• 今日、携帯の契約をしてきた。

    ミャンマーの電話キャリアは今のところ国営のMPTしかない。それを再販している代理店がいくつもある。今回はELiteという代理店でSIMを購入した。私の勘違いや間違いがあるかもしれないが、ご勘弁を。

    電波の種類としてはGSM, CDMA, W-CDMAの3種類があり、それぞれ契約料としてELinteでは
    GSM 200,000チャット
    CDMA 500,000チャット
    W-CDMA 300,000チャット

    今は1ドル840チャットくらいなので、10チャットが1円くらい。

    インターネット接続については3種類とも可能で、GSMの場合は契約料は11,000チャット。それに、なんと携帯電話がWiFiステーションとなるテザリングが可能で、特に契約料はかからない。もちろん、テザリングが可能な携帯電話を使う必要がある。

    通話料は1分50チャット、インターネットの通信料は1分2チャットだ。テザリングやっても通信料は変わらない。テザリングについては日本よりも進んでいる。

    電話料金は電話カードを買うプリペイド方式になっている。5,000, 10,000, 30,000チャットなどのカードがあり、携帯ショップ以外にも普通の店でも売っているところが多い。5,000チャットのカードは今日(9/20)から発売が始まったものだ。

    結局、私はGSMでインターネットとテザリングを契約したので、225,000チャットとなった。ただし、外国人は契約できないということで、ミャンマー人の友人の名義で契約することとなった。

    通話については即時開通するが、インターネットにはちょっと時間がかかる。5日くらいかかると言われた。

    *青文字の部分は9/21に変更・追加した部分です。
    *緑文字の部分は9/23に変更・追加した部分です。 

    Posted by 後藤 修身 @ 01:05

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad