1. 友人の車に乗せてもらってダウンタウンに向かっている最中、ミャンマー人の友人から電話があった。

    「もしもし、SkypeとViber使わなないでください」
    何のこと?

    ミャンマーで契約した携帯でSkypeやViberなどのIP電話を使うとその携帯(正確にはSIM)が電話として一切使えなくなるというのだ。それも、今日から。私の場合、日本から持ってきたiPhoneはWiFiで繋いでViberやSkypeをいるだけなので、問題ない。ただ、こちらで買ったソニーのAndroid携帯はこっちのSIMだ。Skypeも入れいる。早速別のミャンマー人の友人に電話すると、彼も知っていた。IP電話を使うと海外に無料で電話できる。今までめちゃくちゃ高い国際電話料金と取っていたミャンマーのMPT(郵政省)にとっては大損害だ。以前のミャンマーだったら急にIP電話禁止にするというのも十分考えられる。

    騒ぎの元になった、Popular Myanmar News JournalのFacebook上の記事

    Facebookでもこの話題で持ちきりだった(私には読めないが)。私もAndroid携帯のSkypeをアンインストールしよかと思ったほどだ。夕方、Facebookを見ていた友人が、「な〜んだ」。どうもIP電話禁止令はガセネタだったらしい。今回のさわぎの原因は、Popular Myanmar News Journal という、けっこう有名なジャーナル(週間タブロイド紙)がFacebookに書いた記事だった。それがFacebook上で瞬く間に広がり、Facebookのビルマ語が読めない私まで携帯で連絡が来たのだった。

    あまりの騒ぎに、他のジャーナルが動いた。「禁止にすることはしない」というMPTのチーフエンジニアの発言をFacebook上で記事として発表した。これで一件落着した。今回の件で驚いたのは、ミャンマーでのFacebookの威力だ。Facebookによってあっという間に噂が広まった。

    ちょっと前までメディアが統制されていたミャンマーでは、誰もメディアを信用しない。メディアの代わりに、ラペッイエサイン(ミャンマー式喫茶店)で人から人へとニュースや噂が伝わっていた。それが今ではラペッイエサインからFacebookに変わりつつある。ミャンマー人がFacebook大好きな理由がやっと分かった。ラペッイエサインとFacebookのシステムが似ていたのだ。友達同士ラペッイエサインに集まり噂話をする、その中の一人が別のラペッイエサインで別の友人たちにその噂話を伝える。

    ブログの告知ぐらいにしかFacebookを使ってない私は、Facebookに積極的なミャンマー人を見習うべきなのか?

  • IT, 携帯 2012/10/08 No Comments

    アプリをダウンロードできない私のスマホ、PCショップに行ったついでに相談してみた。

    Techno Land は36番街にあり、ヤンゴンで最も大きなPCショップだ。Mac Bookを操作していた若い店員に相談すると、こっちに渡してと、にっこり。PCを見ながらテキパキと何やら始めた。3分ほどで終わった。インストールされたのがこれ。

    ミャンマーでは、非公式ストア 1Mobile からアプリをダウンロード

    1mobileという非公式アンドロイドマーケットだった。Googleの公式マーケットではミャンマーからアクセスもきなかったが、1mobileでは何事もなかったようにスムーズにアプリをダウンロードできた。それに、日本語対応だ。さすが自由なAndroidだ。ただ、不正アプリも自由なアンドロイド、非公式ということでよりセキュリティに気をつけなければ。

    最近のミャンマーの民主化、考えようによってはAndroid化といってもいいかもしれない。

  • ヤンゴンでソニーのスマートフォンを買ったのは前のブログ記事に書いたが、大きな問題があった。アプリのダウンロードができないのだ。これはソニーの問題ではなく、Googleの問題だった。

     Android携帯は、iPhoneと同じようにネットからアプリをダウンロードするようになっている。私のiPhoneはまだ携帯としては使えないがWiFiは使えるので、日本にいたときと同じようにアプリをダウンロードできる。新しく買ったソニーのAndroid携帯でアプリをダウンロードしようとしたが、できない。なぜ??

     何度ログインしても、「認証が必要です。Googleアカウントにログインしてください」というメッセージが出てくるだけだ。どうも、Googleがブロックしているみたいだ。携帯からインターネットに接続すればどこから接続したか分かる。ミャンマーから接続しているというのは Google はすぐに分かるので、ミャンマーからの接続ではAndroidマーケット(Playマーケット)が使えないようになっているのだろう。

    何度やっても「認証が必要です。Googleアカウントにログインしてください」

     日本帰りのミャンマー人でIT関係が詳しい人に聞いてみた。やはり、Googleがブロックしているとのこと。Appleも昔はブロックしていたので、iPhoneアプリはダウンロードできなかったらしい。できるようになったのはつい3ヶ月ほど前だという。ミャンマーに対しては、Appleのほうが動きが早い。Google早くしてくれ。

  • IT, 携帯 2012/09/26 4 Comments

    携帯のSIMカードはこの間211,000チャットで契約したのだが、携帯電話そのものは友人の古いノキアを借りていた。というのも、日本使用していたiPhone4をミャンマーで使えないかと、いろいろと格闘したいたのだ。

    日本で売っているiPhoneはSIMロックがかかっていて、他社のSIMを入れても電話として使うことはできない。そのロックを解除しようといくつかの携帯ショップに問い合わせたが芳しくない。「日本以外のiPhoneは5,000チャットで解除できるけど、日本のiPhoneは特別なので解除できない」「20万チャットでトライしてみる。でも、できるかどうか分からない」解除できてもできなくても2万円というのは、賭けとしては割に合わない。

    一社だけ、「日本のiPhoneでもだいじょうぶ。8万チャットでできる。できない場合は無料だ」と自信満々のショップがあった。で、期待に胸をふくらませて4日間待つことになった。でも、タイトル通りだめだった。単にエンジニアがソフトバンクのSIMロックの優秀性を知らなかっただけだった。

    結局あきらめるしかなかった。ここで50万チャット以上かけて新しいiPhoneを買うことなどできない。新しいiPhone5だと120万チャット。もっと無理だ。ということで、Android携帯を買うことにした。

    4店舗まわったがサムソン、ファーウェイ強し。日本メーカーはソニーだけが孤軍奮闘しているが劣勢だ。海外に出るとどうも愛国的になるみたいだ。日本にいるときは日本製というのをあまり意識してなかったが、ミャンマーに来ると韓国製や中国製は買いたくない。ということで、ソニー一択になった。結局、4店目にあったソニーのExperia Sというのを買った。日本ではドコモからExperia NXという名前で出ているスマートフォンだ。見た目がなかなかいい。ミャンマー人の友人は「マイデ、ランデ」と言ってくれた。「イカしてる、クールだ」みたいな意味だ。でも、愛国的になったため35万チャットも払ってしまい、懐が寂しくなった。

    「マイデ、ライデ」などと言われたソニーのスマートフォン

  • 携帯ショップに人気の携帯を聞いてみた。といっても、カバエパゴダ通りのたったの2店だけなので、人気調査とはいえないかも。

    最初のショップでは1番人気はサムソン、2番目は中国のファーウェイ(華為技術)、3番目がノキア、4番目にやっとソニーが出てきた。ちょっと前までノキアがダントツの1番だったらしいが、ミャンマーでもスマートフォン人気でサムソンがトップになった。ファーウェイは格安スマートフォン(80,000チャット)で人気らしい。最も安い機種はノキア製(25,000チャット)、ソニーは携帯のブランドイメージではサムソンに負けているらしい。

    次の店でも1番人気はサムソン、2番人気はソニーががんばった。3番目はGioneeという知らないメーカー、これも中国の格安スマートフォンで有名らしい。ヤンゴンでもすっかりスマートフォン時代になっている。

    iPhoneについては、別格のよう。奥のほうに箱だけ3台ばかり並んでいた。16GBのiPhone4Sが50万チャット以上で売っていた。ソニーが10万から20万チャット台、サムソンが10万から30万チャット台の値段と比べてもずいぶんと高い。プレミアが付いているようだ。

    この店では1番人気がサムソン、2番人気がソニーだった

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad