• ニンジアンエメフェナーボウンのつどう道」に続き、「ニンジアンエ」も一気に読んだ。古処さんの小説、なぜかビルマものだけタイトルにビルマ語が使われている。メフェナーボウン(仮面)にニンジアンエ(宣撫)。
     
    イギリスをビルマから追い出した日本軍、しばらくしてイギリス軍の反攻が始まる。後方撹乱のため、航空機を利用し小部隊をビルマ奥地まで送り込むウィンゲート旅団。日本軍は討伐作戦を開始した。この討伐作戦に従軍記者として美濃部が参加した。
     
    主人公である新聞記者の美濃部、ビルマ人宣撫用として桃太郎の紙芝居を作る奥山兵長、ビルマ語の達者な椚伍長、密偵として日本軍に協力するビルマ人のモンセン、ビルマ人を「腰布の人々」としか呼ばないイギリス人将校コーンウェル中尉、彼に従うインド人兵士たち。コーンウェル中尉とインド兵たちは捕虜となり、後方部隊へ後送することになった。その護送中、不可解なことが起こった。
     
    そう、この作品は「メフェナーボウンのつどう道」と対になっている。2冊とも読めばより理解が深まる。
     
    古処さんの本はテレビ的なメディアとは真逆の手法だ。話を単純化すれば分かりやすいし、そこに感動的なストーリーでも入れると面白い話ができあがる。しかし、古処さんの本には感動的なドラマも大きな声の主張も単純な善悪もない。真実に見える皮を一枚めくると、また違う真実が現れてくる。そしてまた一枚。
     
    古処さんのビルマ関係本を2冊読み終わり、ますますファンになってしまった。ノンフィクションの高野さん、小説の古処さん、ビルマ・ミャンマー本ではこのお二人は文句なしに面白い。
  • ビルマ戦線関連の本でこんな素晴らしい小説があるとは知らなかった。感動的ドラマや壮絶な戦闘シーンがあるわけではないが、読み終わった後にいろんな思いがさまよってしまう本だ。

    「はやく元気になりましょうね」
    ・・中略・・
    生と死の狭間にいたその兵隊を殺したのは、自分がかけた言葉だったと今は認めている。内地の新聞でもちあげられる看護婦は、期待に応えようと努めるほど弱っている患者を殺す。

    主人公である看護婦の静子の追想だ。生死をさまよっている兵士にやさしい言葉をかけると、兵士は安堵し死んでしまうのが現実の戦場だ。その中をラングーンからモールメインへ撤退する静子たち。ビルカンさんと呼ばれていたビルマ人看護婦のマイチャン、一行のリーダーとなる衛生下士官、見捨てるべき負傷兵を助けた静子の同僚看護婦、「助けられてしまった」負傷兵、全財産が入った重いリュックを担いだ慰安婦、幼い娘を連れた母親。

    メフェナーボウンとはビルマ語で仮面の意味だ。みんなそれぞれの立場があり、それに合った仮面をかぶっている。そんな仮面の人たちが、協力したり反発したり時々仮面が取れたりしながらモールメインへの道を進んでいく。

    作者の古処誠二さんは1970年生まれ、この本を書いたのが38才だ。30代でこの小説を書いたとは驚きだ。当時の資料を相当読み漁り、体験者の話を数多く聞いたに違いない。ただ、それだけではこの小説は書けない。本の中は1945年のビルマ、静子もマイチャンも兵士も慰安婦も1945年の人として考え行動している。古処さんは現代の価値観で彼らを語ろうとはしていない。それに、、、、

    いや止めとこう。私が下手な文章でうだうだと紹介するより手にとって読んでもらうのが一番だ。ミャンマーに興味のある人には絶対にお勧めだ。そういえば、古処さんの本でビルマ戦線関連がもう1冊あった。「ニンジアンエ」という小説だ。まだ読んでないが、これも読み終わったら紹介します。

  • 異郷の女友人から珍しい本を借りた。『異郷の女』という1956年に出た小説で、作者は村松喬。

    戦時中のビルマに派遣された日本人記者とシャン族の娘の恋愛小説だ。戦時中のビルマ関係の本というと戦記物ばかりで、こういう本は珍しい。

    読む前はそれほど期待していなかったのだが、読み始めると止まらなくなった。面白くて一日で読んでしまった。男女の恋愛に、日本とビルマという支配者と非支配者のの関係が絡んでいる。読んでいて、ジョージ・オーウェルの『ビルマの日々』を何度も思い出してしまった。作者もかなり意識して書いるように思える。

    ジョージ・オーウェルは常に冷静にビルマを見ていたが、村松喬は個人的にビルマに入れ込んでいたようだ。人間としてのビルマ人や人の住む町の描写が多く、ビルマにかなり好意的に書いている。それに、恋愛小説なのに読み終わったらビルマの基礎知識も頭に入るという本だ。

    小説の中でワ族やパンデー人のことが書かれていたのにはびっくりした。ワ族の入り口の町、パンロンまでの旅を書いている。パンロンは中国系イスラム教徒、パンデー人の故郷でもある。このパンロンではワ族とは出会えなかったが、途中、「家ワ」と呼ばれる、危害を加えないワ族と出会っている。家ワというのも初めて聞いた。

    作者自身、毎日新聞の記者で実際に戦時中のビルマに派遣されている。小説という形式になっているが、恋愛も含めて実際の体験がかなり含まれているに違いない。

    この本のように、ほとんど知られていないが面白いビルマ関係の本が他にもあるかもしれない。

  • 先週のことだが、ミャンマーソサエティで「もうひとつのミャンマー」という講演会をやった。自慢じゃないが、講演会などで話をするのは大の苦手だ。得意な人は少ないかもしれないが、自分では「あがり症?」「もしかして、自意識過剰?」などと悩んでいた。「話し方」のような本を買ったこともあるし、「プレゼンがうまくなる方法」みたいな情報をネットで探すことがよくあった。

    今回も話をはじめる前は、今までと同じだろうと想像していた。ところが、始まってから「なんか違うぞ?」。いつもなら声がうわずったり「えー」とか「あのー」の連発だったのが、自分でも落ち着いているのがわかる。何でだ? 不思議だった。聞いている人の反応もけっこうよかった。翌日、辛口ブログで有名な友人のH氏のブログで絶賛されてしまった。ただ、このH氏は身内へは評価が甘いのでだいぶ割り引かないといけない。それにしても、人前でのスピーチを褒めてもらえるなんて生まれて初めてだ。

    何で今までと違ったか、自分なりに理由を考えてみた。

    1. 事前の準備がよかった
    2. Keynoteを使った
    3. 人前での話に慣れていた

     まず、事前の準備から。いつもなら前日に泥縄式で簡単な準備をするだけだったが、今回は3日前から始め、話のストーリーもだいたい作っていた。本当は2週間前から始めたかったが、それでも私には大きな進歩だった。

    次に、Keynote。これはMac用プレゼンソフトだ。Windows用としてはパワーポイントが有名だが、MacではKeynote、あのスティーブ・ジョブズも使っていたソフトだ。今回初めて使ったのだが、素晴らしすぎる。操作も簡単なのですぐに覚え、全100ページほどの資料もスムーズに作ることができた。音声を入れるのも簡単だった。それに、Macの標準フォントが美しい。フォントが美しいと、全体の印象が大きくちがう。ということで、自信を持ってスライドを見せることができた。

    そして最後、これが一番大きな理由だろう。実は、去年の10月から外国人向け(といってもほとんどミャンマー人)に毎週日曜日にIT教室をやっている。いつも数人程度の小さな教室だが、これが大いなる効果を発揮したようだ。慣れというのは恐ろしい。毎週先生役をやることで、人前で話すことが怖くなくなったのだ。それに、人前で話すことを無意識に学んでいたようだ。先生役をやることが講演会に役立つとは全然思ってなかった。自分じゃ先生をやっていたつもりが、本当は「話すこと」を学んでいた生徒だった。

    何が役に立つかわからない。

  • 最近のビルマ語(ミャンマー語)WEBサイトには、ビルマ語フォントがインストールされてなくてもビルマ語が表示できるものがある。たとえばBBCのビルマ語サイト、ちょっと前まで、myanmar3というビルマ語フォントをインストールしないとビルマ語が文字化けしていたのだが、今はビルマ語フォントがインストールされてなくてもビルマ語が表示される。

    iPadで見たBBCビルマ語サイト。
    ビルマ語フォントがインストールされていなくてもビルマ語が表示される。
    注1)このビルマ語は文字化けしていた。最後に追記あり。2011/12/24追記

    何でだと思って調べてみると、WEBフォントという仕組みを使っていることがわかった。通常、文字を表示しようとするとその文字のフォントがインストールされてないと表示できない。ビルマ語を表示させようと思うと、ビルマ語がインストールされていないと表示できない。今まではこれが当たり前だった。しかし、WEBフォントだとフォントがインストールされてなくても文字が表示できる。インターネットから自動的にフォントをダウンロードするようになっているからだ。これを使うと、フォントが自由にインストールできないiPhoneやiPadでもちゃんとビルマ語が表示できる。素晴らしい! もちろん、ビルマ語だけじゃなく、どんな言語のどんなフォントでもOKだ。

    ただ、全てのビルマ語サイトがWEBフォントを使うように設定しているわけではない。まだまだその数は少ない。多くのビルマ語サイトはWEBフォントを利用していなので、フォントをインストールしていないPCやiPhoneで見るとビルマ語は□□□□□□□□□□としか表示されない。

    ビルマ語版Wikipediaはビルマ語フォントをインスールしないと文字化け

    これらのサイトにビルマ語WEBフォントを適用するうまい方法はないかとしばし考えてみた。おお、そうだ、あれがあった! あれとは、ブックマークレット(Bookmarklet)と呼ばれているあれだ。ブックマークレット?初めて聞く人も多いと思う。簡単に言えば、JavaScriptというプログラムをリンクという形にしたものだ。う〜ん、この説明じゃわからないか。まあ、ここでは理論はどうでもいい。とにかく、ブックマークレットを利用すれば、どんなサイトでもビルマ語WEBフォントを使うことができるようになる、はずだ。それで作ってみたのがこちら。

    ビルマ語表示ブックマークレット(Windows, Mac用)
    Myanmar3
    Zawgyi

    上記のリンクをそれぞれブックマークとして登録するだけでOKだ。ビルマ語が表示されないページがだったら、Myanmar3 または Zawgyi をクリックすればビルマ語が表示される。ブックマークは、ブックマークバーに登録すればより便利になる。ブラウザによって登録方法が微妙に違うので、私の分かる範囲で書いてみた。参考にしてほしい。

    IE8までの場合

    1. ブラウザ上部に [お気に入りバー] が表示されてない場合、ブラウザ上部でマウスを右クリック [お気に入りバー] を選択
    2. [Myanmar3] を右クリックで、[お気に入りに追加] を選択
    3. [作成先] は [お気に入りバー] を選択

    IE9の場合

    1. ブラウザ上部に [お気に入りバー] が表示されてない場合、ブラウザ上部でマウスを右クリック [お気に入りバー] を選択
    2. ブックマークバーのエリアに[Myanmar3] をドラッグ & ドロップ
    3. 同じく、[Zawgyi] をドラッグ & ドロップ

    Chromeの場合

    1. ブラウザ上部に [ブックマークバー] が表示されてない場合、ブラウザ右上の [スパナマーク] [ブックマーク] [ブックマークバーを表示] を選択
    2. ブックマークバーのエリアに [Myanmar3] をドラッグ & ドロップ
    3. 同じく、[Zawgyi] をドラッグ & ドロップ

    FireFoxの場合

    1. ブラウザ上部に [ブックマークツールバー] が表示されてない場合、ブラウザ右上の [ブックマークアイコン] [ブックマークツールバーを表示] を選択
    2. ブックマークバーのエリアに[Myanmar3] をドラッグ & ドロップ
    3. 同じく、[Zawgyi] をドラッグ & ドロップ

    Safariの場合

    1. ブラウザ上部に [ブックマークバー] が表示されてない場合、ブラウザ上部でマウスを右クリック [ブックマークバー] をドラッグ & ドロップ
    2. ブックマークバーのエリアに[Myanmar3] をドラッグ & ドロップ
    3. 同じく、[Zawgyi] をドラッグ & ドロップ

    iPhone, iPadの場合

    iPhone, iPad の場合はiCloudを使っていれば簡単。Mac や Windowsの Safariでブックマーク登録すればiPhoneやiPadにも自動で登録される(同期設定が必要)。でも、単体で登録はちょっと面倒だ。まず、リンクはこちらを使うように。

    ビルマ語表示ブックマークレット(iPhone, iPad用)
    Myanmar3
    Zawgyi

    1. [Myanmar3] を長押しし、[新規ページで開く] 。エラーメッセージが出てくるが、OK。
    2. 白紙のページに変わる。下部の真ん中のアイコンをタップし、[ブックマークに追加]。
    3. [名称未設定] を [Myanmar3] に変更。
    4. その下の [http://javascript:(function……] の部分の先頭の [http://] を削除。
    5. 最後の [/] を削除
    6. 同じように、[Zawgyi] を登録する

    Androidの場合

    Androidのスマホもタブレットも持ってないのでわからない。たぶん、同じようにブックマークを作ればいいと思う。

    ということで、ブックマークレットの登録方法は以上だ。あとは、ブックマークレットをクリックするだけ。これでビルマ語サイトも読めるようになる。たとえば、ビルマ語のウィキペディアも、ビルマ語ブックレートmyanmar3を使えば問題なくビルマ語が表示されるようになる。

    ブックマークレットmyanmar3が適用されたWikipediaビルマ語版。
    ビルマ語がちゃんと表示されるようになった。

    ここで、Myanmar3とZawgyiの使い分けについて。「ビルマ語(ミャンマー語)のUNICODEはUNICODEじゃなかった?」でも書いたように、myanmar3は世界標準のUNICODEに準拠したフォントで、ビルマ語版Wikipedia, BBCビルマ語サイト, MyanmarITProなどが使っている。でも、一般のミャンマー人の間では圧倒的にZawgyi-Oneを使っている人が多い。どちらのフォントを使っているかの自動認識はしていないので、まずどちらかのブックマークレットを試してほしい。間違っていたら、何も変わらないか一部文字化けする。その場合は、もうひとつのブックマークレットを利用してほしい。ただ、いくつかのサイトではこのビルマ語ブックレートがうまく動かない。たとえば、GmailやFacebookなどだ。どなたか解決方法が分かる方がいれば教えてほしい。

    なお、今回はMyWebFontのWEBフォントを利用させてもらった。フリーで使わせてもらえることに感謝します。

    ということで、ビルマ語シリーズもこれで年内に区切りをつけることができてひと安心。だったのだが、ブックマークレットを使ってビルマ語表示をさせる方法を書いたサイト Bookmarklet For Myanmar Font を今頃見つけてしまった。このサイトも同じ方法ですね。私が思いつくんだから、他の人も当然思いつくか。

    来年にはwindows8がビルマ語標準搭載するようになる。「昔はビルマ語を表示させるのに、こんな面倒なことをやっていたんだ」と、このブログが笑い話になるように早くなってほしい。

    注1)ミャンマー人の友人から、このBBCのビルマ語は文字化けしているというコメントをもらった。たしかにそうだ。一見問題なさそうに見えるが、ビルマ語を読める人からすると一目瞭然。この画像はiPadから画面キャプチャーしたものだが、PCだと問題ない。なぜだろう? そこで、自分で作ったブックマークレットMyanmar3を適用してみた。おお、ちゃんと表示された。これがその画面キャプチャーだ。2011/12/24 追記

    iPadで表示したBBCビルマ語版にブックマークレットMyanmar3を適用。
    これで正しいビルマ語表記になった。

     

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad