• ヤンゴン生活 2012/11/06

    新居に引っ越して1週間、最近は毎朝6時に起きるという、自分でも信じられないくらいの早起きになった。毎朝鳥の声を聞きたいという希望もないこともないのだが、それよりももっと切実な事情が絡んでいる。

    ヤンゴンでは郊外を除き上水道は完備されている。しかし、水圧が非常に低くて、1階でさえそのままでは蛇口から水は出てこない。平屋の一軒家でも自宅に高いところに貯水タンクを設置し、電動ポンプで水を汲み上げている。

    アパートなどの集合住宅の場合、日本と同じようにビルの屋上に給水塔が設置されたビルもあるが、ごく一部。多くのアパートは各部屋に貯水タンクを持っていて、必要に応じモーターを起動させてポンプで水道管から水を汲み上げている。以前のように停電が頻発すると大変だ。シャワーもトイレも使えなくなってしまう。

    シャワー室にある貯水タンク。その下は浴槽ではなく、ここも水を貯めておく。手桶で手動シャワーだ。

    で、我が新居である。なんと、水道管に水が来るのが6:00〜6:30、16:00〜16:30と、1日にたったの1時間だけだ。16:00〜16:30なんて時間には普通いないので、チャンスは6:00〜6:30だけ。これが私が早起きになった原因だ。

    毎朝活躍するモーター&ポンプ。地面下の水道管からシャワー室の貯水タンクへ水を汲み上げる。

    この地域では30数棟の全てを賄う大きな給水塔がひとつあり、以前は24時間給水されていたらしいが、最近住む人が多くなって水の絶対量が足りなくなった。それで1日1時間だけの給水になったという古くから住む人の説明だ。

    明日も朝6時に起きなければいけないのはちょっとつらいが、その後のお楽しみもある。鳥の声が響く中での二度寝は格別だ。

    Posted by 後藤 修身 @ 12:08

  • 2 Responses

    • ゴンが朝6時起きとはね。頑張ってね。水道管に電磁バルブを付けてタイマーを付ければ?電気は専門でしょ。一緒に電動シャワーもどうですか?ブロブでは、電気はちゃんと来ているようでうすから。24時間タイマーで30分動きますよ。フローを付ければ、自動で止まりますよ。ミャンマーで探して見たら?一日2回時間に合わせてセットすれば良いだけですよ。ただ、途中で停電があれば時間がずれますからセットしなおさないといけません。いっそ、フローだけの方が間違いないかもしれませんね。ただ壊れたら水浸しで顰蹙をかうかも知れませんが?

    • タイマー作戦、考えました。単に電源のオンオフだけでいいから、市販のタイマーを付ければOKです。少なくなったといえ停電はけっこうあるので、停電のことも考えなければ。

      ただ、毎朝6時に起きなければいけないというのも、慣れればけっこういいもんです。多少不便がある今の生活も気に入ってます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

過去記事

サイト内検索

 
WP_Modern_Notepad