日本兵に悪い印象はなかったようだ。

    そのおばあちゃんが、今日の国軍記念日のことを話してくれた。日本軍政下にあったビルマで、アウンサン将軍率いるビルマ国軍が日本に反旗を翻した日だ。このことをおばあちゃんは申し訳なさそうに話しをした。私が日本人だということを気遣ってのことだった。

     今日は昨日に引き続き、今まで書き残していたことを書く。それはコーヒー。ミャンマーはイギリス植民地だったせいかミルクティーが有名だが、コーヒーもそこそこ飲む。一般の人たちはコーヒーミックスという砂糖やミルクも一緒になったインスタントコーヒーをよく飲むが、コーヒー豆を売っているコーヒー専門店もある。

    コーヒー専門店の豆

    スーレーパゴダの近くにあるコーヒー専門店で買った豆。

     ヤンゴンに移住してから10種類近くの豆を買ってきた。ミャンマーのコーヒーの特色として、深煎りが多い。それもかなり深いやつだ。酸味はほとんど感じないものが多い。元々深煎りの好きな私なので喜んで買っていたが、ちょっと煎りすぎではと思うようになった。深煎りというよりも単に焦げているのではと思うようなものもあった。

    ミャンマーのコーヒー豆

    深煎りの豆が多い。豆が不揃いのものもけっこうある。

     そんなコーヒーばかり飲んでいた私にWさんが Ananda のコーヒーをプレゼントしてくれた。おおお、今までと違うぞ。これも深煎りなのだが、程よく抑えた深煎りだ。酸味もちょっとあるし、香りもいい。豆を見ると大きさが均一で形の揃った豆ばかりだ。煎り方も均一で色が揃っている。日本で売っている豆だと当たり前かもしれないが、ミャンマーだと大きさもバラバラ、煎った後の色も不均一のものが多い。

    Arnandaのコーヒー豆

    Arnandaのコーヒー豆。200gで2,500Ks。

     すっかりAnandaファンになってしまった。200gで2500Ksと、他の豆に比べると倍ぐらいの値段がするが、満足感が全然違う。いつも200g入りを3パック買ってきて、すぐに冷蔵庫の冷凍室に入れるようにしている。温度の高いミャンマーで室温で保存していると、あっという間に豆が劣化してしまうからだ。冷凍室だとかなり長期間保存してもだいじょうぶのようだ。豆の産地はピンウールィン。やはり、ここの豆がミャンマーでは一番多い。

    冷凍室に入れたコーヒー豆

    購入した豆は冷凍室へ

     この Ananda コーヒー、シティーマートなどのスーパーでも売っているが、豆でなく挽いて粉になったものだけだ。豆のままで買いたい場合は、ダマゼディー通りにあるマーケットプレイスに行かないといけない。1階の真ん中あたりに、Anandaコーヒショップがある。フランス系の店だという。

    Anandaコーヒーショップ

    マーケットプレイスの1階にあるAnandaコーヒーショップ。

    マーケットプレイスの2階がシティーマートだ。ここのシティーマートがヤンゴンで一番品揃えが豊富だ。注意しないとコーヒー豆を買いに行ったのに、他のものも買ってしまったということによく起こる。

  • 12月から通っていたヤンゴン大学のビルマ語(ミャンマー語)コースも終わりが近づき、修了式のときにミャンマーの歌を歌うことになった。

     3月26日の家計簿(為替レート 1円=9.478チャット)

    1.  タクシー(ヤンゴン大学へ) 2,000Ks
    2. バス(ヤンゴン大学から帰宅) 200Ks
    3. ヤンゴン大学喫茶店で食事 2,000Ks

     合計 4,200Ks(443円)

     大学の授業は今日が最後だった。去年12月17日から始まり約3ヶ月、3月28日金曜日が終了式だ。修了式のときに生徒全員でミャンマーの歌 Mya Nandar を歌うことになった。この歌はテンジャン(水かけ祭り)の有名な歌で、ミャンマー人なら誰でも知っているという。女性陣は踊りも習っていた。28日はどうなることやら。

    Mya Nandar の踊り

    Mya Nandar の踊りを練習する女性陣

     授業が終わった後、先生たちと生徒たちとですぐ近くの喫茶店でブランチを食べることになった。わいわいがやがや、楽しい食事が終わった。この場は生徒たちのおごりということになったが、多勢に無勢で韓国人生徒たちに押し切られ、私はたったの2,000Ksという、家計簿にやさしい支払いになってしまった。

    大学内の喫茶店

    ミャンマー語クラスのすぐ近くにある、大学内の喫茶店。先生と生徒たち。

     さて、今日は今まで紹介できなかったものを書きたい。今日は、オリジナル料理から。

     ヤンゴン冷麺

    •  冷やし蕎麦の汁
    • マーラーヒンの麺
    • 玉子焼き
    • きゅうり
    • アスパラガス
    • トマト
    • ジューミィッ
    ヤンゴン冷麺

    オリジナル?、「ヤンゴン冷麺」。マーラーヒンの麺の原料は?

     オリジナルといっても、普通の冷やし蕎麦の麺をマーラーヒンの麺に変え、ジューミィッを加えただけなので、オリジナルと言っていいものか微妙だ。でもこれはうまかった。暑いときには冷やし蕎麦のさっぱりした汁にマーラーヒンのつるつるでコシのある麺、ジューミィッの大人の辛さがピリッとして素晴らしい味のハーモニーだ。日本で作る場合はマーラーヒンの麺の代替品として韓国冷麺(または盛岡冷麺)の麺がぴったりだ。

    この韓国冷麺の麺にそっくりなマーラーヒンの麺、つるつるで非常にコシがある。何から作っているんだろう? 今、ミャンマー人の友人に確認中なので分かったら報告したい。

  • スーパーマーケットでお釣りをキャンディーでくれることがよくある。

     3月25日の家計簿(為替レート 1円=9.455チャット)

    1. タクシー(ヤンゴン大学往復) 4,000Ks
    2. Taw Win Center のスーパー Orange にて買い物 10,700Ks
      • 牛乳 1L 1,100Ks
      • ヨーグルト 1L 1,600Ks
      • アイスクリーム(Hawaii)500cc x2 4,500Ks
      •  鶏むね肉 344g 2,081Ks
      • アボガド x2 1,400Ks
    3. サイカー(Taw Win Center から帰宅) 700Ks + 300Ks(チップ)

    合計 15,700Ks(1,660円)

     大学の帰りに近くのスーパーマーケット、Orange に寄った。レジでお釣りを待っていると、お金と一緒にキャンディーがひとつ。このキャンディーもお釣りだ。ミャンマーの小額紙幣は1Ks札、5Ks札、10Ks札、50Ks、100Ksなどがあるが、たくさん出回っているのは100Ks以上で、50Ksは時々見かける。でも、10Ks札以下はほとんど見ない。だから、スーパーなどの値付けを見るとほとんどが100Ks単位になっている。でも、肉など重さで値付けられているものだと、どうしても端数が出てしまう。

    今日の買い物

    これが今日の買い物。鶏肉の上にあるのが問題のお釣りキャンディー。
    左下には、試供品でもらったOMOという洗剤。

    そんなときに活躍するのがキャンディーだ。レシートを見ると、”1 PCS Money (20) 20″ というのがある。これがどうもキャンディーのようだ。キャンディーが1個20Ksの Money という名の商品になった。また、お釣りは 4,298Ks となっているが、実際にくれたお釣りは4,300Ksだ。20Ksのキャンディーを買わされ、2Ksはサービスしてくれた。「買わされ」と書いたが、実際には「20Ksのお釣りの代わりにキャンディーでもいい?」と、レジのお姉さんは聞いてきた。

    スーパーorengeのレシート

    これがレシート。”1 PCS Money (20) 20″ が、お釣りとしたもらったキャンディー。

     日本では考えられないこのいい加減さ、最初は驚いたが、慣れるとこっちのほうがいい。財布の中が使わない1チャット札でいっぱいになることが防げることができる。そういや、日本じゃお釣りでもらった1円玉や5円玉が机の中にたくさん溜まっていた。

     帰りはひさしぶりにサイカーに乗った。ヤンゴンでサイカーに乗るチャンスはあまりない。主要道路は2輪車通行禁止になっているので、サイカーも走れない。法的に走れたとしても、車がビュンビュン走っている道路をサイカーに乗る勇気もないが。

    ひさしぶりに乗ったサイカー

    ひさしぶりに乗ったサイカー。

     Taw Win Center から U Wisara 団地まで歩いて15分くらい。普通は歩いているのだが3月末となるとかなり暑い。36度くらいか。ひさしぶりに乗ってみようという気になった。ドライバーは52歳で地元生まれの地元育ち。このあたりの風景もガラッと変わったと言っていた。近くのロシア大使館だけは昔からあるとのこと。アパートまで7~8分くらいで着いた。サイカー代は700Ksだったのだが、写真を撮ったことだし1,000Ks渡した。1,000Ksだとタクシーと変わらない。変わらないが、近距離だとサイカーのほうが乗っていて気持ちがいい。

     今回買った中でひさしぶりなのがアイスクリームだ。先月までけっこう買っていたが、家計簿を付けるようになって自重していた。贅沢品に思えたのと、アイスクリームばかり買っていることがばれると、ちょっと恥ずかしかったからだ。でも、暑さに我慢できずに買ってきた。

     今日買ったHawaiiブランドのアイスクリーム、実はコーサンカフェのオーナー岡本さんに教えてもらったブランドだ。以前コーサンカフェで最後に食べたアイスクリームがおいしかったので、彼に聞いたのだ。このHawaiiは日本では買えない。Made in Myanmarだ。

    Hawaiiブランドのアイスクリーム

    Made in Myanmar、Hawaiiブランドのアイスクリーム。これはバニラで500cc。

     ミャンマーでは大きなカップで売っているアイスクリームだと、タイやマレーシア製が多い。値段もHawaiiより安い。でも、味や舌触りはだいぶ落ちる。後味が悪くなるような甘さだし、香料や増量剤、増粘剤がたくさん入っているのが分かる。ハーゲンダッツなどの有名アイスクリームも売っている。ヤンゴンでは買ったことはないが、たぶん味は日本で買うのと同じ。値段も同じなので、ヤンゴン生活者の私としては手が出せない。

     そこでこのHawaiiだ。味はハーゲンダッツよりうまいのではと思うくらいだ。舌触りはハーゲンダッツや日本の高いアイスクリームの滑らかさには若干劣る。しかし、牛乳の味が濃厚でアイスクリームとしてのシンプルな素材が詰まっている感じだ。

    トゥッティ・アイスクリーム

    トゥッティ・アイスクリーム。ナッツ類とのバランスが絶妙。

     種類は、バニラ、トゥッティ、チョコレート、ストロベリー、ドリアンがある。お勧めなのはバニラとトゥッティだ。アイスクリームの王道のバニラは外せないしHawaiiのバニラは濃厚でうまい! トゥッティという単語自体知らなかったのだが、Hawaiiのトゥッティはナッツとアイスクリームの味のバランスが抜群で食感の変化も味わえる。チョコレートとストロベリーはいまいち。私はドリアンはあまり好きじゃないのでドリアンは評価外だが、ドリアン好きの人にはいいのかも。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad