• 心配した雨も降ることはなく、バイクは快調に走る。ちなみにバイクは4台とも中国製、日本のバイクは高くて買えないそうだ。

    こんな細い道も現れる

    こんな細い道も現れる

    この崖から落ちるとやばい

    この崖から落ちるとやばい

    竹橋

    竹橋

    ちょうど昼ごろ、サッパロー村に到着。この村は新しく移転してきた村なので、家も新しい。昨日のマッチャン村やサントン村より開けている感じだ。向こうの山の山腹に小さく元の村が見える。子どもたちの写真を撮っていると、こっちに来いと真新しい大きな家の人に呼ばれた。

    開けた場所にある、真新しいサッパロー村

    開けた場所にある、真新しいサッパロー村

    中には40~60才くらいの男たちが酒を飲んでいた。その中の40才前後の一人の男だけ雰囲気が違う。こざっぱりしてビルマ語も流暢だ。彼はここ一帯の軍の司令官だった。軍の基地はサッパロー村の先のソロ村にあるという。我々がポンニョン村へ向かうと言うと、帰りはぜひソロ村に泊まっていけと勧められた。

    サッパロー村を後にしたバイク隊はそのソロ村に立ち寄った。大きな村だったがガランとしてほとんど人がいなかった。子どもたちをちょっと見かけるくらいだ。この村も農繁期で大人たちは焼き畑に働きに出ているようだ。

    ガランとしたソロ村

    ガランとしたソロ村

    ソロ村を出るとポンニョン村までもう少し。と、突然道がなくなった。真新しい土砂が上から降ってきて、それが道を塞いでいたのだ。上からはディーゼルエンジンの音。どうも、道路工事のようだ。この土砂を駆け上がり新しい道に出ることにした。バイク隊の青年たち、元気よく駆け上がる。それにしても、ラヘーからこんな山奥に入ってブルドーザーに出会うとは思ってもなかった。

    バイク道が行き止まり。頭上には工事中の新しい道。

    バイク道が行き止まり。頭上には工事中の新しい道。

    土砂を勢いよく駆け上がるバイク隊

    土砂を勢いよく駆け上がるバイク隊

    道路工事の現場からしばらく走ると谷に降ると、たくさんの若者や子どもたちが働いていた。橋の建設現場だった。村に人がいなかった理由は農作業だけではなかったのだ。

    橋の工事に集まった村の若者や子どもたち

    橋の工事に集まった村の若者や子どもたち

    その谷を渡り、まさに今できつつある道を駆け上がる。真新しい黄色いパワーショベル&ブルドーザーの脇を抜けてカーブを曲がるとポンニョン村が正面に見えてきた。

    黄色いショベルカー&ブルドーザの横を抜けると、ポンニョン村だ

    黄色いショベルカー&ブルドーザの横を抜けると、ポンニョン村だ

    Posted by 後藤 修身 @ 19:25

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad