• 4月5日の朝4時、ヤンゴン中央駅に向かった。4月8日のバガン行きの長距離列車のチケットを買いに行くためだ。ミャンマーでは長距離列車のチケットを売り出すのは3日前、ヤンゴン中央駅の長距離列車チケット売り場に直接買いに行かなければいけないからだ。

    4月8日はダジャン(ティンジャン, 水かけ祭り)の連休前で、列車は非常に混む。日本の年末のJRのチケットを買うようなものだ。買えるかどうか心配だったので、前もって3月27日にチケット売り場まで来て確認した。窓口の係員の話では、3日前の早朝に来ればだいじょうぶだということだった。念を押したが、だいじょうぶだいじょうぶという返事だった。

    4時20分ごろチケット売り場前に着いた。チケット売り場はヤンゴン中央駅の中ではなく、さくらタワーの斜め前にある。既に30人ほど門の前に人が集まっていた。この門は5時に開くということで、おとなしく待った。5時には100人近くになった。門が開くとわれ先にとみんな駆け出した。

    早朝4時20分にチケット売り場前に集まった人たち

    早朝4時20分にチケット売り場前に集まった人たち

    チケット売り場はさくらタワーの斜め前

    チケット売り場はさくらタワーの斜め前

    窓口は行き先別に分かれている。バガン方面行きは一番奥、私と連れは列の2番目になった。おお、これだったら絶対に買えると安心した。目の前に予約状況を書いたホワイトボードがあった。

    行き先別に分かれた窓口

    行き先別に分かれた窓口

    えーと、寝台寝台。6日は残り8枚,結構残ってるな。7日は残り2枚残っているのか。8日は? 数字じゃないぞ、「マシー」と書いている。もしかして「無し」の意味?。回りの何人かのミャンマー人に確認しても、この表示は「無し」だった。

    8日の寝台は「無し」との表示

    8日の寝台は「無し」との表示

    何で? 今日売り出しでまだ誰も買ってない状態で無し? 他のチケットも全くなかったり、残りが2枚だったり。これはおかしいと、みんなざわついてきた。窓口が開くのは7時、まだ2時間近く時間がある。目の前の窓口に小さくチケット売り場の連絡先が書かれていた。電話してみた。時間が時間なので誰も出ないと思ったが、男性の返事があった。「自分じゃわからない。窓口が開いたら聞いてみてくれ」との返事。しょうがない、待つしかない。

    7時になり、窓口が開いた。私の前に並んでいた人はバガン行きの普通チケット。2枚残っていたので買えた。そして私の番になった。

    「8日の寝台を2枚ください」
    「ありません」
    「何で? 今日売りだしたばかりでしょ。何でないの?」
    「私はわからない。責任者に聞いてくれ」
    何度聞いてもだめだった。しかたがないので残っていた7日のチケットを2枚買い、窓口の中にいるという責任者に会うことにした。

    窓口の中に入った

    窓口の中に入った

    出てきたのは50才くらいの小太りの真面目そうな人だった。チケット売り場の責任者だという。
    「なぜ8日の寝台車のチケットが1枚もないんですか?」
    「もう売り切れてたんです」
    「えっ! 売り始める前に売り切れ? どういうこと?」
    「公務員や外国人には事前に売っているんです」
    「そんなの初めて聞いた。駅のどこにそんなことを掲示しているんですか? WEBサイトに書いているんですか?」
    「どこにも書いていません。でも、昔からそうなっているです」
    「昔は外国人の料金は高かったけど今は同じ、公務員も同じ料金でしょう。なぜ優遇するんですか?」
    「政府が変わってまだ間もないんです。だからこのシステムも変わってないんです。理解してください」

    はしょって書いたが、ここまで20分ほど。責任者がちょっと弱気になってきた。でも、理解力のない私はしつこく食い下がった。と、突然、
    「実は8日のチケットが2枚あります。あなたを助けたいので、7日のチケットと交換しましょう」

    これには驚いた。一瞬、ありがとう! と返事をしそうになったのをぐっと抑え、
    「今までないと言っていたチケットが何であるんですか。そんなのはもらえません!」

    このチケット、本当は喉から手が出るほど欲しかった。でも、ここまで正論ばかり言った手前、私だけチケットをもらうわけにはいかない。もらったら私は単なるクレーマーになってしまう。そして、彼から出てきた言葉は
    「レーザーデ」

    尊敬するという意味だ。私はそんな人間ではない。ただ、引っ込みがつかなくなってやせ我慢しているだけだ。それに、私もちょっと言い過ぎたかもしれない。最後は責任者と握手をして事務所を後にした。真っ暗だったチケット売り場も朝日が当たりすっかり明るくなっていた。

    それにしても、あの8日のチケット欲しかった・・・

    チケット売り場はすっかり明るくなっていた

    チケット売り場はすっかり明るくなっていた

  • 友人のWさんからメールが来た。

    「ヤンゴン 雑貨」で検索するとエヤワディブログの「猫が死んだ」が検索上位に来るよ。

    本当だった。Googleで検索すると、2番目に”ヤンゴン生活 | エヤワディ Blog – エーヤーワディ” というのが出ている(ネット接続の場所など条件によって順位は違う)。クリックすると、なんと「猫が死んだ」の記事が一番上だ。かわいいミャンマー雑貨を期待して検索した人が、これを見るとショックを受けるかもしれない。

    実は、このWさんはヤンゴンで雑貨の店を開いているのだ。ということで、罪滅ぼしも兼ねてWさんの店、 dacco. (ダッコ、最後にドットが付いている)を紹介したい。場所は寝釈迦で有名なチャウタッジーパゴダの近く、シュエゴンダイン通りのビルの2階にある。

    gt_20151122_1046_0411

    dacco. 案内

    ミャンマーの1階は日本の2階

    gt_20151122_1047_0418

    少数民族の布、ロンジーの生地で作ったシックなハンカチ、プラスチックバンドで作った鮮やかなカゴ、タティングレースのイヤリング、その他いろいろ、こうした雑貨類が好きな人にとってはたまらないだろう。ミャンマーのお土産屋などで売られている工芸品や手作り品は細部が雑だったり、いまひとつ垢抜けないものが多いが、dacco. はWさんがこだわっているだけあって、作りも丁寧だし何といってもセンスがいい。ミャンマー土産に迷った時にはぜひどうぞ。

    gt_20151122_1129_0450

    gt_20151122_1110_0430

    gt_20151122_1125_0439

    gt_20151122_1102_0428

    gt_20150501_1803_4329

    私が dacco. で買ったものを紹介する。まずはチン族の布。チンの布は世界的に有名で、古布などは欧米の博物館が買い付けに来たりしている。このチンの布も細かな織りで美しい。

    gt_20160124_1602_3337

    次はミャンマーの布で作ったワインバック。シックな色とデザインで友人宅にワインを持って行く時に自慢できそうだ。

    gt_20160124_1555_3332

    プラスチックバンド(PPバンド)で作ったプラかごはミャンマーでもよく見かける。鮮やかな色を組み合わせたプラかご、丈夫だしデザインもポップだ。

    gt_20160124_1558_3335

    ナガの生地で作ったノートパソコンケース。ナガの布も世界的に有名でコレクターも多い。ナガ独特の色使いやデザインが個性的だ。このパソコンケースはもらったものだが、私のお気に入り。

    gt_20160124_1659_3340-3

    ※2017年、店がパラミー通りのほうに移転しました。また、ボージョーマーケット店が新たにできました。

    店名 dacco. myanmar – Main Shop (Parami Road)
    住所 Room 5, No.12 Parami Road, 10 Quarter, Mayangone Township, Yangon, Myanmar (near Hotel Parami)
    Phone 092 6018 5424, 092 6222 6481
    Open Daily, 10:00-18:30
    WEB http://www.dacco-myanmar.com
    Facebook https://web.facebook.com/dacco.myanmar
    Email info@dacco-myanmar.com

     

    ボージョーマーケット店はこちら。
    店名 dacco. myanmar – Bogyoke Market Shop
    住所 13/F, Upper Front, Bogyoke Aung San Market, Pabedan Township, Yangon, Myanmar
    Phone 094 2237 1337
    Open Tuesday-Sunday (Closed on Mondays and Gazette Holidays), 10:00-16:45

  • gt_20150702_1835_5760-2

    深夜の3時半頃だった。ドンドン、ギャーギャー、ウォンウォンと突然ドアの外が騒々しくなった。4階の住人である私は、下のほうでよく猫や犬が大きな鳴き声で騒いでいるのはよく聞いている。でも、今日はドアのすぐ前だ。まさか犬たちが4階まで上ってきた? ドアの覗き穴(ドアスコープ)から外を見ると、金網をよじ登ったネコを4~5匹の犬が威嚇している。ネコは力尽きたのか落ちてしまった。

    落ちたネコを犬が襲った。私はドアを開け、逆さに持ったほうきで犬たちを追っ払った。猫は3階と4階の間にある踊り場に横たわっていた。部屋からダンボール箱を持ってきた私はその中に猫を入れた。猫は力なくニャーとないた。ダンボールの底に血がちょっと付いていたがそれほど出血はしてないようだ。でも、息は絶えだえ。ほとんど動かない。よく見ると、腹のあたりを噛まれてしまったようだ。15分ほど経っただろうか、猫は突然立ち上がり、苦しそうにないた。それが最後だった。もう少し早く私が犬を追っ払えば助かったのに・・・

    翌朝、猫の死体が入っている段ボール箱を持って、いつも世話になっている1階の雑貨屋に相談に行った。息子(といっても40才過ぎ)がいた。

    「かわいそうに。どこかの飼い猫だろう。あそこのゴミ捨て場に段ボール箱ごと置いてきたほうがいい」
    「えっ、ゴミ捨て場? それはかわいそうだ」
    「だってもう死んでるじゃないか」

    ミャンマー人と日本人の感覚の違いだった。ミャンマー人にとっては死体は単なるモノだ。ヤンゴンにある火葬場でも、一部の人を除いて多くの遺族は遺灰を持って帰るなんてしない。そのまま火葬場に処理を任せるのだ。その後、遺灰がどうなるかを何人かのミャンマー人に聞いたが、正確なことは誰も知らなかった。誰も気にしないのだ。

    ヤンゴンに住んで3年になる私だが、猫をゴミ捨て場に捨てることはできなかった。結局、アパートの裏の空き地に鍬を借りて穴を掘った。相談した彼のお兄さんが手伝ってくれた。猫の上に土と落ち葉をかぶせたら、回りと見分けがほとんどつかなくなった。

  • 今日、ヤンゴンから成田行きのANA便に乗る。11月28, 29日に行われる「ミャンマー祭り」で、写真展「チョーミン楽団が行く」を開くためだ。

    写真展の会場は東京の増上寺にある慈雲閣。時間のある方は見に来てほしい。

    写真展のための解説文がこちら。

    初めてのビルマ、今のミャンマー

    バンコクから飛び立った古いフォッカー機は20人ほどの客を乗せラングーン(ヤンゴン)のミンガラドン空港に到着した。何もない薄暗い空港を出ると、タクシーが1台だけ客待ちをしていた。ドアがちゃんと閉まらないボロボロのアメ車だった。夕暮れが迫った穴だらけの道をタクシーはガタガタ音をたてながら走った。町が見えてきた。道の両側にはろうそくで照らされた露店が並んでいた。そこをロンジーをゆっくりと揺らしながら人々が歩いていた。まるで影絵のような世界、1987年のビルマだった。

    中国のトルファンで出会った旅行者から聞いた「ビルマは夢のような国だ」という言葉に導かれるようにして訪れたビルマ、当時はネウィンによる独裁で社会主義で鎖国政策をしていた頃だった。そのビルマはどの国とも違っていた。

    ダウンタウンに立ち並ぶコロニアル調の建物は薄汚れて巨大な廃墟のようだった。夜になると停電で街は暗闇、ホタルの光のようにあちこちでロウソクの灯が揺れていた。車がほとんど見当たらないため歩行者天国と化したメインストリートでは、青年たちが道路の真ん中でギターを鳴らしながら歌っていた。

    路上喫茶店では「外国人は初めてだからお代はいらないよ」と言われ、食堂では見知らぬ人が知らないうちに私の食事代を払っていた。宿泊したYMCAでは「友だちが送ってきました。何て書いてますか?」と、日本語で書かれた古い年賀状を初老の男から渡された。シュエダゴンパゴダでは「山本少尉はとても親切でした」とたどたどしい日本語で話しかけられ、彼の家族に歓待された。

    ビルマは戦後間もない時期から時間が止まっていた。でも、そこで出会ったのはにこやかで奥ゆかしい、そう、たおやかな人たちだった。トルファンで聞いた言葉は本当だった。ビルマは外国人旅行者にとって本当に夢のような国だった。

    私はビルマの虜になった。しかし翌年、ビルマに政治的混乱が起き、私が次に入国できたのは1994年だった。それから毎年のようにミャンマーを訪れるようになった。そして、2012年からはとうとうヤンゴンの住人になった。

    28年前の「夢のような国」と比べ、今のミャンマーは大きく変わった。特にヤンゴンだ。若者はロンジー(腰巻き)よりジーンズを好むようになり、女性が酒を飲むようになり、どこも渋滞だらけになり、土地の価格は東京並みになり、ショッピングセンターで何でも買えるようになり、お金の話しをするようになり・・・ だんだんと、普通の国になってきた。

    でも変わらないミャンマーもある。特に地方に行くと昔からのミャンマーに出会うことができる。そして、ミャンマーのもうひとつの大きな魅力は多様な民族だ。違う文化を持ち違う言葉を持ち違う宗教を持つ。仏教とパゴダだけではないミャンマーがそこにはある。

    これからも、変わっていくミャンマー、変わらないミャンマー、そして多様なミャンマーを見続けていきたい。

    写真展「チョーミン楽団が行く!」

    仏教遺跡で有名なバガンから車で1時間半ほどのところにチャウッパダウンという町がある。近くにあるポッパ山が有名なくらいで他に何の変哲もない町だ、と思っていた。しかし、ここにはサインワインという伝統音楽の楽団が60以上もある町だった。私はそれらの楽団のひとつ「チョーミン楽団」と偶然知り合った。

    驚いた。サインワイン楽団の演奏がこんなに素晴らしいものだったとは。もちろんサインワイン楽団自体は以前から知っていたし、ステージでの演奏やテレビでの演奏は何度も見ている。しかし、深夜まで村で行われる演奏を目の前で見たのは初めてだった。

    ピタリと息の合った超絶技巧の演奏、美しくてアクロバティックな踊りで観客の心をつかむ踊り子、会場を笑いの渦にする漫才コンビ、全てが渾然一体となった「エンターテイメント」だった。それが深夜3時頃まで続く。電気も来ていない小さな村でこんな一流のエンターテイメントに出会えたのは衝撃だった。一流といっても、一部の人たちが喜ぶ高尚なものとは違う。下ネタがポンポンと飛び出し、踊り子も下ネタに反応して言い返す。サインワインのリーダーもそれに合いの手を入れる。観客は大爆笑だ。言葉があまりわからない私もおかしくて大笑いしてしまった。

    サインワイン楽団の演奏はチャウッパダウンのようなアニャー(上ビルマ、中央乾燥地帯)で特に盛んだ。村で子供のシンピュー(得度式)や寺への寄進式を行うときに、式の主催者がサインワイン楽団を呼ぶ。仏教と深く結びついている。最近は費用がかかるということで、楽団を呼ばずにCD再生で済ますところも増えてきたが、まだ上ビルマでは楽団を呼ぶ村が多い。電気もないテレビもない村にとっては一大娯楽だ。

    サインワイン(パッワイン)は、大小の鼓がずらりと環状に並んだ楽器で、リズム楽器でもありメロディー楽器でもあるというミャンマーにしかない不思議な楽器だ。この楽器を演奏する人が楽団のリーダーでもある。サインワインの名手が繰り出す演奏は超絶技巧そのものだ。フネーと呼ばれるチャルメラに似たリード楽器はサインワイン以上に音が目立つ。これも名手の手にかかると、フリージャズのトランペットのように縦横無尽に音が駆け巡る。小さめの金属製ゴングがサインワインと同じように環状に並んだチーワイン、各ゴングから放たれた音は天上から降り注ぐ響きだ。他にも何種類かの楽器、歌手、漫才師が揃ってサインワイン楽団となる。

    サインワイン楽団が演奏をするのは11月から4月の乾季の間だけだ。後の半年は雨季になるので演奏はない。その間、リーダー以外の楽団員はそれぞれの村に戻り、農作業などの本来の仕事をする。演奏する人たちも村人なのだ。村で生まれ村で演奏する音楽。そう、サインワイン楽団は保存された伝統音楽ではない、生きている今の音楽だ。

    今回の写真展では、今年の4月に撮った写真を紹介する。チャウッパダウンから楽団員と一緒にトラックの荷台に乗り、村まで2〜3時間ほど。日中は40度を超える気温の中、演奏は深夜3時まで続いていた。私が受けた感動を少しでも伝えることができたら幸いだ。

    友人の石谷崇史氏によるドキュメンタリー映画「チョーミン楽団が行く!」が制作進行中。2017年に公開予定なので乞うご期待。

    写真展で展示する写真を何枚か公開します。

    さあ、ニャウンラ村へ出発

    さあ、ニャウンラ村へ出発

    さあ、始まった

    さあ、始まった

    エーワディーティンの登場だ

    エーワディーティンの登場だ

    息もぴったり

    息もぴったり

    コントに大笑い

    コントに大笑い

    サインワイン(パッワイン)の調律は入念に

    サインワイン(パッワイン)の調律は入念に

    一瞬の音に集中

    一瞬の音に集中

    楽しき荷台

    楽しき荷台

     

  • 前の書き込みから3ヶ月以上たったしまった。後藤は何をしているんだと思った方はこちらに。今日はは政治ネタということで、ひさしぶりにここに書きます。

    ミャンマーでは11月8日が総選挙で、ヤンゴンも盛り上がっている。毎日1回はアパートのすぐ横を選挙カーが通って賑やかだ。ヤンゴンの選挙運動をいくつか紹介したい。

    私が住む地区にやってきたNLDの選挙カー。後ろの車はレクサス、NLDはけっこう金があるようだ。


    gt_20150912_1509_7916
    選挙カーと一緒にやってきた殺虫剤散布隊。草むらに向けてNLDマーク付きの散布機から殺虫剤を撒いていた。でも、なんで選挙運動で殺虫剤?NLDは悪い虫(政府)をやっつけて庶民のためになるというパフォーマンスなのか。

    gt_20150912_1510_7927

    NLD本部の真向かいにあったNLDバンドの移動ステージ。ロックをガンガンに響かせていた。

    gt_20150927_1035_8947

    NLD本部にある売店でTシャツやカレンダーなどのスーチーグッズを買い求める人たち。

    gt_20150927_1209_9403

    わが家のすぐ横にあるミニサッカー場でNLDの演説会。みんなにコカコーラやファンタオレンジ350cc缶を配っていた。有権者じゃない私も1本もらった。

    gt_20151011_1723_9718

    戸別訪問に来たNLDの応援隊がくれたDVDで、30分ほどのドラマが入っていた。プロが作ったドラマでなかなか良くできている。

    gt_20151028_0456_9562

    これ以外にも音楽を流しながら走る宣伝隊や、生バンドがやってきたりとけっこう賑やかだ。でもほとんどNLDばかり。与党のUSDPは影が薄い。USDPの選挙看板が寂しそうだ。そういや、一度だけ戸別訪問に来てパンフレットを置いていった。

    gt_20151026_1640_9561

     

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad