• 部屋を出ようとしたとき、玄関に封筒が落ちていたのに気がついた。拾い上げてみると、郵便だった。宛名は、*****Gold & Mining Co., Ltd. とローマ字で書かれていた。なんだ、配達員が間違ったのかと思ったが、住所は私が住んでいるここ U Wisara で部屋番号まで正しく書いている。でも、何で??? 知合いのミャンマー人Kさんに見せることにした。

    これが問題の封筒。一部黒塗りしました。

    これが問題の封筒。一部黒塗りしました。

    Kさんは封筒を見るなり、
    「ああ、これは税務署からだな」
    と一言。で、封筒を開け始めた。あれれ、いいのか勝手にそんなことやって。Kさんは私の心配など意に介さず、中から書類を引き出した。
    「やっぱり、これは納税申告書だ」
    6月30日までにこの申告書で納税することというようなことが書かれているそうだ。そんなものが何で私のところに?

    Kさんの説明によると、この会社は登記に嘘の住所を書いたという。私が住んでいるアパートの部屋は去年私が入るまで5年ほど空き部屋だった。誰も住んでいないことを知っていた人が会社の住所に使ったのだろうという。何で嘘の住所で登記?たぶん、やばいビジネスをやっていたのだろうとのこと。やはり、Gold & Mining なんて名前からして怪しいよな。でも、今回のように税金の申告書が毎年届くんだから嘘の住所はすぐにばれるのではと聞くと、
    「税務署はそんな暇じゃない。わざわざ調査になんか来ないよ」
    とのことだ。ただ普通の会社が税金をずっと払わずに済むわけではない。3年毎(業種によって違う)の会社のライセンス更新があるからだ。この更新はけっこう厳しく、税金もちゃんと納めてないとライセンスの更新ができないという。

    この会社、最初の3年間だけで税金も払わずやりたい放題やってライセンスの切れるころに雲隠れだろうというのが、Kさんの説明だった。この手のことにKさんがえらく詳しいと感心していると、
    「ミャンマーにはこんな会社がたくさんある。みんな知っているよ」
    おお、そうなんだ。ミャンマービジネスの奥深さを知ることになった一通の封筒だった。

    「ところで、この封書はどうすればいい?」 と、小心者の私。
    「そんなの放おっておけばいいよ」
    税務署が調べに来るわけでもないし、放おっておいても何も心配ないという。これもミャンマーの奥深さだ。

  • 去年の11月からマスターカードのキャッシングがミャンマーでもできるようになった。マスターではなくVISAカードを持っている私は、早くVISAカードもキャッシングできるようにならないかと待っていたのだが、実は去年の12月にVISAのキャッシングも始まっていたのだ。

     カンボーザ銀行とCBバンクのATMが使えるらしい。ヤンゴンには両銀行のATMがいくつかあるので、早速ダウンタウンのカンボーザ銀行に行ってみた。しかし、だめだった。暗証番号を入れて金額を入れも最後に、「このカードは使えません」というようなメッセージが出てくる。銀行の人にも助けてもらうが、2台のATMとも何度やってもだめ。結局、「今日は調子悪いね」だった。その後、近くのCBバンクでも試してみたが、同じ結果だった。

     その2~3日後、ミンガラドン空港に行く用があったので、再チャレンジした。今度は別のVISAカードだ。まずはCBバンクのATM、30万チャット(約3万円)を入力、しばらくしてガチャガチャというお札を数える音。おお、今度はだいじょうぶそうだ。出てきた! 5,000チャットが60枚、それもミャンマーでは珍しいピン札だ。

    ミャンマーでクレジットカードのキャッシングが本当にできるなんて、ちょっと感慨深い。

     VISAでもマスターでも同じだが、1回に出せる最高金額が30万チャットで1日に100万チャット(約10万円)まで可能だ。手数料として、毎回5,000チャットかかる。日本のVISAカードでは手数料が210円かかる。あとは、クレジットカードのキャッシングということで利子が年利15%、銀行からの引き落としに1ヶ月かかるとして1.64%だ。それに、為替手数料として1.4%ほどかかっている。

     結局、30万チャットを引き出すのに全ての手数料を合計すると、約5.4%ほどが上乗せされる。たとえば、日本で円をドルに両替してミャンマーでドルからチャットに両替すると計4%ほど為替手数料がかかる。クレジットカードキャッシングのほうがちょっと高い

    ATMから出てきた明細。手数料の5,000チャットがかかっている。

    ATMから出てきた明細。手数料の5,000チャットがかかっている。

    それにしても、空港のATMはOKでダウンタウンではだめだったのはなぜだろう。ATMの違いなのか、日によって回線状況が違うのか、カードの種類によって違うのか。何が原因だったか今のところ不明だ。ミャンマー人の友人に聞くと、「ミャンマーだから」。納得してしまった。

    *1/27に加筆訂正しました

  • PayPalはネットの支払いでよく使っている。特に海外サイトではPayPalに対応しているところが多く重宝していた。ミャンマーでも支払いをPayPalで行おうとした。

    うん? なんかおかしい。ログインできない。その直後にPayPalからメールが来た。

    米国財務省のOffice of Foreign Assets Control (OFAC)により管理されている規制に違反している可能性のある取引が認められました。

    ミャンマーはアメリカの経済制裁国から外れたはずなのにこんなことになるなんて。Appleのアカウントは問題なく使えたので油断していた。私のPayPalアカウントは現在停止中。PayPalにはクレームのメールを出したが返事が来ない。このまま私のアカウントは抹殺されてしまうかもしれない。

    これもミャンマー生活、だな。

  • みなさんお気づきかと思うが、GoogleのAdsenseというものを5日前ほどから始めた。これはGoogleが提供する広告サービスで、その広告を誰かがクリックすると、私の懐が暖かくなるというシステムだ。でも、実際には全然暖かくなりそうもない。サーバ維持費になるかならないか程度だ。そんなことはどうでもいい(と強がる)が、この広告を眺めていると面白い。

    Google Adsenseの場合、掲載ページに合った広告を自動的に掲載する。そのページに使っている単語を調べて統計学的にいろいろ計算し、一番そのページに適した広告を自動的に表示するという方法だ。カメラ専門のサイトだとカメラメーカーやカメラ販売店の広告が、ゲーム専門のサイトだゲームソフトの広告がといった具合だ。ゲーム専門サイトを見に来る人はゲームに興味がある人だから、そこにゲームソフトの広告があるとついついクリックしてみる。これは賢い方法だ。さすが検索業界の王者である。

    で、私のサイトはミャンマー専門、どんな広告が出ているかトップページを見ると、『ユーラシアでミャンマー』『小学館の中国語会話倶楽部』『必ず話せる中国語』『スペイン語はディラ』『阿佐ヶ谷中国語教室東京』となっている。最初の『ユーラシアでミャンマー』はいいが、その後は何だ?4つとも語学学校の広告でそのうち3つは中国語の学校だ。なぜこんなことになるんだろう。トップページで最も多い単語がミャンマーで24、次はビルマで10だ。それに対して中国語学校に関連すると思われる単語は、学校が1、語教室が3、教室が2、中国が1である。おかしい、使用単語の数からして中国語学校が上位にくることはありえない。では、Googleが私のサイトを中国語専門のサイトだと勘違いしたのだろうか?高度な統計学を駆使するGoogle、私ごときのサイトで間違えるわけはない。とすると考えられるのはただひとつ、誰でも思いつくのが広告主の数だ。ミャンマー関連の広告が圧倒的に少なく、中国関連が圧倒的に多いのだ。方や日本から毎年一千億円以上ものODA(今年は一千億を切った)があり貿易額ではついに日本を追い抜いて世界第3位となった中国、方やODAはストップしドル送金まで禁止されている国ミャンマー。経済力では圧倒的な差がある。私のサイトにこの世界経済の現実がそのまま現れていただけだ。

    ところで、私がAdsense広告を出しているページがもうひとつある。あなたが今見ているこのページだ。左下にあるのがその広告。今は『Give Time By Volunteering』という広告になっている。これは公共広告のひとつだ。そのページに合った広告がない場合、クリック無料の公共広告が表示される。このブログページはついに世界経済の蚊帳の外になったらしい。

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad