• 先々週の土曜日、友人のミャンマー人から電話がかかってきた。
    「ヤンゴン大学で外国人向けミャンマー語のコースが始まるよ」

    新聞に発表された、外国人用ミャンマー語コース

    新聞に発表された、外国人用ミャンマー語コース

     9月頃から始まる始まるという話だけ出ていて、いつから始まるか不明だった。それが12月14日の土曜日の朝、ミャンマー語の新聞に突然発表された。何と3日後の火曜日から始まるという。申し込みは大学へ直接行かないといけないので、月曜日だけが申し込み日だった。ミャンマーで行政がらみの発表はいつもこんなに急だ。月曜日の朝一に申し込みに行った。一番乗りだと思っていたら、韓国人が前週の段階で14人申し込んでいた。彼らはどうして知ったんだ?

    ヤンゴン大学の正門

    ヤンゴン大学の正門

    火曜日の初日、クラスに行くと全部で20名ほどいた。日本人が私1人、ベトナム人が1人、他はみな韓国人。隣の席の韓国人女性が日本語を話せるので、なぜ韓国人が多いか聞いてみた。

    「先週、韓国のインターネットのミャンマー専門フォーラムにこのミャンマー語コースの情報が出てたの」
    どこからどう情報が流れたか、ミャンマーで公表される前に韓国に情報が流れたらしい。すごい情報収集力だ。
    「ミッショナリーの人たちが多いよ」
    宣教師として来ている人たちが大勢このクラスに来ているという。韓国人生徒の約半分が宣教師関係だった。それも、バプティスト。ミャンマーではバプティストがキリスト教徒の中で一番多いが、韓国では珍しいらしい。ということで、韓国人が多いという謎の多くは解決した。男女比は4対6ぐらいで女性のほうが多い。語学教室は女性が多いというのは万国共通のようだ。

    授業風景。クラスには韓国人が多い

    授業風景。クラスには韓国人が多い

    クラスは外国人社会人を対象としたベーシックコースで、本当の基礎の基礎から始まった。
    カカガ、ササザ、タタダ、、、
    「カカ」と同じ文字を並べて書いているが、実は違う発音だ。日本語には「カ」が1種類だけなので、同じ「カ」の文字を使っているだけで、ミャンマー語には「カ」が2種類ある。「サ」や「パ」も2種類、「タ」は何と3種類ある。ビルマ語をだいぶ前からかじってきた私でも未だによく聞き取れないし、言えない。でも、よく分かってなかったのはこのクラスで私一人だけだったみたいだ。隣の韓国人に聞くと、韓国語には「カ」が2種類あるという。私は分かった振りをして発音していたが、韓国人は本当に分かっていて発音していたようだ。

    でも、韓国人の弱点も発見した。「ザ」の音を言えないのだ。「カ」の発音では私は何度も先生から直されたが、韓国人は「ザ」で何度も先生から注意されていた。最後は先生も苦笑い。母国語にない発音はやはり難しい。

    授業の行われるタウングー・アサウン

    授業の行われるタウングー・アサウン

    このベーシックコースの授業は、火曜日から金曜日の週4日で、朝7:30〜9:30まで1日2時間。全部で3ヶ月間のコースで、授業料は15万チャット(約15,000円)。先に一括で払う。定員30人のクラスだが、今のところ20名ちょっとだ。まだ余裕があるし途中から入ってきてもだいじょうぶなので、興味のある人は参加してください。校舎はタウングー・アサウン(タウングー寮)、正門から5分くらいのところにあります。

    Posted by 後藤 修身 @ 00:49

  • 10 Responses

    • 日本人が一人!
      会報の件ではうっかりしてまた、失礼しました…

      でもミャンマー語習得には絶好の条件かもしれませんね^_^

      日本語とミャンマー語がにていると言われますが、韓国語とミャンマー語のほうがもっと共通点があるようですよ。

      それにしてもウラヤマシイ!の一言ですねーー
      チョーザーバー(^O^)

    • 韓国人ばかりで、逆に韓国人がかわいそうです。母国語が通じない環境のほうが勉強になるし、他の国の人と出会えて面白いです。

    • 母語にない音の発音が苦手という、あるいみ当たり前かもしれない部分に納得&面白かったです。

      私の考えですが、外国語の発音を習得するには、まずは母語の音韻体系を知って、その差分を意識することが大事だと思っています。

      行ったことのないミャンマーの様子も垣間見ることができて、とても面白かったです!

      @東京・編集者

    • 母語にないと、聞き取り自体難しいですね。全く同じ音に聞こえてしまいます。何度も聞いているうちに、かすかに違いが分かるようになってきました。

    • うらやましい~!
      私もミャンマー語勉強したいです。

      いつになるかわかりませんが追い掛けますね!!
      カカ、タタ、ササ、苦労しますよね。

    • ますます「ミャンマー人」ですね。「アーチャーデーノー」。
      通じるかしら?

    • ウーミンガラのほうが女生徒に囲まれて、アーチャーデノー。

    • こんばんわ。はじめまして。
      この12月からこのコースに入りたいと思い、今月はじめに担当のアウンミンウー先生に日本から電話したものです。その後メールで連絡がつかなくなり、来週現地に行って直接当たってみようかと思っていたところ、偶然 貴ブログを拝見しました。
      恐縮ですが、今年の募集要項などご存知でしたら。お教え願えませんでしょうか。お手数ですがどうぞよろしくお願いいたします。

    • こんにちは。自己レスです。
      現地に来て無事解決しました。11月に募集で12月第二週開始だそうですが、運よく申請書を入手できました。ご報告まで。

    • ブログを最近見てなかったので返事が遅くなってしまいました。12月第二週というともう始まったんですね。がんばってください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad